納豆が売っていない。パスタソースもない。

政治家が、不要不急の外出以外は避けて欲しいとの要請をしましたが
それによってこうむる、経済政策は出しませんでした。
アメリカのトランプ大統領は、
今回のコロナ騒動で起こる経済的損失を
その分の額に当たる税金を景気よくバラマキ
財政出動して乗り越えようという案を
パッケージで出しました。
だからみんなおうちに居てねっと。

日本は、お肉券やお魚券などの案と
無担保・無利子の融資を出しましたが
コロナウイルスのせいで、なんで借金をしなければならないのでしょうか。
ただでさえ苦しいと思われる
特に個人商店などに、借金をさせるといういじめでしょうか。

コロナを封じ込めるために、
個人の行動に制限を求めるのはわかりますが。
その結果起きた買い占めには、
不自由しか感じません。

私が毎日食べている納豆が、買い占められていました。
ほぼ毎日食べる、パスタソースも買い占められてなかったです。
お年寄りや、持病を持っている方にしてみれば
人が多く集まるスーパーにはなるべく行きたくないでしょうし
コロナが重症化しやすいようなので、
納得の行く行動に思えますが、
お金がもったいないかなとも思います。

お金は使えばなくなりますから
適正な予測を立てた上での買い物にしておいて
「これなら、持ちこたえられるだろう」と言う風にしないと
お金が、結構な勢いでなくなるんじゃないかという心配があります。

スーパーなどの小売店によっては
買い占めを煽るような販売をしているところもありますが
買い占めを煽ることが、
お店のクビを締めているようにしか思えません。

だいたい、重症化しやすい、お年寄りや持病がある方が
お店に行ったら不安を煽られて、
物凄く、ひどいことをしているようにしか思えません。

お店にしたって、長期安定で売り上げるのではなく
「今買っておかないとわかりませんよ!」的なアナウンスや
1日の販売数量を限定して、
特売品でもなんでも無いのに、
まるで特売品を売るかのように売っていて。
お店に来るように仕向けて。

お店側も、コロナ騒動が収まった後に
揺り戻しや、商品納入の計画が狂わないのかな。
食品販売は、基本的に絶対に儲かる商売だと思うのですが
安定性を失ったお店は
お店側の発注ミスを起こしやすそうですし。
古いものを置いてたり、騒動終結後なのに、
商品が品切れしたり、しないのかな。

買い占めをしすぎると、それは、無駄遣いですし
お金は戻ってこないので
コロナ騒動中に(もう起こっているけれども)起こるであろう
大幅な景気後退。失業率の増加。自殺者の増加。犯罪発生率の増加。
などなどを考えると、
コロナ騒動収束後は、かなり、経済的にやばいことになっていそうです。
一般人の実体経済を、お財布を、直撃するくらい。

だから、結構お金の重要性がかなり高くなりそうな予感もします。
特に日本は、コロナで失うであろう富を
借金で補填しろという、狂った考えな上に
日本の経済規模自体が、かなり縮小するでしょうから
一般人が一般人で居られなくなる。
普通じゃなくなりそうで、そっちも怖いです。

追記
ここまで不安が拡大して、実体経済もダメージを受けているのならば
外食クーポン・小売業者向けクーポン
消費税の引き下げ、給付金のバラマキ(10万円前後)はしないとまずいかも。
何よりも怖いのが治安の悪化と、冷静な判断の欠如だから
教育低下にも直結しているし、自治体レベルでも国レベルでも、
一般人をまず救済しないと、弱者が困窮すると思うけれども。


  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
読み込み中...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA