声優のエロ音声で鬱が悪化することは避けたい。

少し前から、「メスイキ」という言葉を知りました。
その前は、「チクニー」「アナニー」
「ドライオーガズム」
要は、射精のないオーガズムで、女性のようにいってしまうらしい。
しかも何度も。しかも凄く気持ちが良いとか。
射精を伴ってもいつもの何倍も気持ち良いとか。

昔、浅草キッドの水道橋博士が書いた名著
「博士の異常な愛情」と言う本の中で、
性感エステティシャンの女性の風俗店で
前立腺をマッサージされながら、
言葉責めを受けて、
女性のような格好でイク(射精する)風俗店に
相棒の玉袋筋太郎さんと通った時の体験記を思い出しました。

だから、かなり前から、「メスイキ」自体はあったのでしょう。
大槻ケンヂ氏は、このお店でのプレー中は
女の子になっちゃうとか。
「大槻かわいいの。女の子になっちゃうの」とバラされてました。

その後は、セクシービデオ監督の代々木忠氏の本や
ビデオなどを見て、催眠の持つ効果にも注目しました。
が、私の唯一と言って良い知り合い、
メンタル師匠に話したところ、催眠なんて無い。
実際にメンヘラを治そうと催眠術師に通って惨めになった。
お金をドブに捨てて、メンヘラも治らず、惨めにもなった。
っと言う、熱いご意見をいただき、
あくまで見て楽しむにとどめていました。

ちなみに代々木忠監督の本の中でも
男性が女の子のように甘えてきたり
女性のようによがる描写が克明に書かれていました。

で、催眠術はともかくとしながらも
女性の気持ちは味わってみたいという気持ちもまた
将来の夢としてあったわけで
手っ取り早く、催眠メスイキ音声を入手するにいたりました。

「チクニー」「アナニー」「ドライオーガズム」「メスイキ」
などに共通しているのは、最初はわからない。上手くできない。
気持ちよくもなんとも無い。という事でした。
博士の場合も最初から気持ち良く風俗で遊んでいたかは不明で
しかも、医学的な知識もある模様の、
プロの風俗嬢に徐々に開発されたのかもしれません。

特に、自分ひとりで行う場合は、
修行と経験が重要だそうで、辛抱強く訓練を重ね
ようやく、メスイキ(など)にたどり着けるかもしれないとか。
で、会得したら会得したで、今度はハマリ込んで
年中感じまくっていたり、いやらしいことを想像したり
簡単にメスイキしてしまったり。
入れられたい欲求が高まりすぎて、男性を求めだしたり。
非常にリスキーなものでもあるようです。

酒も飲み終わった夜、夜中。
入手した音声を聞き、集中して指示に従いながら
リラックスしたりして、エロ音声を聞き終えました。
特に何もなく。
なのでもう一回聞きました。
聞き終わりました。

流石にエロ音声を聞いたせいか、ハイになったのでしょうか。
眠気がキレイに無くなっていました。
そして、頭を締め付けられるような疲労感と、焦燥感。
「ヤバいウツに入っている」っと思い加速する焦り。

メンヘラの私は、夜眠れないと結構症状が大きく出てしまうので
焦りまくって「お酒を飲み直して潰れようか」「イマ何時だろう」
と、ウツが怖くてどんどん具合を悪くしていきましたが、
「眠れない時はどうしていたっけ、お酒以外で」っと言う考えを
引っ掛けることができ
エローテープの催眠場面ではないですが
体を意識して、チカラが入っている箇所をチェックして
徐々にチカラをほぐしていき、
特に重要な、顔の筋肉や、首周り周辺と後頭部に
チカラが入っていたので、腹式呼吸をしながら
意識的に力を抜いていき、なんとか寝ることができました。
これは瞑想で知ったリラックス法なのですが。

ウツに入り込まないでよかったです。
もしウツに入っていたら、
次回診察時に、お医者さんになんて言えば良いのやら。
ネットで購入した、メスイキ用催眠エロテープを聞きすぎて。
催眠によって女性になって、
女性と同じようなオーガズムを経験するための音声です。
といえば、どう言う診察になるのか。
なんにしても、ウツに深入りしなくてよかったです。

  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
読み込み中...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA