後悔しない死の迎え方 後閑愛美 著

母が、余命1年宣告を受けて
母の死が現実味を増してきました。

数々の看取りを行った看護師さんの、看取りのエピソード集や経験されたこと
そして、看護師さんが考えたことや思ったことなどが書かれています。

一番印象的だったのは、
死に向かって衰弱していく時に、体は病気の部分などに合わせて
絶妙にバランスを取っていく。
と言った内容のくだりでした。

以前、BSフジ プライムニュースで見た
終末期医療について考える 回(ゲスト・清水哲郎先生・長尾和宏先生)を見ていたので、
老衰、衰弱、など、ゆっくり弱っていって、やがて死ぬ(平穏死・石飛幸三先生)。
と言う、終末期の迎え方があることを知りましたし、
その後に何冊か読んだ、長尾和宏先生の本などでも、
抗がん剤や、点滴。余計なことをしてし過ぎてしまう医療もあることを
少しだけ知っていました。
抗がん剤や点滴、胃ろうなどが悪いのではなく
やりすぎてしまうと、体がおかしくなってしまうという感じでした。

極端に言えば、ガンにより体の機能が低下する→動けなくなっていく→
食事の量が減っていく→体が徐々に衰えて小さくなっていく→
体内の水分や栄養を使ってやせ細っていく→死ぬ(平穏死)

そこで補助的に上手く、平穏死に持っていくための
抗がん剤や点滴や胃ろうは、やり方次第だという感じのものでした。

今回この本を読んだことで、かねてからの疑問や不安であった
・母親がやせ衰えてゆっくり死んでいくことに耐えられるだろうか。
・かと言って、必要以上の栄養や水、お薬や医療行為などで、
死に際の母を苦しめることは避けたい。
・しかし、そんなに上手くいくのだろうか。
・悲しいし不安が強いだろうけれども、体に任せるように、体内の栄養や水分を消費していき
やがて平穏死を迎えてほしい。母ともその考えは同じ(母は私や人に迷惑はかけたくないようだけれども、延命措置や点滴(痛い苦しいかゆいなどは点滴もやむなし)はやらないで欲しいと言っている)。
などの考えに対して、この本を読むことで補足できたように思います。

そして、今現在も進行していて、私がビビっている
母の体力低下や、体調不良。などに対する恐怖にも似た不安が
緩和されたようにも思いました。

ガン細胞は母の体から生まれたもので、そのガン細胞を体の免疫はやっつけようとしますが
一方でその援軍として、抗がん剤ではない薬を飲んでいます。
ステージ4で全身転移で余命1年宣告ですから、
良くなることはない(抗がん剤により良くなる可能性がないわけではないのでしょうが)。
しかし、ピンピンコロリではなく、体力がガタガタと落ち、行動範囲も極端に狭まった今、
食欲があるのに、なぜ体力低下が起きるのだろう。行動範囲が狭まるのだろう。
と言った疑問を補足してくれたのが、この本に書かれた
体は絶妙にバランスを取って行くというくだりでした。

ガンだから。ガンが悪さをしているから。今飲んでいるお薬が合わないから。
今飲んでいるお薬が強いから。
様々な原因を考えて不安になっていましたが、
ガンによって体の機能が部分的に低下していく中で
体は絶妙なバランス感覚で、維持されているという考えを加えると
体力の低下も、体調不良による行動範囲の狭まりも、
母の体が絶妙に選択したことなのだとしたら、
それが一番良い経過のようにも思えてきました。
ただし、苦しいとか、強い吐き気とか、かゆいとかは気の毒です。

できるだけ母の自主性と、現在の希望と、母の体の対応力を信じて
あまり不安になりすぎたり悲観的になりすぎず
緊張感もほどほどに寄り添って行ければ良いかなっと思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA