ブログ

母の言葉に対する反応1

母が片付けられない。
とは言うものの、母は愛情深い人なので
1つ1つのモノに対して、愛着があると思うので
片付けながらどんどん部屋が狭くなっていくのはしょうがないような気がしてきました。
ものを大切にして、愛着や感謝、想い出があるのです。

そこを「長所」と捉えるか、「短所」と捉えるかの違いだけで
「長所」と考えられれば、片付かないことが、なにか問題があるようなことには思えなくもあります。

問題は、母には「申し訳無さ」と「理想」があって、片付いた部屋をイメージしすぎて、
1つ1つのモノに対する愛着を忘れてしまい、片付けながら思い出して「自分を癒す」という
部分を気づいていないのかもしれません。

理想はあっていいとは思いますが、そういう部分もあるという考えと
自分自身は、モノに愛着や感謝があって、「触って整理していく」ことで「自分が癒やされる」ことが
悪いことではまったくないという考えを持ってもらいたいと思いました。

理想をイメージして、片付けをする一方で
モノを一つ一つ触ることで癒やされいくのですから、
片付けの基本である、捨てることをすることなど出来ないはずですし
する必要もあまりないように思えました。

収納を考えたとしても、愛着のあるモノを自分から遠ざけるようなことは
母には難しいいと思われます。
これが障害や欠損とは言い難く、長所なのではないかと思えます。

寂しい人間が、モノを溜め込むことは多々あるようですが、
母も寂しさを抱えながら生きているが故に、モノに愛着を持っているのだとしたら
理想的な、綺麗なおうちなどではなく、「母の落ち着くようなおうち」にしていくことが
理想的な家のようにも思います。

お客を迎えるからと言って、理想的なカッコイイ生活のための家にすることと
母が落ち着いて生活できるおうちであることは、あまり、反しないような気もいたします。
理想的な片付いたお家を追いかけなければ。

片付けられないから汚いのではなく、
片付け方を知らないからでもなく、
捨てることが出来ないからでもなく、
単純に、強くて優しくて、愛情深いが故に現状の物があるに過ぎない。
そもそも、母の妹も母の弟も、母の母の影響を強く受けた方々は
人に気を使い、しっかりするところはしているのに、物で溢れて足の踏み場がない家で
金はあると思うのですが、シャワーもお風呂も、クーラーも暖房も、
壊れたままで生活しているという面白兄弟でもあり、愛情深い方々でもあります。

母は長女で、親戚付き合いが苦手な、母親系に限らず、父親系とも親戚づきあいをしてきました。
今考えると、母だって親戚づきあい、特に父親系とは一切したくないくらいの気持ちだったはずです。
それでも、手伝いや付き合いをこまめにこなしてきていました。
好きな相手にしか付き合いを適度な距離でしかしたくない。
皆そう思うはずですが、母は、自分を犠牲にして盾となり潤滑油となってきました。
それでも、そんな方々にもらったものにさえ、その方々がいらないからと押し付けられたものにさえ、想い出と愛着を持っている。
嫌な思いで付き合ったからこそ思い出があるのかもしれませんが
そういったモノに対しても思い出を持っているのですから、
ものが多くて、片付かず、片付けようと動くほど片付かない。むしろ散らかる。
そんな母の行動は、慈愛に溢れた人間的な悩みに思えてきました。

そこえ私ができることはなんだろうと思い、
母にとって思い入れが無いと言って良いモノの、廃棄や整理。
主に廃棄ですが。
それだけでも、母にとっては心の負担が少しは減ることになるように思えます。

母は、親戚付き合いにおいて、盾となってきた。
母方の親戚に対しても
父方の親戚に対しても。
その結果、親戚関係から、要らなくなったものを、多く引き受けてしまった。
母の兄弟からならならいいでしょうが、よく知らない親戚や父方の親戚からも。
彼ら自身が捨てることが出来ないか、処分がめんどくさくって、母に押し付けてきたのでしょう。

モノに対する愛情が深いがゆえに、
また、モノを通して元・所有者の気持ちまで考えてしまうがゆえに
優しさが出てしまい、ぞんざいには出来ない。

そう考えると、片付けられないことは、むしろ
母の人間としての愛情深さや優しさを表しているように思えます。

ただ、理想とする母の機能的な家に対して
私の母に対する、「母はこうだから、だから、それを長所として考えてほしい」と言う思いを
どのように伝えられればいいのかが難しいところです。

母が、片付けられないことを心配

母親自身が70を超えて
全身末期癌の上で、母が理想とする家に近づけたいようですが
「ひょっとして、片付けられないのは欠損しているのではないか?」
っと言う、母親自身からの言葉があり
そこまで気にしているのは可愛そうだな。っと思い、色々と思うことを書き留めておくことにいたしました。

母親が家の中をうまく片付けられずにいることは、
私の記憶の始まりからなので、客観性が完全欠如しています。
しかし、これほどの母親と父親は私にはもったいないので、私自身は
場当たり的な不満があった時期もありましたが、
ありがたい両親ですから、特に何も考えないでいました。

母親に一番避けてほしいことは、ⅰ自分を責めること。ⅱ他人を責めること。となります。

普通の人ができていることが、出来ない。
そういう人間が多数いることを、母親自身が認識したのは
当時超売れっ子だったお笑い芸人さんの脱税事件でした。

この芸人さんは、納税などの部分が、欠損していたのでしょう。
数億もの納税を延滞して、追徴課税も払いましたが、
貯金は、同じく数億あった模様で、すぐさま納税されたようで。
欠損している部分を補うすべを知らなかったのでしょう。
未だに半謹慎状態のようなこの芸人さんが気の毒ではあります。

①うちの母の場合、欠損しているのならば、障害となりえます。
しかし、見た目や普段の生活では、到底わかりませんし、私は専門家ではないのでわかりません。

もし、欠損している。障害である。というのならば、
人に頼むしかありません。
税金を収められない人に、税金を頑張って納めろと言うのではなく
社会的資源を活用して、税金を収めるべく、「頼む」ことができれば解決が近づくと思います。
ただ、お金も社会的資源も必要ですし
必ずしも、行政の手続きと対応(特に電話対応)が、障害のある方に親切である可能性は不明です。
ネガティブなニュースが多すぎますから。
実際には、現場の行政の対応は、一生懸命されてくださっていると深く感謝しています。

うちの母が、欠損や障害でなかった場合は、
②生活環境による影響も考えられます。
疲れている。
一口に言ってしまえばそれだけですが、
あらゆる生活環境における欠落や多忙、それどころではない感などが考えられます。
「明日も仕事があるから、風呂に入っておかねば」っと思い入らずに翌朝を迎える。
人は一人一人が違いますから、そのポテンシャルや体力なども違います。
能力もみんな違います。
その上で、生活環境での疲弊が大きいと、とても、動くことは出来ないでしょう。
(生活環境については、注意深い観察が必要なときもあるかと思います。
わかり易くなく、例えば長年のパートナーが性格の悪い人だった
もしくは自分が性格が悪かったとかもあり、
難しい問題でもあると思います)

欠損でもなく生活環境でもないとすると、
③性格という考え方もあります。
この「性格」と言う考え方が、御自身にとって
自分を責めることなく、人を恨むこともなく、ストレスにもならない。
そういった考え方に持っていければ、たとえ家が片付かなくとも、安らぎの毎日ならば
それはそれでいいのではないかと考えます。
だってそれが一番ですし、それでいいのですから。
ただ、そううまくは行かないのであれば
「出来ないことは人に頼む」と言う選択も考慮していただけたらと思います。
「わからないことも人に頼む」。それで明日からの自分の心が楽になるのであれば
この上ない「周り孝行」だと私は考えます。

だいたい、わからないことが、自分にできるはずがありません。
当たり前ですが、出来ないことも自分には出来ません。
そこで、「人に聞く」「人に頼む」そうすることで
心の負担が減るのであれば、そのための社会資源はぜひ使っていただきたいと思います。
心寂しい若い女性が、ホストクラブに発散にいく。全く同じことです。
お菓子を食べたい子供が駄菓子をお母さんに買ってもらう。全く同じです。

人間、自分で自分を追い詰めてしまうと
「合理性」を考えてしまいますが、よく考えてほしいのです。
合理的に生きることなど無理なはずです。だから今の状態なのです。
時間や合理性はこのさい金庫にでもしまっておきましょう。

出来ないことやわからないことは人から学んだり、人に頼む。
それに答える社会資源さえあれば、超重度の身体障害者や、知的障害者、各種依存症の方なども
憲法で保証された、最低限度の文化的な生活が営めるのです。

で、個人的な話になりますが、
まずは、高齢の母や父の家に行くときは、長持ち電池をたくさん持っていきましょう。
時計や、湯沸かし器、場合によっては、電話やインターフォンの電池を、交換するために。

私の母の場合、片付けられないというストレスが本人を苦しめているようでした。
一気に片付けるのではなく、ゆっくりやればいいのでは?そんな提案は無駄でした。
では私がちょっとずつやればいいのか?それも母の心を苦しめます。
「いるもの」「保留」「いらないもの」の分別。無意味です。
母は、片付けながらもどこか、物に触れ思い出に触れ楽しんでいる部分もあります。
しかも、母のものだけならまだしも、家の中には皆のものも散乱しています。
この状況で母が自分を責めているとしたら、
もはや宝くじを当てて家ごと消去して建て替えるしかありません。
ありえないことですので、無理です。

余談として書いておきますが、
母は昔の物も大事にしています。いつか、親戚や私などのためにや、季節ごとのために。

そう思うと、母はなぜ片付けられないのかと言うと
片付けられずに物をくれる親戚や他人の割りを食っているようにも思えてきました。
それでもなお片付けるとするならば、
母の性格からして、ごっそり行きたいのでしょう。
しかし、母は針仕事も良くします。
針仕事に似ていることが多いという考えにシンクロしていただければいいのでしょうが
口で言って、合理性でもなく、計画性でもなく、やりたいときにやりたいようにすればいい。
でも、針はなくさないでね。
今のところそんな考えの中に私は居ます。

2020年08月07日 不快な生き物(俺)

私は、言葉だけは一人前以上なのです。
今の私は、図々しくって、下品で不潔な存在です。

先生に診察して頂いた後
家に帰ってなにかモヤモヤすると思い
振り返ってオタオタしました。

いかに自分がアホかを知りました。

前回診察頂いた時に

私は軽いぎっくり腰と、
湿布を貼ったら皮膚が炎症(かゆい)を起こしたこと。
最近お酒を飲みすぎ。
夜中まで飲んでいる。
おつまみも食べ過ぎ。
夜中まで食べている。
改善しようと思っている。
そういった事を言いました。

経過報告のつもりでしたが、要約すれば
オッサンが、運動もしないのに
酒飲みすぎて食いすぎて、腰が痛いのかゆいの。
と言う話をしてしまって
現在大変後悔しています。
それは、そうなるでしょう。


図々しくって、下品で不潔。
そのくせ言葉だけはわかったようなことを言う。
何も成長していないどころか
悪化していますし、
半年後か1年後か、全て忘れて
同じことを続けつつ、更に図々しくって下品で不潔さは増すでしょう。

腰の痛みだって、運動不足はもちろんですが
どう考えたってデブになったからでしょう。
しかも、自分の体を観察してみたら
お腹を引っ込めようとしているのです。
そしてさらに腰を悪化させています。

お腹が引っ込むとか、脚を鍛えようという意識の前に
日々悪質化していく人間性を
お腹を引っ込めるが如く無自覚に隠しているのですから
自分から人間性を下げているようなものです。

体型は変わらないどころか、もっとオッサン化していくのは
これは年齢的に仕方がありませんが
この下がってきた上に更に下がっていく人間性は
もはやオタオタするしか方法が見つかりません。

自分の将来のために働いている方や
家族奥さんのために働いている方
お子さんのために働いている方。
そう言う方々が、言葉だけは偉そうで
生き方が、図々しく下品で不潔なことがないのでしょうから
やはりオタオタしてしまいます。

とりあえず、
・皮膚のかゆみ
清潔にする。

・腰が痛い
可能なストレッチと筋トレとマッサージによって、
次第に、運動強度を上げていく。

もはや人が見たら不愉快になるような、お腹と
図々しさ下品さ不潔さを形にしたような、太もも。
モラハラ以上のボディーと人間性。
オタオタしています。

デフレ増税コロナをガマンの3重苦

人間は生まれたからには死なざる負えないわけで
基本的に死に方も選べないはずです。
生きていれば病気にもかかるし
お腹もすきます。

なんだかコロナウイルスにかかることは
物凄くいけないことのような気持ちになってしまいます。

新型コロナウイルスと言う名前もおかしい。
ウイルスだって変異するんだから
そのたんびに新型が出ているわけでして。

自粛要請もおかしいと思うのは、
ご高齢者の重症化・死亡者に着目せず
40才以下の、重症化死亡者数にも着目せず
ウイルスの特性にも着目せず、
具体的対応策にも、着目しないのは
科学的な根拠に乏しいからのような気もします。

今わかっている対策は
三密を避けるというものと、自分が感染しない。
その為に不要不急の外出を避けるべきだというものですが、
予防ってそう言うものじゃないような気もしてきました。

今の時点でわかっている上での、できる対策は
手洗い・口や鼻を触らない・休息を取る・三密を避ける・
食事中に会話をしない・マスクをして鼻呼吸を意識・
出来たら消毒に注意を払う・トイレを清潔にする。
と言う、ことくらいじゃないでしょうか。

なんでスーパーに行くことさえも自粛すべきなのでしょうか。
どんな組織もそうだと言うわけではないと思いますが
基本的に現場に大きな権限を与えて
相対的な目標を上の人間が決めてしまい
後は、せっかくいる中間管理職や
現役のベテランの経験を活かすべきではないかと思ってしまいます。

どうも上の人間の目標が、ゼロを目指しているようで
そうだとしたら、現場レベルでの実現性は、不可能じゃないかと。
特に、医師や看護師は、日常的に病気や死などに接していて
出来ることと出来ないことの判断経験が豊富なはずですし。

何かしらのおかしさのような物を感じてしまいます。

ノイローゼ悪化装置

テレビや、ネットでも
コロナウイルスのニュース関連の記事を聞いたり見たりすると
ものすごく気分が凹みます。
ただでさえ自粛要請や緊急事態宣言で、
ピリ付いている世の中を、さらに不安に煽られても。

こう言う時に、野球選手やお相撲さんの
カラオケ大会とかみたいのですが
娯楽番組も自粛しているから、一体どれだけ我慢すれば良いのでしょうか。

ただでさえ、20年以上前からの不景気で
我慢・我慢、の連続で
そこにかぶせてくるように今回のコロナ騒動で。

だいたい私は、今回のコロナ騒動の前は
アダルトビデオで、男の竿をくわえている女性の動画を見たり
ごっくんして、ニコニコしたり。
思い返してみれば、女性の快感は男の数倍あってしかも長い。
と言う情報をもとに、メスイキしようとしていたような
日本国民の平均的なオス。
よりもはるかに劣るオッサンではありますが、
これだけストレスを与えてくるということは
テレビやマスコミ、情報発信者は
今回のコロナで、昔あったテレビ「ザ・ガマン」を
一般レベルで試しているように思えてきます。

2週間。
永遠の2週間。
ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんではないですが
「殺す気か!」状態です。

まさか、印象や感覚でモノを言っているのではないかと
陰謀論が爆発してしまいます。
私の場合、これはノイローゼの悪化につながるから
きつすぎます。

芸能人の方も、自粛すること、不要不急の外出は避けること、
自分がコロナにかからないことが、大切な人をコロナにしない。
っとか、自粛頑張ろう、自粛を楽しもうとか
良いことしているような気持ちになっていなければいいですが。
なぜコロナにかかるのか。
なぜ外出を自粛すると、コロナにかからないのか。
自分がコロナになったら、なぜ大切な人に感染するのか。
せめてその疑問に答えられるようになってほしいです。

あと、医療崩壊の可能性は、どうやらありえるようです。
私は、医師免許や看護師免許のある方々を
専門の科を無視して、事に当たれば、起きようがないと思っていましたが、
コロナ患者が出ると、その周りの人間を検査するようで
症状が出ていないけれども、陽性反応が出た場合
それがお医者さんや看護師さんだとすると
ごっそり、家で待機する状況のようですから
院内感染が1人出ると、無症状の医療関係者もごっそり居なくなるので
どうも、そのやり方では、
医療崩壊もあり得るようです。

なぜ院内感染が起こるのかを対策していただき
ゼロか1かではなく、許容範囲を持たせないと
医療崩壊が起こってしまいますし、
医療関係者の方々も、過酷になっていくばかりのような気がします。

私は愛国者

テレビを見ていると
不安にしかならないので、
物凄~く、陰謀論を考えたりと妄想して
ノイローゼが悪化してストレスで
テレビを見ないようにしていますが、
ネット上でも、ネット動画でも、
不安を煽る記事や動画は存在するわけでして。

今回のコロナで、真当かも知れないと個人的に思ったのは
工業系・工学系の道徳観や、理論や経験のような気がします。

出てきた数字に対してのリアクションが良いと言いますか。
昨日まで言っていたことを変えて
数字に対して、経験に対して、正直なような気もします。
仮説が間違っていたら、即撤回。
すんなり行く理論には、基軸として手本にするような。
ある意味、無機質に、経済や死亡者数を
数字にしてしまうことにも抵抗はありますが
言っている考えや説明は
理屈は通っているかも、と思ってしまいます。

そもそもは、テレビがあまりにもコロナを煽るから怖くって
ストレスも溜まりまくったので
真逆の意見や、見解を持つ方の意見を聞きたいと思って
(でも、その間に、ツイッターのフォローを、
女性を性的な目で見るフォローを増やしたり、
巨乳を見れば微乳を見たくなったり、
可愛い娘や美人を見れば、ブス手前みたいな娘を見たくなったり
年相応な方を見れば、若い娘を見たくなったり
黒髪を見れば、ギャルっぽい娘を見たくなったり
露出の大きいそうな、野心家のグラビアを見たくなったり)。

各都道府県の知事の
新型コロナでの政治利用もひどいし
政府の一体感のなさも、
次の総理大臣がもう決まっているのか、
消化試合感が強すぎます。

公明党が一律10万円給付を言ったかと思えば
最高30万円の、貧困家庭への給付をやめたり
85万人が感染して40万人が死ぬ(ナニもしなければ)とか言い出したり
一時は、自民党の国会議員の100人規模と言っていた
結構右寄りな議員たちの、大規模減税が
煙のように消えてしまったり。

私の住んでいる街は、
そういった意味では強い人が多いのかも知れません。
自粛ムードが加速するほど、
高齢者や子供を中心に、外に出まくっていて
明らかに非常事態宣言前よりも人が多いです。

まず、コロナが中国で流行り、その後に、日本でも学級閉鎖が実施され
飲食店などの自粛要請もあって、非常事態宣言が出されて
更に全国に対しての非常事態宣言に広がりました。

不思議なのは、
学級閉鎖をする前のほうが感染者数が少なく、
学級閉鎖をしたら、明らかに増えています。
非常事態宣言をする前のほうが少なく、
非常事態宣言をしたあとの方が明らかに増えています。

ようは、自粛や非常事態宣言したことにより
感染者数が増えたと考えるしか無いと思うのですが。

知事達は、テレビに出たいのか、毎日感染者数を発表しますが。
単純に検査数を増やせば、感染者数は、チョットは増えるでしょうに。

PCR検査に関しても、
PCR検査が、新型コロナウイルス判定装置のように報道されていますが
PCR検査は、あくまでも、ウイルスのDNA検査キッドで、
新型コロナウイルスの、判定装置ではない模様です。
だから、似たようなDNAをしているウイルスにかかっていても
陽性反応が出たり、
新型ウイルスにかかっていても、陰性が出たりするそうです。

1月か、2月に見た情報番組があります。
経済エコノミストが言っていたことなのですが
早ければ5月くらいに収束するんじゃないですか。MARSがそうでしたから。
もともと数字に対して向き合えば、予測できたようです。

政府は、マスクを配布したりしてくれますが
個人的希望を言わせていただければ、
ドクター中松氏のフェイスガードを配布してほしかった。
それと、指定感染病棟は、医療崩壊の可能性があると言っていますが、
普通の病院や、他の科の病棟では、
毎年流行る感染症も減って、暇そうなのですが。

患者数が一定数の段階で止めるような政策をうち
免疫や抗体を持つ人間を増やしていき
そうすれば底を打つので、そこから経済政策をして行き
徐々に景気を回復させれば良いという考えも聞きました。

ただ、都市封鎖をすれば、学級閉鎖や自粛・非常事態宣言、後に
感染者数が増えたことを考えると、すべきではないことのことです。
一定数の免疫及び抗体を持つ人の数を確保するためにも。

コロナに対して一律10万円の給付を自民党に迫った公明党や
毎日律儀にコロナの新規感染者数を記者会見で発表する都知事が
なぜに称賛されているのかがよくわかりません。
テレワークの推進はわからなくもない部分がありますが
工場勤務なら、テレワークができないですし。

ここは政府に、赤字国債をバンバン発行してもらって
マスクや消毒液の予算よりも
京都大学・IPS細胞の
山中教授をコキ使うよりも
まずは政府が率先して財政を出動して
ワクチンの開発に予算をつけるべきだと思うのですが。

公明党は消費増税で、小さくなった日本の経済対策で
一律10万ならば、人気も出たでしょうに。
今回で、さらに、企業や労働者の保護と
弱者救済策を真水で数十兆円規模で出し、
政府の政治判断を訂正していければ
無党派層が大挙して投票したでしょうに。

この記事を書くにあたって
武田邦彦(中部大学教授)先生のブログと
苫米地先生のYou Tube動画と
三橋貴明氏のYou Tube動画、藤井聡京都大学教授の動画
須田慎一郎氏の動画、などを参考にさせていただきました。

いくらなんでもひどすぎる

そもそも今年に限った試算なのかな。
どう言う計算をしたんだろう。
妄想力しか無く、ノイローゼを悪化させるしかない
学のない、学歴もない私ですが、
試算をしたのならば、その計算をすべて見たいと思ってしまいました。

厚生労働省のクラスター班が
このまま何もしないと85万人に感染して
40万人死ぬんだぞ!っと言う発表をしました。
それを受けて情報番組は、
人工呼吸器1万8千台だからとか
外出自粛要請で、
8割削減で、2週間で収束しますとか、
7割なら1ヶ月以上かかりますとか、
6割ならば横ばいで増えていきますとか、
さすがに、意味がわからなすぎます。

40万人で、重傷者が1万人ならわかるのですが。
イタリア、スペイン、ニューヨークよりも
いきなり感染しまくって、
もう、クラスターがフィーバーしまくりになっても
8万5千人の、4万人じゃなくって
85万人の、40万人ですから、
本当にどう言う計算をしたのか、
人人感染の倍率ドンはいくつで計算したのでしょうか。

でも、ここまで脅しておいておかないと
世論が動かないからというのならば、
85万歩譲って、企業への休業補償と、雇用の補償と
給付金を含めて、真水で最低でも50兆円規模の経済対策と
きりよく更に50兆の、コロナ対策費を赤字国債でまかなうためには
ここまで脅さないとできないんですというのならば、
毎日元気よくもやしを食って、
与党と、政府を応援しまくるのですが、
国会議員の給料20%カットを時限的に行うという・・・。

東日本大震災の時に、なんかやっていることを繰り返しているんじゃないかな。
その後は公務員の給与を時限的にカット。
地方公務員の給与を時限的にカット。
増税。
その上で、
また税金をトルクダウンとかやる流れじゃないのかな。
108兆円規模の事業予算も
ゴールドマン・サックスが試算した結果
14兆だろうと突っ込まれているし。
しかもゴールドマンサックスは、
今年1年で日本の25%のGDPが無くなると。
しかも、海外のコロナが収束して、日本も収束した上での試算だとか。

国会議員が20%給料カットするならば
その分、国家公務員や地方公務員の給料は20%アップしてほしいよ。
かなり疲弊していると思うし。
国家も地方も、公務員さん達は、
おそらくかなりしっかりした数字を集めまくっているだろうし
でも、為政者(政府&知事)が公表しないのではないかという
妄想が湧き出てきて、ノイローゼが悪化しまくりです。
数字がないと計算できないし、
妄想や陰謀論が膨らむばかりだから。

それに、政治家ならば、財務省、プライマリーバランスの黒字化ゼッタイ!
的な流れがありますが、
なんで政治家ならばそこを誠心誠意話し合おうとしないのだろうか。

財務省だって、MMTの考え方も持っているはずだから
適時の判断を下したら、
官邸が人事権を握っているんだから
忖度無く、やってくれると思うんだけれどもなぁ~。
と言うか、そもそも官邸に人事権があるというのがおかしいような気も。

本当にひどいと思わざる負えないのは
お年寄りや持病のある方が、
こう言う報道を見てどう思うかと思うと、いたたまれません。
(あと、山本太郎氏がまともなことを言ったりするという流れ
(名優だと思うから役者に戻って欲しいのです)と、
NHKから国民を守る党が、NHK以外でも色々言い出したらと思うと)

このまま行くと、国民健康保険もなくなると思うのですが、
さすがに、サプライチェーンの寸断が目立てば
デフレ下での物価上昇が起きかねないし
結局そうなったらお年寄りや持病がある方が困るわけで。

そのためには、グローバル推進右派でもなく
グローバル化推進左派でもなく、
反グローバル化右派と、反グローバル化左派に期待したいですが
立憲民主党の枝野代表が、反グローバル化の「右派・左派」を主張して
枝野代表の意見を重く見る人達が増えるんじゃないかな。

っと、思ったら、
星野源氏の動画と安倍首相がコラボしたり、
世論調査が出てきて、自民と立憲が支持率を下げていると出てきたり
コロナを利用した政府批判をしているとか、そうだけれども
20年デフレを堅持してきた与党ではなく、野党批判の記事が目立ち、
さらには、立憲の議員の信じがたいスキャンダルが出てきたり。
と言うか、今セクキャバ行く勇気がすごいけれども
(コロナとマスコミ怖くないのかな)
セクキャバ嬢の証言の信憑性のなさが取り沙汰されたり。
(国会では、行き過ぎたパフォーマンスをやると、当然叩かれる)
もう、妄想や陰謀論で、
ノイローゼが悪化こそすれ、改善しないよ。


役者やのぉー

星野源さんの動画とコラボした
安倍総理の動画を見てて
あらゆる陰謀論。つまり、ノイローゼが楽になりました。

大きな理由は、
嗚呼 花の応援団 役者やのぉ~ 予告編」を
リピートしてみたからだと思うのですが
安倍総理の動画公開後
共産党の志位局長と安倍総理のコラボ動画や
メロリンQ時代の山本太郎氏と安倍総理のコラボ動画を見て
「私だったら、どんなコロボ考えるかな?」っと思い
昔見た、「嗚呼 花の応援団 役者やのぉ~」を思い出して
懐かしくなって見まくってしまいました。

しかし、それ以前に考えていた
PCR検査数と、検査要望数、実際に検査を受けられた人数。
さらには、潜在的コロナ患者は、5~10倍くらい居るのではないか。
なぜマスコミは、大きく縮小した経済に手当を出し渋った
政府を批判しないのか。
なぜ田崎史郎氏が出ているのか。
などなど、
想像でしか埋めることができない疑問が渦巻いて
ノイローゼが悪化していましたが
嗚呼 花の応援団 役者やのぉー 予告編」を見れば見るほど
スッキリとしていきました。

ですから安倍総理の動画公開の影響なのか
わからない数字を想像で埋めても、
ノイローゼが悪化するだけだと思い知りました。

そして、テレビでは相変わらず新型コロナウイルスを煽ってきて。
クラスターというのでしょうか。
患者数が、どのくらいの勢いで増えるかを
厚生労働省は計算しているようで
爆発的に増える可能性が高い都道府県は
自粛もやむなしだとは思いますが。

Twitterで、グラビア関係やアイドル関係の画像が見れるフォローを
せっせと探して、グラビアやアイドルの画像(あと柴犬)の画像を見て
免疫力を高めていますが
考えてみれば近々診察の日です。

病院の待合室は、思いっきり三密です。
スッと行けてスッと帰ってこれれば良いのですが
今回のコロナはまだ続いていて
精神的に弱っている方々には、つらい日々でしょうから
(私もノイローゼが悪化していますし)
待合室に長く居ることになりそうで怖いです。

あと、食糧難を言い始める識者も出てきていて、
それも心配です。
確かに、燃料は思いっきり輸入ですし
食品も輸入の依存度が高そうですし。
飛行機や船で運ぶと思いますが、
部品を輸入している会社では、コロナが発生しだした頃から
部品が入ってこなくって、製造ができないと言っていた報道を見ました。
サプライチェーンというのでしょうか。
それがズタズタだと。
ならば食品が入ってこなくなる可能性も高そうで怖いです。
でも、コレも数字的な根拠は見ていませんし
妄想で不安になるのはきついので、考えるのをやめます。

疑問を持つ不思議

おかし~な。
僕がPCR検査の検査数に疑問を持つなんて。

コロナウイルスを軽くは見ていないけれども
もっと怯えていておかしくないんだけれども。
でもあんまり脅すと、PCR検査数が増えざる負えないのかな。

PCR検査数に疑問を感じるなんて。
下手したら、空いているベットの数や
受け入れられる新型コロナウイルスの患者数が明らかじゃないこととか
疑問に思ってしまう。

PCR検査を受けたいと必死に頼んで
やっと検査を受けられた芸能人が陽性だったなんて
世間から叩かれるような状況じゃないのが不思議だ。

と言うか、叩かれないのが普通だし当たり前だし
検査を受けられないのがおかしいという疑問が湧くのが
僕でさえおかしいと思う。

新聞などのマスコミを使った世論調査を駆使して
PCR検査のニュースくらい流しそうなもんだけれども。
そもそも、
「PCR検査を受けたいですか?」
を皮切りにしたような、質問が私の目に止まらないのもおかしいし。

厚労省のLINEも意味不明だし。
108兆円規模という数字で、すぐに
実際は16兆円(GDPの3%)規模とか出ちゃうし。
GDPの最低5%~15%くらいないとおかしいとか
色々なところで言われちゃうし。
内部の情報も漏れまくっているし。

一体頭のいい人の見ている未来は
どんな感じなんだろう。

与党はどこになっているんだろう。
日本の経済はどう言う風になっているんだろう。
マスコミはどう言う風になっているんだろう。

ここで経済がしぼんで、失業率が上がれば
立憲民主党の躍進があり得ると思うけれども。
やっぱり頭のいい人が見ている未来って
さっぱりわからないよ。

馬鹿な私が予想できるのは
安倍内閣の退陣・自民党の守旧派保守層の(ひょっとしたら)自民離脱。
医師会の弱体化くらいかな~。
私ごときの予測は、
蓮舫さんが選挙で落ちると思っている時点で
当たるわけ無いだろうし。

お金の価値

新型コロナウイルスの蔓延を受けて
テレビなどが横並びで恐怖を煽って
「広告代理店の人忙しいだろうな」
っと、過労死の人が出ないことを祈るばかりです。

なんで恐怖を煽るかといえば
みんなが言うことを聞くからでしょう。

コロナだからしょうがない。
自粛しよう。豊かにならなくても、コロナだから。
っと言う感じです。
自粛要請というよりも、自粛強制に感じますが。

経済が成長すれば、富がもたらせますが
デフレが長く続いてなお、デフレから抜け出せず
しかもこのコロナの蔓延ですから、
経済は、大きく縮小するでしょう。

怖いのは、デフレを望む人にとっては
デフレであったほうが良いということです。
お金の価値が大きくなれば、
お金を貸している人や、お金をたくさん持っている人などにとっては
むしろデフレであってほしいでしょう。

労働者の立場を弱めた、非正規雇用の増大や
株主有利の政策などで、
自社株を保有している経営者や、株主なども
デフレであったほうが良いようです。
景気が良くなれば、ただでさえ人手不足なのに
より人手不足が加速して、労働者の立場が
経営陣や株主を上回ります。
労働者の地位が上がり、また、借金をしている人は
お金の価値が下がるのですから、お金を返すことが
楽になってくるはずです。要はインフレなのですが。

お金持ちになったこともなければ
株を保有したこともないのでよくわかりませんが
インフレになった方が、
お金持ちはもっとお金持ちになれるような気がするんですが。
格差が縮まって治安も良くなりそうですし。
要塞みたいな家に住まなくとも、お金持ちで居られるような気がしますが。

デフレでは、経済が大きくならないので
一般人や貧乏人からも、労働力や富を奪わないと
お金持ちになれません。

そのために有用な企業が、広告代理店で
広告代理店は、国民世論をまとめて多数を構築し
望む方向に誘導します。
今回のコロナで恐怖を煽りに煽っているように。

よっぽどお金持ちはデフレが気持良いのかな。っと思いますが、
経済は小さくなっていくので、
所詮は小さくなっていく富を奪い合うことになるので
お金持ちもウカウカできないんじゃないでしょうか。

長きに渡って、労働力と富を吸収してきたと思うので
ここらで一回インフレにして、
経済を大きくして、その7年後くらいに
またデフレにして、儲けたほうが、
大きく儲けられると思うのですが。

このまま行くと、お金持ちと言うだけで
超絶的な税金をかけられたり
(戦争になったらありえるかも知れない)
お金持ちの家が狙われる可能性だってありそうだし
下手したら、お金持ちを襲うことが良いことをしている
ヒャッハーな時代が来る可能性だってあるのに。
(江戸時代の打ち壊しじゃないからありえないですが)

でも、そんな時代は絶対にこないなと思えるのが
世襲議員の存在です。
そして頑ななまでにデフレを促進させてきた民意は
多分この先も変わらないでしょう。
数字で見れば、同じ程度の貧乏人同士や
中流に居ると思いこんでいる人が
善意の義憤から、差別したり
偉そうになったり、罵りあったり。
しかも出発点は正義感や善意。

あと、間違っても財務省の頭の良い方達と
広告代理店の頭の良い方達には、
引き続き頭が良くなくては困ります。
その気にさせておいて火照った体をどうすればいいの状態
で、止められてしまっては世の中が
極端な全体主義に行くかも知れませんから。