母。皮膚のかゆみに苦しむ

ここ最近、母が皮膚のかゆみに苦しんでいます。
母親自身は、「体洗っていないから、お風呂に入れば治る」とか、
「四日くらいすると、かゆみが取れてくる」と言っていました。

私は、母がガンのお薬を変えたことによる副作用か、
ガンそのものによる、作用ではないか、
高齢化に伴い、皮膚のかゆみが出てきた、
日頃の食生活の影響もあるのではないか。っと考えていました。

しかし、母のかゆみは収まることはなく、むしろ悪化しているようにも思え、
ガンのお医者さんにもらった塗り薬を塗ったり、保湿剤を塗っても収まらないようです。
寝ている時は、かゆみを気にしないでいられるようですが
起きている間は相当かゆいようで、
精神的にもバテてしまっているようでした。

老齢期 かゆみ」で検索をかけたら、
高齢者にはよくあることのようですが、そのページを見ると
「辛い訴えです。」っと書かれていて、よくよく考えてみました。

起きて動くこともできないくらいに精神的に参ってしまっている。
かなりバテている。
起きている間は常にかゆみと戦っている(塗り薬もしている)。

検索して出てきたページを見ていても、
塗り薬で軽減されないかゆみを、我慢しなくてはいけないのは、気の毒だ。
塗り薬で軽減されず、かいてしまって悪循環に陥っている。
だいたい、ここまでのかゆみは我慢するものなのだろうか。

っという思いから、母に、皮膚科を勧めました。
塗り薬でも軽減されていない上に、生活に大きく支障が出ている。
もしそれが痛みなのだとしたら、痛み止めを飲むだろう。
かゆみを我慢するよりも、一回皮膚科に行って、
ちゃんと診断してもらい、かゆみが軽減する薬を処方してもらったらどうだろう。

そう言ったことを母に話しました。
母は、まず、私に心配をかけて気を使わせたことをわびてきましたが、
かゆみに耐える母が気の毒なこと。
精神的にかなり疲弊しまって、思うようにできない母が気の毒なこと。
果たして塗り薬で軽減しないかゆみ自体を、我慢すれば治るのだろうか。という疑問。
何よりも母が気の毒です。

今飲んでいるガンのお薬は、免疫力を大きく下げてしまうため
その副反応としての、皮膚に対するかゆみとも考えましたが、
母が、かゆみを我慢していく中での精神的疲弊が顕著でした。

母が皮膚科に行ってくれる気持ちになってくれれば良いですし、
かゆみが無くなってくれれば良いのですが。
我慢や忍耐力による疲弊は、本来、母も望むところではなく
それは緩和してほしいという、今後の入院後の母自身の意思なども考えると
やはり、飲み薬であってもかゆみを我慢するよりは、
少しでも快適な時間を過ごしてほしいです。

参考サイト
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット 老人性乾皮症
かゆみナビ かゆみの治療と対策

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA