2018年 08月25日 なんか思う

私が中学生時代に

バブルは崩壊しました。

 

それ以前から、

バブルの崩壊は、私の同級生の中学生でさえ、

「バブルって泡でしょ。破裂するんだよ。バブルは崩壊するよ」っと、

薄ら笑いで、説明してくれていました。

 

バブル崩壊の最中に中学生になった私は、

近所に出来た、レンタルビデオ屋さんで

「18歳以下だからダメっと言われれば仕方ない」っとあきらめ半分で

コギャルのAVをカウンターに持っていくと

見事借りることに成功しては

視聴していました。

 

同級生の、16~18歳の女子には、

話しかけることすら出来ない。

それなのに、コギャルぽいAV女優を同級生だと思いながら作品を借りては

順調な勢いで童貞をこじらせていきました。

 

私が、18になる頃、

高校を卒業する頃には、バブルがほぼほぼ崩壊していました。

(不景気と言う程ではなかったですが、求人は毎年減っていきました)

 

20歳以降には、非常に排他的で絶望的な社会の流れがテレビに写り、

(あと、モラルの壊れた女子高生の現場レポートとかも)

未来のない世界観を表現した作品が、多く世に放たれて行きました。

 

戦うこと、求めること。

それ自体が無意味な廃墟な世界のような。

 

揉め事や、感情の起伏など、波風立つことを極端に避けていた時代でした。

 

性に関しても

女子高生が簡単にパンツを脱ぐ時代を通過した直後、

真面目そうな子さえ

そうしているという、メディア情報も多数ありました。

(ギンギンな情報ですが)

 

今思えば、いつの時代だって変わらないのだと納得できてしまいますが。

 

金村義明さんの本「在日魂」(名著)を読んで知ったのですが、

ニヤニヤしながら、己の前に来て

近づいてくる女性って、

ほぼ、(まぁ、やられてもいいかな)知り合いになりたい目的だったのでしょうか。

 

そういえば、ナンパ師のブログに書いてあったやり方に似ているような。

 

私は、気のせいか妄想か幻覚でしょうが、

一定の距離をとって見つめてくる女性がいました。

会ったことも名前も

もちろん知らない、誰だかもわからない女性なのに。

 

そして、

「逃げるか!戦うか!反応」を発揮していました。

 

性欲がある女性に

「ジー!」っと、上目使いされて

至近距離取られたら、怖いですからね。

(妄想か幻覚だと思いますが)

思いっきり童貞でしたし、女性は凄く崇高で高貴な存在だと思っていましたから。

 

もちろん逃げました。

 

でも、勘違いした友人達が、

「なんか最近俺女に見られている」

「俺ってなんか怖いと言うか人見知りなのかなぁ」とか言い出したときには

俺は友人まで失わなければいけないのかと思いました。

 

多数の友人がことごとく同じセリフを吐きました。

友人がモテていると思ったようです。

 

時は過ぎ。

見事なオッサンとなった私。

 

イイ男で売ってきた芸能人がむしろ気の毒なくらいですよ。

だって人間誰だってオッサンになるのに、

頑張って、若作りしたって、若者の新鮮な色気の前では

ただのオヤジですからね。

(でも、オッサンが着る服って高いんですよ。

だからユニクロとかスーパーで買っちゃうんですが

それを若作りと見られたらキツイです。

アルマーニなんて買えないし、ワークマンで作業着を買うのもなぁ)

 

有り余る金銀財宝と、一夫多妻制を許容する本人の価値観があれば

ハーレムを作ったり、おめかけさんを作ったり出来ると思うのですが、

それすら出来ない、

ただの金持ちの男というのは、

いかがなものだとも思います。

そのうえで、オッサンでイケメンズラって・・・。

 

私に、財産があれば、

たとえ面倒でも、オックウでも、

やはり一夫多妻的なフォーメーションを作らざるおえないでしょう。

 

だって、人間社会はそういうものですからね。

 

その逆に、

金銀財宝を持て余す女性が、

好みの男性を多く囲うのも、

もはや当然だとも思います。

 

倫理的と言うか、常識的と言うか、ゴシップ的と言うか、

そういう面では叩かれるでしょうけれども。

 

ただ、強く懸念するのは、

愛人になるのは、25歳までにしておいて欲しいとも思います。

 

おめかけさんになったり、ハーレムの一員になったり、事実婚のような、

財産分与を受けるのならば

年齢は関係ないとは思うし、子供をたくさん産んだら良いと思いますが、

愛人の契約では、

25歳が限界でしょう。

 

と言いますか、好きな異性がいる場合は

愛人契約など結ぶべきではないでしょう。

 

セックスやキスは、考えている以上に

感情を削り取って行くと思います。

好きな異性に対する思いを削り取っていく行為と、

ご自分の、生命力の根幹を削り取っていくであろう、

なんとも思っていない相手との、感情を左右しかねない行為は危険すぎます。

私は感情は自分でコントロール出来ないと思うので、

ハッピーな感情ならば良いのですが、

暗い気持ちの感情を大きくさせてしまう行為は

とっても危険に思います。

たとえ一時的に、感情を抑え込めても、

感情は、中々消えるものではないと思うので。

 

ご自身を、ひどく傷つけるか

相手の毒に、強く侵されてしまうと思います。

 

30代以降に、セックスパートナーが居ることは重要です。

どうも、ルックスに魅力のある多くの女性は、あまり真面目に考えていないようですが

30代を過ぎたら、

スーパーで言うところの、

半額商品になると思うのです。

 

中にはそんな方もいないでしょうし

むしろ価値の上がる方もいるでしょうが、

まぁまぁ、半額にしないと、相手にしてもらえません。

そして30代の時間の過ぎ方は、20代より明らかに早いです。

孤独で独身な引きこもりの40代おっさんが言うことでもないのですが。

 

ある方のツイートを見ていたら

思いっきり目が死んでいる、美人な女性が写っていました。

なんだか、怖かったです。

美人なのに目に光が全くなくって。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村

  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
Loading...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA