エントリー

2018年 5月 11・12・13 対ロッテ戦

  • 2018/05/24 17:15
  • カテゴリー:野球

野球観戦に3日連続で行ってまいりました。

11日金曜日は

ファンクラブ入会時に半額クーポンをもらったので

そのクーポンを消化しに観戦に行きました。

 

この日は病院の日でもありましたが

1時間待ちの受診を終えて

お薬をもらい、胃や胸焼け、咳込みや吐き気をこらえながら

球場に向かいました。

 

 

球場に向かう駅のホームで

「私の病気は大したことがないのだろうか」っと思いました。

お医者さんの対応もそうでしたが、

薬局で薬をもらう時に

「強めのお薬を求めたりはしないのですか?」っと聞かれたこともあり

「良くなろうとすることを辞めているのではないだろうか」

「実は大したことのないものではないのだろうか?」っと思いました。

 

が、電車に乗っていたら

予期不安がガンガンでてきて

強い吐き気を感じながら

最終的にはクラクラし始めたので

「ひと思いに殺せ!」っと思いながら球場に着きました。

 

 

 

菊池雄星投手が、左肩機能低下のため

2軍に落ちているので、抜擢された佐野泰雄投手。

 

 

 

ロッテは涌井投手。

 

 

 

普通に見れば、勝ちが見えない先発ですが

今の西武は乱打戦が持ち味で、打ちまくれば勝てる。

先発の佐野投手は、4点までなら勝てる。

っと思いながら観戦しましたが、

なんだかず~っとロッテの攻撃を見ているような試合でした。

 

横にいたオジサンは、5回位からブツブツ怒り出し、

6回には帰ってしまいました。

 

流石に得点差が大きいことと

クラクラが収まらいので、電車が空いているうちに帰ろうと

8回で帰宅しました。

 

 

 

翌日は、14時プレイボール。

レディース入場者には、ユニフォームが配布される日です。

 

 

 

激しく咳き込みながら

遅刻して観戦席に着き

得点板を見てげんなりしました。

 

先発は西武が、多和田投手。すでに5勝している絶好調投手です。

 

 

 

相手のロッテのピッチャーは謎外国人。

 

 

 

なのになんでこの日だけ負けてしまうのでしょうか。

 

この日も激しく咳き込むことが辛く

吐き気もあり、不安が強かったので

やっぱり8回で帰りました。

 

 

 

13日は、13時プレイボール。

空は曇りで、午後は雨の予報でしたし

なんだかお布団から離れられないので

行くのをやめようかとも思いましたが

のっそり起きて何も考えないようにしながら

球場に着きました。

 

先発は、阪神からトレードできた榎田投手。

 

 

 

行って良かった。勝ちました。

さすが榎田投手。

奥さんの実家が、東村山で、西武ファンというのも嬉しいお知らせです。

 

 

 

この日に負けていたら

球場から帰れないくらいのダメージを受けていたと思います。

胃に穴があいて、死んでしまったかも知れません。

 

命の恩人榎田投手。

 

この3連戦は、グングンゲッソリしていき

胃は荒れて、咳込みが強く、吐き気も出て、

そのために、体力も精神力も使い果たしてしまい

行きの電車でグッタリしてクラクラしましたが

最後に勝てたのは大きかったです。

 

そして、2日以上続けて予定を入れると

つらいからもうやめようと思いました。

 

もし、この3連戦が3連勝したとしても

たぶん、症状は出まくったように思うので。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年 05月09日 今週

  • 2018/05/09 21:00
  • カテゴリー:ブログ

何故か今週に予定が集中しました。

 

先に書いておきますが

私は、半アル中でタバコも吸うひきこもりで

社会性もなく体力も精神力もありません。

 

数日前に、親戚が家に来ました。

この親戚の家に母はよく行きます。

そこで、兄がもらってきた多くの家電ゴミの話をしたのでしょう。

そしてその親戚の方が聞かれていたのでしょう。

 

来てくれた親戚の方は

うちの中を見回して、ゴミとして捨てるべきものを紙に書いて

数日中に業者に来てもらうから。

っとのことでした。

 

翌日、私に電話があり

捨てるものは、自転車置き場に一箇所にまとめておくように。

との指令が下りました。

 

2日の猶予期間を考えて

まずは重いものからと思い

ベランダの洗濯機

(水が溜まっていたのか凄く重かったです。水を抜けたかも知れません)

兄がもらって来て放置してある冷蔵庫2台。

Windows95の頃に活躍したであろう

恐ろしく重いブラウン管ディスプレイ数台をとりあえず外に出しておきました。

その途中で、洗面所前のガラスを1枚割ってしまいました。

 

腰が悲鳴を上げて、脱水症になりながらも

不思議と兄に対してはなんとも思いませんでした。

ただ、兄に、この産廃をくれた兄の師匠が憎くてしょうがありません。

 

翌日は、母が、軽めのものは運んでおいてくれたのですが

やっぱり重いパソコンのディスプレイ。

それをエンヤコラと運び、なんとか終了。

 

足の裏から腕まで筋肉を痛めた上に

腰まで痛めてしまいました。

 

 

足の裏などの筋肉のストレッチは

長年やっているストレッチで解消できましたが

腰の痛みはどうとったら良いのかと思う中

数週間前に買った「シコをふんじゃおう」と言う本を熟読し

コシワリ、シコなどを実践しながら

その本に書いてあった、太ももの前の筋肉はブレーキの筋肉。

ということを思い出し、コシまわりや太ももの裏などを意識したり

姿勢を正して胸を張った後、徐々に重心をコシに落としていき

コシに筋力を意識することで

結構楽になりました。

 

が、

 

今週の予定は、私の計画性の無さもあるのですが

金・土・日と、野球観戦が決まってしまっていました。

 

その予定を思うと、もうお酒を飲みたくないのに

お酒を飲みたい気持ちと飲んでしまう行動が

止まりません。

 

金曜は病院の後に、

観戦半額クーポンで買った野球の試合を見る予定です。

家につくのは0時をまわっていそうです。

でもお酒飲みますが。

しかも、翌日を考えれば、お風呂にも入らねば。

 

これならば良いのですが

翌日は、14時プレイボールでの観戦です。

14時に起きるのではなく

14時にプレイボールなのですから

起床時間は、11時頃でしょうか。

こんなの二日酔いも残っているに決まっていますし

それに伴ってかなり具合が悪くなるに決まっています。

筋肉痛や腰の痛みもあるのですし。

 

更に予想外なことに

その翌日の観戦チケットが、懸賞で当たりました。

しかもなんだかアバウトな席で。

13時プレイボールです。

 

その他にも、リビング用に勝ったテレビの宅配待ちと設置。

洗濯機の配達と設置も控えています。

 

親戚のゴミ捨てには感謝の念が耐えませんが

割引チケットの観戦→母の日前日観戦→懸賞であたった観戦。

ひきこもりの酒飲みにとってはただでさえ厳しいものがあります。

 

今からその予定を考えると

吐き気が止まりません。

胃が荒れまくっていますし、胸焼けも起きていますし

体中が不調です。

 

ですから、ぜひ、この3連戦は勝ってください。

猪狩さんが、車椅子生活に鳴ってしまいました。

 

西武ドームにも始球式に来たことのあるアイドルですが

強風の日に、看板が直撃してしまい

此処から先の人生は、車椅子生活になってしまいました。

 

車椅子だからといって

障害者用スペースで観戦する決まりはないと思いますが

猪狩さんを含めた西武ファンで

一生懸命応援するので

ぜひとも、3連勝してください。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年 04月26日 ライヴ観戦

応援している歌手の

庄田愛海さんが出演されるライヴを見てまいりました。

 

   ↑庄田愛海さん

 

MIRAさんと言う女性シンガーが主催されている

トラディバと言うイベントで

出演者は全員女性のイベントです。

 

 

私は予定は強いストレスに変えてしまうため

吐き気をこらえながらいつものように

「行くの辞めようかなぁ」っと思うも、

「行ったら楽しいはず」っと思い

渋谷まで向かいました。

 

帰宅時だったので、上りの電車がわりかし空いていたからか

思ったほど具合が悪くならず

テクテクと会場まで向かうのですが

自分のお腹が、ポッコリと言うよりは

しっかり腹が出てきたことが、

見た目的には良くないことなのでしょうが

この年齢で、酒も飲み、運動もしていないのですから

相応な肥満と思えています。

 

だいたい、私の腹がしっかり出たところで

気にしているのは自分くらい。

しかもいつも気にしているわけでもないので。

 

 

会場について、ヘタレこんでしまいました。

単純に体力がないことと

精神力の無さだと思うのですが。

 

太って腹が出てもあまり痩せようとは思わないのは

ノイローゼなので、いざ、予期不安やパニック障害がでてしまったり

日常生活でも緊張しながら生きているので

太ることは、精神的な安定にしつような気もしていたりもします。

かつてのようなヒョロガリでノイローゼだと、

脱水症にもなりやすいですし

すぐカロー不足のめまいや吐き気、気絶も起きますから。

 

 

せっかく来た以上は

他の出演者さんの歌や音楽も楽しみたいので

なるべく気持ちを向けてはいるのですが、

トラディバと言うイベントの良さでもあるのでしょうが

音だけ鳴っているような、格好だけの音楽の、

経験の浅いアーティストさんも居たりするので

なかなか、立ち上がらずにいました。

音の世界観の固まりの無さと言うか

作り込んでないのか、イチイチリズムの間に空白を感じてしまうというか。

 

庄田愛海さんの音楽にも歌にも、

そういった未完成的なものは感じないので

「さて、立って応援!」っと思うも

座り込みながら、庄田さんの歌に入り込んでしまったので

そのまま拝聴しました。

 

やっぱりライヴは迫力がありますし

楽しいものです。

 

KAKOさんという方の歌唱力と

「ハコ小さいんじゃないかなぁ」と思うくらいの

会場の客を一人ひとりにニラミみを利かすような持って行き方の迫力は、

凄いものでした。何者だろうか。

 

アイドルとして活躍されている演者さんも何組か登場していて

久しぶりに、ヲタのコールとかを聞けて

それも楽しかったです。

ヲタのリズムのとり方は私は凄く信用できますし

ライヴの楽しみ方にも強く共感します。

 

インフィニ〒(インフィニポスト)と言う女性2人組の

アーティストさんがでてきたのですが、

最初は過激なダンスを見いていたのですが

音楽の感じが、何のジャンルかわからないけれども

メロディアスなものとは言えないながらも

曲として成り立たせようとしていて

しかもダンスも激しいので、気になってしまいました。

 

   ↑左から・庄田愛海さん・インフィニ〒香澄さん・インフィニ〒菜津紀さん

 

終演後、物販で早速庄田愛海さんから

ワンマンライヴのチケットを購入してチャキをっ撮ってもらいました。

 

そのままの勢いで即帰宅するも

帰宅時間は0時を回っていました。

 

なんだかんだで結局いつも

家に帰れば「凄く楽しかった」っとなるので

行ってよかったと思いました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年04月17日 東京ドーム 対日ハム戦

  • 2018/04/19 19:12
  • カテゴリー:野球

西武ライオンズの主催試合が

東京ドームで開催されたので、観戦に行きました。

 

さすがは東京ドーム。

かつてはおのののかさんが、売り子ちゃんをしていたようですが

 

 

売り子ちゃんのルックスがいいのです。

 

恥ずかしいからあまり顔は見ませんでしたが

スタイルも細身の方しかいませんでした。

 

 

この日の試合は、

来場者全員にユニフォームが配布される試合で

かなり入場時に並ばされました。

 

 

おかげで

松崎しげるさんの国歌斉唱を聞き逃しました。

 

 

この日の来場者数は

内外野立ち見を合わせて、45000人で

球場内の狭い通路が更に狭くなっていました。

 

試合展開は、西武のヒット数は多いものの

得点につながらず。

逆に日本ハムは、ホームランを多く含んでの効率の良い得点。

 

負けました。

 

 

負けたので、クサクサしていると

球場が暗転。スポットライトを浴びた、しげる松崎さんが、

美しい人生を熱唱!

暗転しているドーム内は、入場時に渡された青のペンライトがキレイでした。

その後ライオンズの球団歌を熱唱!

大盛り上がりで、凄く楽しかったです。

 

 

帰りの電車は、並んでいても一回では乗車できないくらいの

超満員電車でした。

 

ここまで満員だと、もはや身を任せるしか無いのですが

フット前を見ると、制服を着た女子高生が前に!

後ろから押し込まれる形で、

女子高生を押し込見ながら電車に乗りましたが、

このまま女子高生の横に立っていては、痴漢冤罪に怯えなければいけません。

 

 

なんとか身を交わし、間におばさんとカバンを挟み込んで

なんとか女子高生と離れることに成功。

 

が、ああまで身動きを取れないと

もはや、自分の体の震えや、予期不安よりも、

グングン体力、精神力が失われていき、

「もう殺せ・・・」の心境で目的の駅に到着しました。

 

 

貧血気味な、精神力ゼロな体をなんとか家まで運び

無事帰宅しました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年 04月15日 大谷翔平

  • 2018/04/15 17:30
  • カテゴリー:ブログ

メジャーリーグでの活躍が

これ以上無いくらいに上手く行った大谷翔平投手だが、

アメリカメディアは、大谷の素性に興味を持ち始めているらしい。

野球以外の、23歳の青年としての大谷は一体どう言う人間なのかと。

 

数年前に、別冊カドカワと言う雑誌が

1冊まるごと大谷翔平の本を出版した。

 

かつてアメリカでメジャー契約を獲得したことのある

野球OBや、日本野球界のスター選手などが

大谷の2刀流について、評論を主体とした本だが、

トップ記事での、大谷のインタビュアーは

アイドルや芸能人などに、様々な話題を振る

吉田豪というインタビュアーが対談形式でインタビューを試みた。

 

結論から言うと、どんな話題を振ろうが

野球がうまくなることにしか興味がなく

それ以上もそれ以下もないということ。

 

インタビュアーが未熟ではない。

編集者が下手なのでもない。

大谷は、野球がうまくなること以外には

ゼロという言葉がぴったり来るほど興味が無いのだ。

 

お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんに

音楽は何を聞きますか?

っと尋ねれば、お母さんが聞くものと答えるだろう。

好きな人は居ますか?と聞けば、お母さんと答えるだろう。

いくらなんでも、お腹の中の赤ちゃんと大谷の野球が上手くなりたい気持ちを

例えに出したのは大谷選手に大変失礼をしてしまっているが

彼は本当に野球がうまくなること以外、なにもないとしか思えないのだ。

 

 

そんな人間に、女性のタイプは?と聞けば

野球がうまくなることをまず考える大谷ならば

「一体この人は何を聞いているのだろうか?」と思うだろう。

同じように、好きな音楽は?メジャーで成功したいですか?

と言った質問は、大谷にとって答えようのない質問だと思われる。

 

良く言えばストイックだが

悪く言えば、野球が上手くなることだけにしか興味がない

変わり者。の可能性が極めて強い。

 

日本での指導者や、球団なども

彼の生活は厳しく管理した。

それはまさに大谷が望んだことでもあると思う。

野球が上手くなることが

大谷にとっての何よりの娯楽であり、生きている証でもあるからだろう。

 

私は、メジャーリーグと言う世界最高の舞台で

エンジェルスというチームに入ったことは、

大谷の将来を考えてくれている

最高の球団に入れたことを喜んでいる。

 

大谷は、まだ花を咲かせてもいない、

やっと双葉から茎を伸ばし始めたに過ぎない選手で

あると思うし、

エンジェルスのGMや監督もそう考えてくれているようだ。

何より本人が、もっと野球がうまくなれるはずだから

もっと上手くなりたいと、考えているはずだろう。

 

どうか、アメリカのマスコミやファンの皆様には

暖かく見守ってほしいと願うばかりです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年04月08日 対オリックス戦

  • 2018/04/12 17:27
  • カテゴリー:野球

対オリックス戦を観戦してまいりました。

 

朝10時にアラームをかけるも、

とても起きることが出来ず

二日酔いで、はれて白い顔のまま、

13時プレイボールの試合には当然間に合わず

フラフラと球場に向かいました。

 

 

西武先発は、来日9年目の打たせてとるピッチャー。ウルフ。

推定1億2千万 

 

対するオリックスは、去年活躍した山岡。

プロ2年目 推定4300万 

 

でしたので、前半は早い試合展開が予想されたので

それなりに急いだのですが

到着した時は4回。

しかも2点負けていました。

 

前回一緒に写メを撮ってもらった

公式パフォーマーの女性を探すも見つかりませんでした。

 

私は、親、兄、お医者さん意外と接すると

極度に緊張してしまうのですが

それが女性ともなると、体のふるえは震度5くらいになり

顔は真っ赤っ赤になるので

 

 

なるべく人と接しないようにはしたいのですが

自分に向けられた、ビジネススマイル、ビジネストークであろうとも

人の笑顔を見ると、幸せになれるし

緊張も悪くないと思うので探したのですが

残念いませんでした。

 

 

来場者全員プレゼントの全身毛布は

輸送の都合で間に合わないために

後日配送するためにとのことで

ハガキを受け取りました。

 

この日は、ひなたは暖かかったのですが

試合がすすむにつれて、風も冷たくなってきて

全身毛布がないことを若干恨みました。

 

 

試合は、西武が逆転に成功して

大勝利と言いたいところですが

中継ぎの、高木勇人があまり使えないことと

助っ人外国人のワグナーがストライクが入らずに

結局ピッチャー返しを受けての降板で

クローザー増田を使う羽目になり

グダ付いた、終焉でしたが、勝ったのでいいのです。

 

 

帰りに図書館により

週刊誌で、眞子さまの話題と

オフィース北野の森社長の記事をチェック。

 

(【週刊新潮】たけし軍団の怒号も飛んだ「団体交渉」現場音声)

https://youtu.be/ZnWZ5AUWMUw

 

寝床に付きました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年04月03日 ホーム開幕戦

  • 2018/04/05 17:17
  • カテゴリー:野球

埼玉西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークスの

ホーム開幕戦を観戦してまいりました。

 

どうも予定は全てストレスにしてしまうようで

激しく咳き込んだり、花粉症が悪化したりした上に

電車の中では安定の予期不安が炸裂いたしました。

 

球場に着くと

ライオンズ公式パフォーマーの

ブルーレジェンズのメンバーと記念撮影が出来るようで

早速列に並びました。

 

 

(この人は「mai」さん

私は「nonoka」さんと撮ってもらいました。)

ちなみにnanakoさんは良い人感が溢れ出ていました。おしとやかだったし。

 

撮影後すぐにプリントしてくれて

記念品としてくれました。

メットライフ生命、さすがにお金持ちです。

 

 

春休みだからでしょうか

ちびっ子がたくさんいました。

 

そして、やはり球場の坂道や階段は疲れました。

 

試合は、先発十亀が2失点するも粘りの投球を見せ、

ソフトバンクの東浜は、いきなり打たれまくって

後半戦はグダグダ下感もありましたが

勝利することが出来ました。

 

 

帰宅後自転車を止めて植物に水を上げました。

昨年、100均で2個100円で勝った花の種の1つ

忘れな草が、かわいく一生懸命咲きほこっていて

非常に癒やされます。

 

 

強さとカワイサを感じずにはいられません。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2018年 03月29日 輝く☆2017年kappa大賞

大賞

「ドラゴンクエストビルダーズ」

 

 

 

新人賞

 

今野亜美

 

 

 

セノシスターまぉ

 

 

 

NGT 萩野由佳

 

 

 

乃木坂 高山一実

 

 

 

話題賞

「藤井聡太棋士のお昼ご飯」

 

 

 

画像賞

「筒香選手ホームラン」

 

 

 

セカンドキャリア賞

「ブアカーオ」

 

 

 

文学賞

「杉作J太郎」

 

 

 

グラビア賞

「乃木坂 高山一実」

 

 

 

AV女優賞

「向井藍」

 

 

 

音楽賞

「庄田愛海」

 

 

 

「DJ Krush」

 

 

 

「天井裏から愛を込めて」

 

 

 

野球大賞

「清宮幸太郎」

 

 

 

野球新人賞

「源田壮亮」

 

 

 

野球画像賞

「グローブを頭にかぶるミャンマーの子供」

 

 

 

追悼

「野村沙知代」

 

 

 

「ミスターポーゴ」

 

 

 

 

 

総評:

大変遅くなりましたが

2017年、輝く☆KAPPA大賞の発表です。

 

大賞は、「ドラゴンクエストビルダーズ」」ですが、

ギリギリの受賞と言う感じは否めません。

優れたゲームであり、とても素晴らしいものではありますが

競合する対象候補がほぼ存在しなかったための受賞となります。

 

新人賞は、4名の方が受賞されました。

新人賞なので、各受賞者の、これからの大きな露出は未知数ですが

各人の方向性や、ビジュアル、活動に対する向き合い方などが高く評価されました。

 

画像賞に関しては

選考段階から一貫して高い評価を受けつつも

小学2年生にしてこの画力は高く評価されました。

大賞候補にもなりましたが、惜しくも大賞は逃しました。

 

セカンドキャリア賞は

かつて、ムエタイ戦士としても活躍した上に

K-1の舞台でも優勝をするなどの、申し分のないキャリアを持ちながらも

何故か出家して、お坊さんになるも

「絵」になりすぎている、ブアカーオさんが受賞しました。

 

文学賞は、

毎年大賞を含む各章に必ず名を出す、杉作J太郎先生になりました。

現代芸術家というカテゴリーをはみ出しながらも

人類愛にあふれる氏の活動を

かつてのTV番組トゥナイトから見ている選考委員達は

目が離せない状況でもあります。

 

グラビア賞に関しては、

一時期のAKB初期メンバーのグラビア時代を終えて

ようやく可愛い子やきれいな子が多い

乃木坂・柊坂などのメンバーによる

世代交代を感じました。

非常に性格が可愛らしそうな一面が、受賞理由ですが

僅差でもありました。

グラビアは、これからますます激しくなっていくと思われます。

 

AV女優賞は

向井藍さんでほぼ票が固まりました。

プロレスや格闘技の男性に興味を持ちながらも

最近の作品はレズ物が多いようですが

そういった心の動きさえも、高評価に繋がりました。

 

音楽賞は、

安定の庄田愛海さんが受賞。

歌だけにとどまらない魅力と

垣間見える素晴らしい人間性も議論の対象となり

選考委員達の票を伸ばしました。

DJKrushさんは、KEMURIを発表された頃の

ギラギラした目つきや存在感も高評価に繋がりましたが

音楽の世界観が飛び抜けていたため

彼1人の受賞にすべきという声もありました。

表現のポテンシャルの高さは

他の追随を許していません。

天井裏から愛を込めては

この作品が発表されたであろう時代背景を深く考慮に入れての受賞となりました。

 

野球大賞の清宮幸太郎選手。

プロ生活3年間は2軍で。という声も多数あり。

ただ、一身に話題をさらっていったことは紛れもなく

満場一致での受賞となりました。

 

野球新人賞は、

セ・リーグ中日の京田、パ・リーグ西武の源田で

別れかけましたが、パ・リーグの強打者に対しての守備や

フルイニング出場などが決め手となり

受賞となりました。

 

野球画像賞の、ミャンマーの少年は

ミャンマーという地理的にも恵まれ、資源もある

西側諸国が食い物にしようとしている国でもあり

政権は軍事政権でもあるという複雑な状況でもあり

アウンサンスーチーさんという

西側諸国のアイドルが国を無作為に開放しようとしたり

その一方で、これからの国であるミャンマーの

ちびっ子の面白さが選考委員の心を打ち抜きました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 11月07日 慢心

ここ最近、考えたくない人のことを考えては、嫌な思いになっていました。

 

 

ふかんして考えたいのに

どうしても思い浮かんできてしまうので、

私の浅い仏教的な考えなどを用いて、

更に野球選手に当てはめて、なんとか落ち着くことが出来ました。

 

私はこの人が、気持ち悪いし、嫌いなので、

まずは思い浮かばないようにならないかと考えましたが

ホイホイ思い浮かびます。

 

当初は認知行動療法で、

認知の歪みを修正しようとしましたが

その人自体が嫌なので、「認知の歪み」とは思えず

思い浮かぶこと自体をどうにかしようとしましたが

なかなか上手く行きませんでした。

 

なんとかならないかと、仏教に当てはめて考えたところ、

思い浮かぶこと自体はどうしようもないことだと考えました。

 

薬物で捕まった清原和博さんが、雑誌「Number」に

連載インタビューを掲載しているのですが

 

 

18歳当時の清原氏は、

「内角攻めがきつくなったら、それも打ち返してやる」

「きわどい球も打ち返してやる」

「流して打つだけじゃなく、引っ張っても打ってやる」

っと思いながら、日々の練習を重ねて

打撃が崩れていったそうです。

 

「四隅の球を全部打てる打者なんて居ないのに・・・」

 

そう話していました。

 

頑張れば出来る。

何かやり方があるはずだ。

もっともっとやらなければ。

 

 

そう思うのは立派なことに思えてしまう私ですが、

ようは、「頑張ればなんだって出来る」と言う「慢心」のような気がしました。

 

野球がシーズンオフに入り、

日本代表の4番で、DeNAの筒香選手は

 

 

「オフシーズンの課題は、全部です」と答えていましたが、

その課題に取り組んでいく中で

おそらく、問題が集約されて行き、

克服すべき課題を絞り込んで行く、

実践的な練習をしているのではないかと思います。

「慢心」から、「謙虚」にどうしたって変わっていくと思えます。

 

 

特に自分で自分を苦しめている時は、

「抜け出せる自分」に漠然と、とらわれて

より苦しむようになっていく気がします。

 

まずは「謙虚」になろう!っと決めて

「慢心」をすくい上げてみました。

 

「自分で自分を思いどうりに出来るかのような思考」

「人間は常に欠落しているという考えのたりなさ」

「やり方さえ合っていれば、叶うと思っている」

 

などなどが思い浮かびました。

 

そこで、思い浮かぶことはしょうがないことなので

思い浮かべていることを具体的に思い返してみると

「過去のこと」「伝え聞いたこと」「(こう考えているだろう的な)想像」

などと言った、私が作り出している「妄想」であると思いました。

 

 

過去のことだから正しいということはなく

しかも具体的に思い出しているのは、私ですから

その人を思い出すのはしょうがないとしても、

それとセットで、ネガティブな過去を思い出し

自分にダメージを与えているのは、私自身なので

過去の言動や、音、などなどをセットで思い出すことはやめようと思いました。

嫌な「妄想」なので。

 

伝え聞いたことに関しては、

興味を持ちたくもない話な上に

私の過去でもないのですから、考えるのはやめました。

 

「(こう考えているだろう的な)想像」は、

あからさまに認知の歪みですし、私の想像の産物なので、

考え自体が浮かばなくなりました。

 

それでも、この嫌な人のことは

毎日何回も思い出しますが、

それでも、それ以上に自分にストレスを与える「妄想」は

かなり抑えることが出来ました。

 

その人の存在を、思い出すことや、

ウッカリ「妄想」してしまうことも多々ありますが、

私は、自分で自分をなんとか出来る人間でもなければ、

なんとかしようと思うことが「慢心」だと思うようになりました。

 

でも、やっぱり、一瞬も考えたくも思い浮かべたくもないですが。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 10月14日 CS 対楽天戦

  • 2017/10/16 14:59
  • カテゴリー:野球

ローソンチケットプレゼンツ

クライマックスシリーズ ファーストステージ のチケットが手に入り

結婚した兄、母、との3人で観戦してきました。

 

 

気温も低く、霧雨が降っていましたが

行きも帰りもアマガッパのお世話になるこがとなく

ジンワリと濡れはしましたが、

わりとスムーズに移動できました。

 

 

行きがけに、図書館やスーパー、本屋などに寄った為に

プレイボールには間に合いませんでしたが、

兄も遅れるとのことで

母めがけて、なるべく早く着くように焦りました。

 

駅で降りた後に、野球振興カード(抽選付き)を購入して

ファンクラブカウンターで来場者ポイントを貰い

球場に突入すると、炎獅子ユニフォーム着用試合のため

西武ファンと楽天ファンの違いが、遠目では分かりませんでした。

(楽天のラッキーセブンに上がる風船の上がり具合で確認)

 

 

先発は、埼玉西武ライオンズが菊池雄星投手。

私と母にとっては、もはや神です。

 

 

一方の楽天は則本投手。

 

 

三木谷オーナーも観戦らしく

熱い投手戦が期待できる試合になると思っていましたが、

神である、菊池雄星投手は

非常に完成度の高い投球で、圧倒的でした。

 

 

兄は、30年以上前、千葉に住んでいた時に

どう言う訳だか、熱狂的な西武ファンでした。

まだ黄金時代前です。

 

 

遅れて来た兄が、電車を降りた時に

「ワァー!」っと、歓声が聞こえて

「これはどちらかに点が入ったな」っと思ったら

「アッアッアッラ~イオ~ンズ」と聞こえて来たそうで

「歌覚えているかなぁ~」っと頭の中で歌ったら

2番まで歌えたそうで、笑っていました。

 

兄は結婚指輪をしていました。

「見せて見せて!」っと言うと

恥ずかしがって緊張し始めちゃいました。

 

3人揃って乾杯をしました。

 

この日、父の話は禁句のようで

この日のことを父には言えないかなぁ。っと、複雑な気持ちになりました。

4枚チケットが入手されていれば

当然父を誘ったのですが、

まずは兄と兄のお嫁さんを誘い、

兄のお嫁さんが駄目で、母と兄の3人になったのですから

父には泣いてもらうしかないかと・・・。

 

 

試合は、神様が、圧巻の完封勝利を飾り、大勝しました。

 

 

非常に気持ちよく楽しい観戦でした。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

ページ移動

ユーティリティ

2018年05月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed