お金の価値

新型コロナウイルスの蔓延を受けて
テレビなどが横並びで恐怖を煽って
「広告代理店の人忙しいだろうな」
っと、過労死の人が出ないことを祈るばかりです。

なんで恐怖を煽るかといえば
みんなが言うことを聞くからでしょう。

コロナだからしょうがない。
自粛しよう。豊かにならなくても、コロナだから。
っと言う感じです。
自粛要請というよりも、自粛強制に感じますが。

経済が成長すれば、富がもたらせますが
デフレが長く続いてなお、デフレから抜け出せず
しかもこのコロナの蔓延ですから、
経済は、大きく縮小するでしょう。

怖いのは、デフレを望む人にとっては
デフレであったほうが良いということです。
お金の価値が大きくなれば、
お金を貸している人や、お金をたくさん持っている人などにとっては
むしろデフレであってほしいでしょう。

労働者の立場を弱めた、非正規雇用の増大や
株主有利の政策などで、
自社株を保有している経営者や、株主なども
デフレであったほうが良いようです。
景気が良くなれば、ただでさえ人手不足なのに
より人手不足が加速して、労働者の立場が
経営陣や株主を上回ります。
労働者の地位が上がり、また、借金をしている人は
お金の価値が下がるのですから、お金を返すことが
楽になってくるはずです。要はインフレなのですが。

お金持ちになったこともなければ
株を保有したこともないのでよくわかりませんが
インフレになった方が、
お金持ちはもっとお金持ちになれるような気がするんですが。
格差が縮まって治安も良くなりそうですし。
要塞みたいな家に住まなくとも、お金持ちで居られるような気がしますが。

デフレでは、経済が大きくならないので
一般人や貧乏人からも、労働力や富を奪わないと
お金持ちになれません。

そのために有用な企業が、広告代理店で
広告代理店は、国民世論をまとめて多数を構築し
望む方向に誘導します。
今回のコロナで恐怖を煽りに煽っているように。

よっぽどお金持ちはデフレが気持良いのかな。っと思いますが、
経済は小さくなっていくので、
所詮は小さくなっていく富を奪い合うことになるので
お金持ちもウカウカできないんじゃないでしょうか。

長きに渡って、労働力と富を吸収してきたと思うので
ここらで一回インフレにして、
経済を大きくして、その7年後くらいに
またデフレにして、儲けたほうが、
大きく儲けられると思うのですが。

このまま行くと、お金持ちと言うだけで
超絶的な税金をかけられたり
(戦争になったらありえるかも知れない)
お金持ちの家が狙われる可能性だってありそうだし
下手したら、お金持ちを襲うことが良いことをしている
ヒャッハーな時代が来る可能性だってあるのに。
(江戸時代の打ち壊しじゃないからありえないですが)

でも、そんな時代は絶対にこないなと思えるのが
世襲議員の存在です。
そして頑ななまでにデフレを促進させてきた民意は
多分この先も変わらないでしょう。
数字で見れば、同じ程度の貧乏人同士や
中流に居ると思いこんでいる人が
善意の義憤から、差別したり
偉そうになったり、罵りあったり。
しかも出発点は正義感や善意。

あと、間違っても財務省の頭の良い方達と
広告代理店の頭の良い方達には、
引き続き頭が良くなくては困ります。
その気にさせておいて火照った体をどうすればいいの状態
で、止められてしまっては世の中が
極端な全体主義に行くかも知れませんから。

  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
読み込み中...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA