2018年 09月25日 心構えと、へっぴり腰

長尾和宏先生の、「抗がん剤10のやめ時」を読んで、

いかに自分が、動揺していたかを思い知りました。

 

少し動揺が収まったように思います。

きっと、主役である患者さんの闘病生活や

長尾先生のお考えや、経験を知ることが出来たからだと思います。

 

母親が副作用の強い抗がん剤をのんでから、

グングン元気がなくなって行き、

死んでしまうのではないか。

こんなに苦しんでいる母を見たことがない。

そもそも、がんになって、

こんなに抗がん剤で苦しむ人に接した経験もない。

ので

(無自覚に)ビックリしていました。

 

日を重ねるごとに弱っていく母を毎日見ながら、

ものすごく心配で不安でしたが、

それ以上に、ショックだったのだと思います。

 

だから、休薬期間で、グングン元気を取り戻していった母に

(それでも抗がん剤の副作用に苦しんでいた母にビックリした気持ちは維持)

「抗がん剤は辞めた方が良い」「毒を飲んでいるようにしか見えない」

「これで延命したら、どうだというのだろうか。延命するのか?こんなに弱っていくのに」

「出来ないことがドンドン増えていく薬って、おかしくないか?」

などなど、言ってしまいました。

 

しかし、この本のおかげで、「決めるのは本人」であり、

母の主治医からも

「イブランスの服用を、そんなにあっさり決めて良いんですか?

ご家族と相談したりしないのですか?」っと言われているようで、

母自身が決めたことです。

 

そこに口を出した私は、

ただ単に、動揺しまくっていた上に、母に余計なストレスがかかることを言ってしまい、

反省しまくっています。

 

知り合いが励ましのつもりで言ってくれたのでしょう。

「今はガンじゃ死なないよ」

母の友人もそのように言ってくれたと話していました。

 

何よりも父が胃がんを完治させているので、

物凄く軽く考えて受け止めていたか、

考えないようにしていたかだと思います。

 

残念ながら、母は末期がんの全身転移で、

もはや治る見込みはないのです。

 

という事は、ゆっくり枯れていくのでしょう。

そして死んじゃうのでしょう。

 

この、「治らない」「副作用が強い」を

ビックリしてアホになっていた私は、

まぜこぜに考えてしまいました。しかも早回しで。

 

さらに「死ぬ」と言う考えを、綺麗に消していました。

 

そもそも母は、最初に抗がん剤治療を希望しています。

副作用の苦しみも、その先にある「死」も考えてのことでしょう。

 

それなのに、母から、「あんたに頼んだ!」っと託されていたはずの私は、

「死」を考えずにいながらも、

石飛幸三先生の「平穏死のレッスン」を読んだりして、

勇気のない私は、「死」を考えない、「平穏」だけを都合よく受け取り、読んでしまいました。

 

抗がん剤の副作用を許せない!

医者に文句言ってやる!

母をあんなに苦しめてどう言うつもりだ!

っと言おうかどうしようかまで迷ったのですから

(母の病院が遠いことでパニック発作が怖くて悩み、酒飲んでいこうかという、狂った結論を出しかけるところでした)(危なかった)

私がかかっている、精神科のお医者さんに、

次回診察時に、報告しなければ。

 

長尾先生の本を読んだことで、

母は、「がん」であり、「末期」であり、時間をかけて抗がん剤の副作用に苦しみ、やがて「枯れて」行き、「死」を迎える。

そして抗がん剤治療は、「母」自身が「決めた」ことであり、

その後の、緩和病棟の予約までしているし

お墓まで購入しているのですから、

やっぱり母は、やがて「死ぬ」のです。

 

それが今、私自身が理解できているかはわかりませんし、

ちゃんと受け止められているかについてはサッパリ自信がありませんが、

この本を読んでおいて本当に良かったと思いました。

 

私のような、「パニック!」&「アホ」になった時に、

不治の病である「がん」を患った人の経過を追いながら

抗がん剤のやめ時を、紹介してくれたり、医師として

がん患者への接し方の経験を書いてくれたりしたおかげで、

母のがんを、ドアップで見ていたような(見たくないものは見たくなかったから)感じでしたが

少し距離をおいて、何よりも患者は母であることを

忘れないようにしなければと思いました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村

  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
Loading...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA