エントリー

2006年10月01日の記事は以下のとおりです。

2006年10月01日  回りくどい言い訳。

対人関係には
全くの自信がなかった為に
学ぶ姿勢でいれたのかもしれません。

人が怖いのかもしれないし
人と普通に話をしたいのかもしれないし。
そこすらも良くは分からないので
引き気味ではあっても
対人・他者を意識していると思います。

家族の場合
その意識はほとんどないのですが
家族から学ぶ姿勢はなく
家族と言う括り・縛り
と言うものとして捕らえてしまいます。

親友と家族は
「ずけっ!」とした
時には傷つくようなことでも言ってくれる
かけがえの無い人であるはずが
初めから
家族や親友は、気を使われて気を使い
補い合っているようで
居て欲しくない人と言う感覚になりました。

空気の読みあい。
空気を相手に送り込み
空間の感覚的支配を始める。

そして自分の言葉を
でたらめな作法で投げてみる。

僕にとっての社会とは
誰かが僕と喋れば
そこが僕の社会になると思います。

社会は固有の名詞を持たなくとも
社会足り得るものと僕は思います。
「家族」「地域」「チーム」「恋人」etc。

自分と他者が関わった時には
固有の名詞を持たなくともそこに社会が生まれるのですから
人と関わることこそが重要であって
地域や近所が大切なわけではなく
挨拶が意味を持つことも
自分の社会足り得た時にこそ挨拶が機能するものと思います。
(挨拶をする必要は無いというわけではないですが)

乱雑に集まった集約型のベットタウンで
近所付き合いや地域の付き合いは
どのような意味を持つのかを知りたいところです。

同様に
「家族」と言う言葉がもつ機能は
「親」と言う立場と「子」と言う立場の違いをも
不透明にさえしてくれます。

子供の虐待や殺人をニュースで見るたびに
親の責任だけでは無いことは
よっちゃんイカを食いながらでも分かることですが
親だけを責める事しかできない
家族や地域や司法ならば
その意味合いを変えていく必要もあるのではないかと思います。

親が、または子供が子供を殺す。
すでに、学校と親だけでの教育では不可能と言われて
もう相当の時間がたったと思いますが
変化の兆をうかがい知る事のできるニュースは少ないです。

挨拶は、呼び名。
携帯番号の交換でチーム。
溜まり場に行けば誰か居る。
たまに喧嘩して、よくナンパして
仕事のことを考え出す。

テレビでやっているような
未成年売春や凶器常に準備集合なグループは
そんなに居ないような気がしますが
良くは分かりません。
悪い大人が未成年をだますのは減らないみたいですから。

住居を固定化することによる
単純化。
人口集約型による
均一化。

単純化と均一化をこなせる人は多いと思うのですが
複雑化と多様化を意識する人は少ないでしょう。

近所が気になる程度は
均一化ですし。

小学生の頃
何らかの係りがありました。
学級委員も居たし、生徒会長も居ました。

「成績表のためにやるアホ」
そういう風に思っていましたが
負担を背負うもののように思います。
仮に地域や家族と言う
固有の名詞を持つ社会を
教育と絡めるならば
誰かが何かを背負うことになりえますし
それが成り立つ社会ならば
やっていけば良いと思いますが
自身は何も影響力がないという前提の民主化地域や家族。
誰も何もやらなくても問題がないかのような
家族や地域は
成立した場合には
均一な裂け目に居るような緊張感に
絶えずさらされるような思になりそうです。

若い人に対して
素直な疑問を見せて答えることができないことが罪であって
素直な疑問の答えと矛盾する事を見せることも同時に罪だと思います。

僕は
僕の中での上下関係の構築によって
社会を生きていく基本がもてれば良いと思っています。
上下関係は厳しくて理不尽ですが
慣れたり、はまれたりすれば
自分が今まで学んでこなかったことの多さに驚き
それを学べるかもしれない期待感が楽しくもあります。

しかし、どういう訳だか
責任だけは取って欲しいと言う人が多すぎるような気がします。
誰だか良く知らないのに。
(保険ブームですからね・・・。)
(地井武雄の懐暖かそう!)

上下を知ることで
適当!を知りえたかもしれません。

家族に上下がはじめから存在しないかのような風潮は
家でキャバクラやっているような気がします。
(楽しそうじゃないか!)
子供や若い人の素直な疑問や気持ちはの形は
球体ではなく、四角いものの方が良いと思います。
変わらない部分は変える必要もないと思いますし。

身長が低い人は(女性とか)
幼少期からのストレスかもしれないので
というかストレスなので
それを乗り終えた自分を称え
遺伝なんかしないので、安心しましょう。
(ハゲも同じく)。

あと、兄弟だけど血が繋がっていなかったとか言う人間関係。
誰が見るんだろう。
妹だから守るのかな。
血が繋がってないからごむ無しでOKなのかな。
そんな手のかかる妹はたいがい兄弟仲が悪いものです。
兄弟喧嘩は実に湿度が高いものです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2006年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:2013年 2月07日 読了
2018/06/14 from じゅうのblog

Feed