2018年 09月03日 防犯・被害者意識・からの勘違い

先日、ライヴに行った帰りに

おまわりさんから職務質問を受けました。

 

私は、警察官大好き人間なので、

「近くでおまわりさんが見られる!」っと、内心喜んでいました。

 

肩には無線を所持して、

ベルトには、警棒や拳銃を持っていて。

それ自体も凄く機能美にあふれていて良いのですが、

おまわりさん自体が、あらゆる格闘技の有段者で、

実戦経験も豊富!

24時間、365日、みんなの生活を守るために

強くてカッコいいおまわりさんに職務質問されることは、

大歓迎なわけです。

 

他にも、消防署の方や、電車やバス関係で働く方。

スーパーで働く方、道路工事の方々など、

決して、聖職とかではないにしても、

世の中に絶対に必要な職業の方々は、

仕事自体が大きな社会貢献をしている上に

存在自体がもはやカッコいいと思うので、素敵すぎます。

 

他の職業の方々も、

世の中に必要とされているから成り立っているとは思いますが、

政治体制や、社会制度、世論の流れに関係なく、

社会貢献されている方々のお仕事は、

やっぱりカッコいいと思ってしまいます。

 

数年前、家の玄関を出ると、

「すいません、ちょっと良いですか?」っと、一人のおばさんに言われました。

おばさんは、返す刀で

「〇〇警察に委託を受けている、〇〇というものです」

といって、身分証のようなものを見せてくれました。

 

おばさんは

「最近この近辺で、オレオレ詐欺の被害者が多いんです」と言うと、

「この家の家主様ですか?」っと言ってきました。

 

「違います、家主は父です」と言うと、

そのおばさんは、私のフルネームを聞いてきて、メモを取りました。

私がこの家の家主と、どう言う関係かも尋ねられました。

次男なわけですが。

 

おまわりさんならば、絶対にこんなことはしないはずです。

おまわりさんの法律の知識は凄いですから。

 

アルバイトで警察に雇われたおばさんは、

見知らぬ人間に、フルネームや家主との関係を、やすやすと聞いてきましたが、

それがいかに危ない行為だかさっぱり理解していないようでした。

むしろ防犯意識で頑張ったくらいに思っているかもしれません。

 

法律の知識もさっぱりない、

だけれども、「みんなにとって良いことをしている」と思っているかもしれません。

なんなら、「防犯」もしくは「未然に犯罪を防げた」くらい思っているかもしれません。

流石にそこまでバカではないかもしれませんが・・・。

 

私が怖いのは、まるで権力を得たかのような人の存在です。

「はだしのゲン」の作者が、「私は町内会長というのが大嫌いだ。戦争を賛美して威張って」

と言う感じのことを言っていましたが、

そのような感じに通じるものもあります。

 

『私はあなた方を被害者にしたくないから。一人でも被害者を減らしたい』っと言う、

自己正当化的な思想がいかに危険か。

 

せめて法律や、裁判所の判例を知っているのならばまだしも、

そこいらの、法律も知らない人が、

誰も共感しない正義感を、普遍的なものだと思いこんで、

他人に嫌な思いをさせまくっている上に

自分が偉そうにしているのは、

どれほど危険なことなのか、少しでも想像してほしいものです。

 

被害者をじかに見れば、当然義憤に駆られると思います。

でも、法律の立て付けを無視したら

被害者の残像と、義憤にかられて、法律という

守って当然な立て付けさえも、見えなくなって、

他者に対して、まるで十字軍のような振る舞いをしてしまうことの恐ろしさ。

 

私は、警察官が全員素晴らしいとは思いませんが、

24時間365日、我々の生活を守ってくれて、

パトロールもしてくれて

格闘技も強くって、法律にも詳しくって、

そんな方々の評価が、落ちないようにあってほしいと思います。

 

全員ではないですが、

権力も持つ、権力者ほど、人権や憲法、法律を

過剰に意識しているのではないかと思います。

 

一方で、アルバイトのおばさんや、マスコミ各社、

「権力の意識が皆無で、法律も知らない、他人を思いやれない自称反権力」の方々のほうが

いかに危ないかを、少し考えてみました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村

  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
Loading...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA