2018年 08月28日 オッサン臭さ

私がチビッコだった頃、

車や電車、バス、などで、

クサイ匂いをずーっと嗅ぐような席や

おっさん臭を嗅ぎ続けられる場所に居続けて、

拷問を経験してきた(元ちびっこ)ものとして、

無臭で居たいという思いは強くあります。

 

近所のコンビニや、スーパーに行くくらいならば

自分の匂いに敏感になることはありませんが。

 

子供だった頃、何よりも苦しかったのが

父親のニオイでした。

 

凄く気持ち悪くもなるし

精神的にも苦しくって、

吐きたくもないゲロを吐いたりもしました。

 

気持ち悪くなるニオイを

何時間も嗅がされ続けるのですから。

 

子供さんの乗り物酔いは

必ずしも胃腸の揺れにあるとは思いません。

 

緊張もあるでしょう。

 

でも一番の拷問的苦しさは

「ニオイ」にあるような気がいたします。

 

そして今、私が、見事なまでに、

父親のオッサンのニオイを受け継いでしまっているわけです。

 

父親のキツイ匂い。

オッサンとしてのキツイ匂い。

不衛生な中年としてのキツイ匂い。

 

このニオイを抱えまくっているのですから

さすがに乗り物などのような密閉空間に、

全くの対策を施さずに、乗り込む気はないのですが

自分もこういうニオイを発散させる存在になった=社会悪。

になってしまったのだと思わざるおえません。

 

普段着のシャツや、

普段持ち歩くカバンにも、こういう匂いがついているのでしょうか。

 

だとしたら、かつての私のような、チビッコを

拷問状態に置くことになるのですから、なんとか対処したいものです。

 

お手軽な対処作として、

洋服ダンスに、トイレに置くラベンダーの芳香剤を入れましたが、

結構、芳香剤のニオイがキツイので

考えものです。

タンスの洋服に、キツイ芳香剤の匂いがついたら

それはそれでまた問題だとも思いますし。

部屋の中まで、ラベンダーのニオイが充満しています。

 

・・・・・・・・・。

 

そもそも、

オッサンってなんなのでしょうか。

 

お金のあるオッサンは、若い女性を金で買って

若い女性の精神を傷つけて。

 

汗をかけばクサイし、

酒を飲めばクサイし、

酒を飲んだ翌日もクサイし、

そもそも、

何もしなくてもクサイし。

 

犬には嫌われるし(オバサンは犬にもチビッコにも大人気)、

チビッコには犯罪者のような目で見られて。

 

原始の世界、

江戸時代くらいもそうかも知れませんが、

この年齢のオッサンは死んでいたのでしょうね。

生きていても、

食うほどの、偉そうなことを言うほどの、働きはしなかったのでしょうね。

 

なんにしても、

私が子供時代に味わった、匂いによる苦痛。

特に、オッサンの匂いをかぎ続けさせられる苦痛は、

私はチビッコに対して、したくないのですが、

たぶん無理です。

 

だって、存在がすでにクサイですからね。

 

高級な香水を買おうとも思いましたが、

気がついたら、

近所のスーパーで、

トイレ用の芳香剤を買っていました。

 

でも、本心から思うのは、

チビッコや、匂いに敏感な方々に、

臭い匂いを嗅がせ続けても平気であるということは

決して無いということです。

苦痛の子供時代を過ごしたものとして。

 

ゆるさなくて良いですし、

クサイ場合はそう言っていいと思いますが、

若い方ほどそういう礼儀がしっかりしてますし

チビッコはただ苦ししいだけでしょうし。

 

・・・・。

 

 

クサくてごめんなさい。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村

  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
Loading...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA