エントリー

カテゴリー「おっさん」の検索結果は以下のとおりです。

2017年 05月25日 見た目がキモい私

先日、野球観戦に行った時、

ピンクリボン&ハッピーマザーズデイだったことで

母親と写真を撮ると、色々もらえるなどのイベントがあり、

写真を撮ってもらいました。

 

 

家に帰って、その写真を見た時に

自分の、特に「顔」の気持ち悪さに、

血の気が引きました。

 

 

ブチョッとした顔に、歪んだ顔面。

ひきこもり丸出しな目。雰囲気。

「キモイ」と言う言葉がぴったりです。

 

 

昔からこうだっけ?っと思い、

自分の10年前の写真を見ると

明らかに、違う顔をしていました。

 

体型も気になったので、写真に撮って見ると

絵に描いたような中年太りの体型をしていて、

笑ってしまいましたが、強いショックも受けました。

 

 

当然のように

「ダイエットしよう!」っと思うも、

 

「ヤセたからと言って10年前の見た目になることはないだろう」

「昔はあんなに太りたかったのだから、夢がかなったのでは!」

「そもそも生物が、死に近づく行為。ダイエットなんて出来るのかな?」

 

などなどが頭に浮かびましたが、

それと共に、自分の「醜い顔」も頭に浮かびました。

 

そして、ダイエットなんかできっこないよ。と言う考えの本心が、

「我慢は嫌だ」っと言う、

スケスケに透けて見える、都合の良さも確認できました。

 

 

この生活である以上

あの見た目と肥満は、受け入れるべきじゃないかな。

っと、思いたくてしょうがないのですが、

やっぱり「キモイ」と言うのはマズイと言う思いも強くあります。

 

かと言ってダイエットができるとは、とても思えません。

 

 

40歳代になって、カッコよくなりたいとか

モテたいとかはさっぱり思いませんが、

キモい見た目は流石にマズイと思います。

 

キモさを減らしたいとも思います。

 

精神科の診察の際に、この思いを医者に相談してみたら

「ほっておけば太り続けるかもしれないから

痩せたり太ったりすれば、平均値は上がらないのでは?」っと言う

ナイスなアドバイスをいただきました。

 

それと同時に

「生き物が死に近づく行為であるダイエットなんて出来るんですか?」っと問うと

「痩せたからと言って、若返るわけじゃないしね」っと言うお言葉もいただきました。

要は、やせれば(逆・自意識過剰な)キモさが消えるわけでもないんじゃないかな。

っということだとも思います。

 

10年前の写真を見ていて、

「あの頃は持て余したモヤモヤを発散するために、よく運動していたなぁ」っと

思い起こしました。

 

40歳の今は、運動をしようが、やせようが、

見た目から出ちゃうものは出ちゃうでしょうし

デブはそのままでしょうが、

多少は、

キモさが減るかもしれない。

っとも思いました。

 

 

思い返してみれば、つい最近までは

ノイローゼで、自己否定しまくって苦しんで、

体は、後悔や自己否定で、カッカしているから、

引きこもっているのに、高い基礎代謝。

 

頑張って外に出れば、寒い気候でも、

自意識過剰が発動して、緊張感が強く、汗をかきまくっていました。

そのうえで、呼吸が浅く吐き気をこらえていたのですから。

太りようがなかったとも思えます。

外食どころか、家の食事にも強い苦痛があったものですし。

 

今は、精神的負担はかなり減り

悩んだり、自己否定する精神力が年と共に減ったのですが、

症状だけは残っているので、

色々あきらめて、症状と共に生活をしているのですが、

太ったことは、精神的な健康に近づいているような気もします。

 

体重は減らなくても良いし、

10年前のような体型や見た目じゃなくって当然ですが、

運動することで、「キモイ」が減ってくれれば良いのですが。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2015年 5月17日 エロDVDを見て思う

中学、高校、そして引きこもりとなった自分を思います。

最近見た政治番組では
一時期、大手(一部上場)の社員旅行は
乱交旅行だったとか・・・。

「ハハ。そんなの、バブルの頃だけでしょ」
っと思いながらも
エッチDVDを見て、そんな思いも砕け散りました。

20代半ば。
仕事を終えておうちに帰宅。

マンションの玄関で出迎える
笑顔がまぶしすぎる女性(奥さん)が、
カバンとスーツを受け取り、笑顔でスリッパを提出。

子供がほしい奥さんは
まぶしい笑顔で、旦那さんの下半身を
事もあろうにお口でお出迎え。

食事となっても
イチャイチャは止まらず
そのまま子作り行為へ。

しかも幸せそうな奥さん。

お風呂に入れば、当たり前のように混浴で
幸せなお顔をまき散らしながらの
子作り入浴!

晩酌では旦那を誘惑し
夜の床では、当たり前のように子作り。

しかも幸せそうな奥さん。

何だったんでしょう。
私の中学時代。

何だったのでしょう。
私の高校時代。

時々私は思います。
死んだ目をした着エロの女優さんを。
死んだ目をしたアダルトビデオの女優さんを。

そして、アホ丸出しの自分自身を。

普通って
すごく幸せで、凄くエロくって、凄く満たされて。

そこに行けなかった自分を
ただただ、みじめに思います。

なんとか、地方税や保険料に負担をかけないようにしたい自分。

さすがにこれだけの差を見ると(エロDVDですが)
凹みます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ人気ブログランキングへ

2014年 09月06日 伝達・犬を飼いたい

別居中の父が持ち込んだ
母のパソコンがあります。

母はそこで、私に色々と、
「やり方教えて!」っと問いかけます。

パソコンは、正確な入力に対する答えは
常に明確なのですが
「遅い」
「父の不完全な影響下にある」
「解らなければ(私に)やらせれば良い」
と言った、
私にとっても非常に不快な、母のパソコンでもあります。

母は、チケットを購入したかったらしく
色々と聞いてきました。

しかし、覚える気がないし、いつも聞いてくるので
イライラしながら母のパソコンの前で
手続きを探っていました。

その斜め後ろで、食いつくように
ノートを片手に見守る母の影響でしょう。
それに共鳴してしまい、
私は、イライラと不快感が
自分の中心で、全ての基軸となってしまいました。

そこで、カリスマドックトレーナー
シーザー・ミランを思い出し
私が、落ち着きのない状態では出来ないことを母に伝え
母にも「穏やかな心」になることを伝えました。

自分の部屋に戻り、落ち着かない心はそのままに
自分自身のことを、色々とこなしていきました。

少し落ち着いた段階で
母のパソコンに戻り、手続きを済ませました。

何度と無く、母に対して「穏やかに」っと言いながら。

シーザーミランが犬と飼い主の関係で言うことのように
イライラや緊張、不快な思いは
人間同士でも、言葉がなくても
伝達するのかもしれないと思いました。

前に飼っていた犬が死んで14年。

いま、猛烈に犬を飼いたいのですが、
こういった心情は、数年おきにおきてきました。

その度に、前に飼っていた犬を
ちゃんと面倒を見きれたのかと思い
15年後、20五年後に責任を持てるのかと自分をさとします。

前に飼っていた犬を、また飼えるのならば
今度こそ、ちゃんと飼いまくりたいので
何の躊躇もなく飼えますが
新しい犬を飼うとなると、
どうしても、強いストップがかかります。

例えば、私は、
月に何回か、30~40時間寝ます。
その間、犬の面倒は見れないでしょう。

金銭的な面でも、厳しい物があります。

私は、自分の管理さえ、一般以下なのに
犬の面倒が見れるのかという想いもあります。

さらに、5年後は想像できても
10年後、15年後は、自分の年齢しか分からず
自分がどうなっているか
住まいはどうなっているかなんて想像すらできません。

犬を飼いたい思いが、毎日定期的に訪れますが
無責任には飼えません。

しかし、今犬を飼って、20年生きたとして
20年後の私は57歳です。

60前です。

今が最後のチャンスかもしれないとも思ってはいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2013年 8月15日 ヨッパライの戯言

10代はともかくとして
20代は、戦略的に見た目を切磋琢磨する時期だと
「digi+KISHIN DVD 米倉涼子: 米倉涼子: DVD」を見て想い出しました。

10代でも頑張る要素はあると思いますが、
20代の放つ、顔面からの花粉のようなキラメキは
作り出さないと、多くの方が損をすると
焼酎を飲みながら今思いました。

まず、引き締まったボディー。
ぷっくりしているおっぱい、ぷっくりしている大胸筋。
それに伴い引き締まったカオ。
自分にあった顔作り、表情作り、etc.
そして柔軟性と適度な筋肉。
足とお腹は特に重要。

私には、これが難しいとは思いません。

笑顔でいればいいとか、
肩書きがあれば食いつくはずとか、
論外です。

適度な筋肉が付き
引き締まっているボディー。
その表情は、目的が「もてたい」ならば
自然と魅力的になるものです。

難しいのは、適度に暗い人見知りでありながら
優しくて、弾けることも出来る性格という
性格面での問題ですが、
コレはしょうがないのです。

そして、綺麗なお肌ですが、
自助努力で何とかしなければ、その魅力は
ただの妖怪になってしまいます。

ようは気合の問題なのです。

こうなりたいと気合を込めて
自分でお肌をお手入れしたり、
運動をして絞ったり、性格を改善したり。

色気は、平等に出るものだと思います。

それを、パッカーンと出してしまうか
小出しにしながらも、モテるか
何もしないか。

髪を染めようが、良い服を着ようが
根本的に、魅力の花粉を飛ばせないのなら無意味です。

ギャル・ギャル男で飛ばせるのなそうすべきです。

36になって思うのは
20代の、男女共に放つ色気というのは
期間限定だということです。

あの目の形と顔の筋肉。
体型と手足の動き。

あれはもう、年代で変わります。

20代でもてたい方はどうか
「体格」「意識」「性格」を、研究してください。
20代にしか無い色気があるのですから(男女共に)。

メンタル独特の色気はたしかにありますが、
この場合、不確定要素なのです。
メンタルなのに、他人と付き合って長続きはしません。

どうか20代メンタルの人には気がついて欲しいです。

メンタルの持つ不安定さ(それに伴なう雰囲気)と
妙な色気は、かえって邪魔だということを。
そんなものがなくても
元メンタルで、苦しみ耐えて、回復した今の色気を
押し出すべきだと。

苦しみもなく、メンタル的な苦しみもなく。
普通を渇望しながら、
普通に幸せに、彼女が居たり、彼氏が居たり、
結婚している人は、沢山居ます。
むしろそれが多いくらい。

一回メンタルに落ちても
復活して結婚というパターンは当たり前。

20代を楽しんでほしい。

化粧をしまくろうが、なんだろうが、
20代の方には、20代を楽しんで欲しいと思うのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2013年 7月7日 興奮したり萎えたり

あまりの暑さに
スーパーにお買い物に行ったら
出入り口に犬が繋がれていました。

暑さでぐったりしている犬をなでたら
犬が寄ってきて、「膝の上にのせろ」or「おんぶしろ」
と主張してきたので、心底謝ってスーパーに入りました。

行き慣れたスーパでは、おばさんが圧倒的に多いのですが
さすがに土日でもあり、子供も沢山居ました。

子供で困るのは、中途半端に発育の良い女の子です。
身長も165以上なのに、洋服は超薄着で
後ろから見ると、「生足も色っぽい若い女が居るぞ!」っと
興奮してしまいますが、
次の瞬間、思いっきりちびっ子(18歳以下)だと分かり、
心底なえます。
お風呂から出てきた親が、
タオル一枚だった時を見たくらい、なえます。

さすがに36にもなると、高校生の子供が居てもおかしくないので
生き物として、ちびっ子女子を、20歳代の女性を
見るような目で見たことで
己に対する萎えるダメージも、でかいのでしょう。

14歳の中学生男子が、中学生女子を
自転車で追いかけながら
「おっぱいもませて!」と言う事をして
迷惑防止条例で通常逮捕されたという記事がありました。

14歳くらいの時、前からくる見知らぬ女子2~3人に
「やらせてください!」っと、突撃して、
「5千円!5千円でどうですか!」っと言ったりして
仲間の笑いを取ると言うことは、14歳当時の私の仲間内では
当たり前のことでしたし、すれ違った女子2~3人も
ゲラゲラ笑っていたと思うのですが、
今は逮捕されるみたいです。
14歳男子といえば、一番頭が悪いので
逮捕なんかしたらかわいそうだと思うのですが・・・。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2013年 1月2日 初詣と親の仲違い

コミケから帰ってきて
朝まで生テレ日を見ながら寝て
起きたら1月2日でした。

お酒を飲まないと、こんなにも快適なのかと思い知りましたが
お酒を飲まないと保てない精神的圧迫!

朝起きて、そそくさと準備をして
地元の氷川神社に初詣に行きました。

母は、変わらず父を家に連れてきて。

父のいけないところは
その言葉の無さにあります。
嫌な顔をすれば、相手が気を使ってくれると思っているのか
それともそういう個体なのか。

嫌なら嫌やと言えばいいのです。

それを、嫌な顔と時折放つ文句だけで
相手に気お使わせようとして、自分じゃ何もハッキリ言わない。
ハッキリ言えば、口論があっても
スッキリすることなのに、気が狂っているのでしょう。

意思表示は、相手任せ、他人任せ。

女性ならばこの感じはありだと思うのですが
父親にコレをされると、イライラしてしまいます。

情けなくって。
人に言わせよう。
人に気を使わせようと。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 12月16日 体調不良

あごが痛いです。
特に食べ物をかむと激痛が走りますが
しばらくすると収まります。

顎関節症ならば
ストレスか、姿勢が悪いか・・・。
姿勢が悪いのでしょう。

最近朝の目覚めは
お腹が痛くなって起きます。

タイトなデニムを履くと
笑いが取れるO脚です。
ルパンです。

誰も僕のO脚には勝てないと思います。
普通のズボンでもO脚ですから。

最近顕著に体調が悪いです。
ハイもお腹も。

選挙に行ったら
わらわらと皆、投票していました。
選挙を終えたら
出口調査に協力しました。

ミクシーで、都知事選挙と衆院選挙の
トトカルチョレースを開催しようとしましたが
怒られたら恥ずかしいので、辞めました。

20時以降は、きっとテレビは選挙速報ばかりでしょうから
退屈だな~っと思いました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 12月12日 新鮮なギャグ

ファイル 390-1.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 11月17日 同級

昨日、同窓会に出て参りました。
Facebookの話題になり
申請送れないよねぇ~。っと女性陣が言っていたので
「そうかなぁ?」っと、男友達と不思議がっていました。

サクサク勉強した挙句、
Facebookの使い方もようやく掴みかけたので
申請を送りまくりました。

中学生の同級生に。

男子は、コメントもくれるのですが
女子はあまりコメントをくれないので
「こっちから送れば返信もらえるかな?」っと、
メッセージも送りまくりました。

同級生は当然私と同じ35~6歳です。

みんなちゃんとしていたり、当たり前のように子供が居たり
結婚したりしています。

そこで私のポジションは
「変わらない!」
これに付きます。

ただでさえ、メンタルで引きこもりなのですから
見た目も変わらず、大人っぽさもなく
苦労も貫禄もないのですが、
そこが私のポジションなので、
それで良いと思っています。

渡る世間に鬼はなしです。
(と思いながらも、送らない同級生も居ましたが・・・)

でも、同窓会にも
メンタル感がある人が居たりして
でも、そう言った話題は避けて
時にはフォローしてもらったりもして
人の弱み、浸け込まれたくない場所というのは
あるのかな~。っと思いながらも
その場の空気さえ壊さなければ
メンタルな話もしたいなぁ~っと思ってしまいました。

かと言って、幸せな人をこう言った話題に巻き込むのもどうかとも思い
悩ましい限りです。

なので私は
発泡酒→焼酎で、流します。

私は、やっと、20代の地獄から抜けて
今の緩い精神的幸福を手にしたのですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 10月29日 アイドルファン

ファイル 380-1.jpg

毎年のことといえば毎年のことですが
西武ライオンズのシーズンが終わると
アイドルに走りがちです。

去年か一昨年は、モモイロクローバーにはまり
でんぱ組.incに興味を持ちました。

ものすごくバカにされるアイドルファンという地位。

それなのに、高いお金を湯水のように使い
アイドルを応援する多くのファン。

昔は、そんな人達の気持ちがわかりませんでした。
今もわかっていないと思います。

ヤリたいとか、彼氏になりたいとか、
多分そんな事は、思っていたとしても
実現しないことを知っている人達に思えます。

右も左も、前も後ろも、斜めも、舞台の女性を応援している仲間。
たぶん、その一体感とライブ感は、
かなり素晴らしいものでしょうが、
なるべくなら、そうなりたくないという思いもあります。

舞台にいる、笑顔を振りまくキュートな女性が
パフォーマンスやトークで
会場の客に一体感を産むのでしょう。

チョットだけ私にもわかってきたことがあります。

普通の何もない大人は、アイドルや地下アイドルを
応援なんてしません。

ユーストなど見ていたり、記事を見ていると
人間関係や、社会性、社会的地位、
見た目、収入、学歴、コミュニケーション能力の差別的な目に
疲れた人、その結果、
情報過多にまみれ過ぎたり、自己否定の塊になったり。

そんな人がアイドルにハマるのはよくわかります。

笑顔や別け隔てのない接し方や、パフォーマンスの高さや
上を見続けるアイドル達の純粋さ。

そこに魅了されることは
よ~くわかりますし、私も魅了されます。

最近気になるのは
Panache(パナシェ)と言うグループなのですが
アイドル+コスプレ+アニメオタク、のようでして
難しいです。

でも、すでにたくさんのファンの方が居るようですし
活動も積極的のようですし。

コミケ(?)に姿を表すようですが(コスプレして)
コミケなんて、ま~ったく興味が無いので困りました。
アニメは見ますが、沢山は見ないので
これまた困りました。

他のファンの方に会ったことはありませんが
もし会えた時に、情報交換出来る位にしておきたいものですが
興味が無いので困りました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

ページ移動

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed