パソコン教室?

パソコンとかをざっくり

まずはメーカーパソコンを購入した方々に向けて。
家電量販店(メーカー直販の通販を含む)。
人からもらったという方々への
参考になればと思います。

パソコンは、電卓の進化系のようなものだと思いますが
メーカーパソコンをご購入された方は
スイッチオン後の画面や
メニュー(目次のようなもの)の多さに
いきなりガックリすることも多いでしょう。
ようは、シンプルではない。

世界的なマイクロソフト社のWindows(と言うOS(後述))でも、
ゲーム機(ファミコンの現代版)との
共同使用を最初から導入していたり
ニュースや天気が勝手に出てきたり。
その一方で「アップトゥーデートをしてください」
「再起動してください」とか、
「〇〇にち無料で、その後は契約してください」など、
全然利便性を感じない部分がものすごく多いと思います。

残念なことに、産まれた時にはすでに
高性能ゲーム機で遊んでいた世代を、
購買層の中心と捉えているため
上の世代に対しては、
無視をしているかのような不親切さであるようにも思います。

しかも、「YES」とか「はい」を押して良いのかもわからない。
正しく「YES」や「はい」を選んでも
時間がものすごいかかる。
イライラして電源を切りたくなる。
このことは、マイクロソフト社の
Windows担当者や
家電量販店の方々は、明らかに説明さえなく
わからない人を無視しているとしか思えません。

パソコンがわからない方々は、皆様そうです。
わたくしも、最初の頃は、高級家電のパソコンで
何でもできて早くてキレイ、ときいていたのと違う!
知っている人は簡単に使ったり会話に出てくるのに
「止まったまま動かない」「こんなに長い時間が必要なのだろうか」
などなどの、強いストレスに、辟易しました。

メーカーパソコンをご購入された方々は
まずは、自分が何の目的でパソコンを購入されたのかを思い出しつつ
「こんな事ができたら良いな」
「あの人はこう言っていたからきっと画像や動画が見れるだろう」
と言った使用目的を、整理していただければ
パソコンを使用する目的に、近づいていくのではないかと思っています。

ちなみにうちの父親は
ワード・エクセル・メール・インターネット・年賀状の宛名印刷。+仕事。
での使用目的が主な使いみちです。
母親は、
インターネット・メール・手紙・You Tubeの鑑賞が主な目的で
通信販売に関しては、人に頼んでいます。
わたくしになのですが。

父親のパソコンは
メーカー品ではなく、
パソコンの部品屋さんに、私が注文したノートパソコンで
プリンターや、(無線通信)Wiーfiを使っています。

母親のパソコンは
私のお古のパソコンで、今買っても2万円くらいの性能ですが
非常に快適に、楽しく使っているように思えます。
プリンターも保有しています。
母のパソコンは、(無線通信)Wi-fiではなく
パソコンに、ケーブルを差して
インターネットもメールも、プリンターも使用しています。



パソコンやスマートフォンが必要な人・いらない人

パソコンやスマートフォンが、
私の親世代にとって生活必需品かといえば
なくても何ら困ることはないと思います。

手紙や年賀状は、印刷屋さんに頼んで
あとは手書きで書けばいいですし、
スマートフォンに至っては、
無いほうがよほど生活が楽になる可能性さえあります。

テレビが生活必需品かといえば
ラジオで十分という方々もたくさんいらっしゃるようなものです。

一方で、友達付き合いや、親戚付き合いで
パソコンやスートフォンを使わないと
見れない写真や動画が存在していることも
世の中の冷たさを感じずに入られません。

日本政府が、公文書や情報発信に、
インターネットを使い、パソコンやスマートフォンの仕様を
促進している動きが強くあります。

新聞や雑誌には、新聞や雑誌の良さがあるように
パソコンやスマートフォンにも、
良さはたくさんありますが、
現在の、デジタル化の推進は行き過ぎではないかとも感じます。
必要がない人にまで、
持っていなければいけないような雰囲気を強調しすぎですから。

これから先、わたくしの親とのやり取りを参考に
メーカーパソコンを購入した方や
これからパソコンを購入しようと考えている方。
スマートフォンを購入しようとしている方々の参考になればと
記事を書いていく予定です。

パソコン わからない 意味もわからない

パソコンがわからないことがわからない。
極めて自然なことだと思います。

落とし物と同じです。
どこで落としたかわからない。
落とした時も記憶にない。
時にパソコンは、落とし物のような
極めて不親切な反応しかしてくれないことがあります。

購入からわからない。
電気店で購入したけれどもわからない。
何がわからないのかもわからない。

パソコンは、パソコンを知らない方々にとって極めて不親切です。
そして、何が何だか分からない。
ストレスだけを抱えて、パソコンはそのままわからない。
そういった方々の助けになれればと思い
今回の記事を不定期に更新していければと思います。

そもそも、わからない人がわからないのは当然の代物です。
わからない人向けに販売をしていないとしか思えないか、
わからない人に向けて販売しながらも
いくつかの謎に、光を当てていないようにも思います。

ですから、わからないことや、不安感を持つほうが当然です。

わたくしは、母や父にパソコンやスマートフォンの使い方や
どう言うときに使うべきかなどの話をしていく中で
パソコンやスマホをどう使いうべきか・どう使いたいのか
何がわからないのか、
しかも、わからない状況下での父母の強いストレスが
かなり強いものだとも知りました。

軽率に書いてしまえば
手紙や葉書に最適なワープロのほうがいいと思いますし
スマートフォンよりも、携帯電話の方が良いとも思います。
実際に、最前線で営業をしている会社員などは、
通話第一の携帯電話を探している方も居ますし
「それは高性能のワープロでやったほうが良いのでは?」っと、
思う仕事をしている方も数々居ます。
ワープロのほうが高いからと
パソコンとプリンター、はがき・年賀状・手紙作成ソフトの購入で
ワープロのように使っている方々も多いと聞きます。

そう言う方々の手助けになればと思います。