エントリー

2012年02月の記事は以下のとおりです。

2012年 2月27日 スカルプDのように

「?」と思うことが多々あります。

ネット上でも沢山あります。

その一つが、「彼女ができない」というものです。

どうやら、多くの方々は、
モテるための方向性が
間違っていると言うことに気づいていないようです。

病気を治すために、薬事法違反の詐欺商法を
それはそれはまじめにやってしまうのと同じ事です。

でも、このページも、そんな気持ちで見て頂けたらと思います。

非常にコンプレックスたっぷりになることを
お許し頂いた上で続けますが、
自分磨き!それは無意味です。
頑張っていることや、夢を持ったり、特技があったりしても
多くの場合、すごい勢いで滑るだけです。
(本人が楽しいとか必要ならばぜひ続けてください)

考えても見てください。
あなたのDNAで、
福山雅治さんから学べることはありません。
それでは行きます。

まず、病院で健康診断を受けてください。
知らないうちに病気をしているとモテにくくなります。
あと、歯医者さんに通って、治療を終えてください。

基本的には、自首をしに行く感じ。
刑務所に入る前、
と言う状況下を意識してください。

1週間くらい体を絞ってください。
体型や体重はどうでも良いです。
増えても減っても良いのです。
今の目的は、モテることですから
気にしなくて良いのです。
1週間くらい楽しく運動をしながら水を飲んだりして
汗をかく時間を作ってください。

それを適当にやったら
衣料品店に行き、ダサめのハイネックを購入してください。

散髪屋さんで、角刈りを意識したような
とりあえず、身奇麗な髪型にしてください。
重要なのは、見た目のセンスなどではなく
さっぱり切られた髪の毛なのです。

その髪型でダサめのハイネックを着れば
もうほとんど完了です。

重要なことは、
身奇麗なのに
ダサめのハイネックを着ているということなのです。

あとは適当ですが、しいてあげれば、会話です。

やってはいけないことは、
女性に心の中で悪態をつかせてしまうことです。
口にしない不満を持たせてしまうことです。

心の中で悪態をつきながらも
顔では笑っている女性を、作り出した時点で
犯罪に近いものがあると知っておいて下さい。

私には無害ですが、私ごときを人間扱いしてくれている女性に
ストレスをかけてしまうからです。

あとは思い通りに適当にやってください。
多分モテると思いますが、モテないかもしれません。

モテる努力をしている時点で
引く女性もいらっしゃいますから
どうでも良いです。

あと、地球上の半分は女性。と言う考えを持つのは辞めましょう。
ワールドカップに出る。と言っているようなものです。

彼女が欲しければ、まずパソコンを捨てるべきかもしれません。
こんな私でも、こんな偉そうな記事を書けてしまうのですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月25日 SNS、不便。

  • 2012/02/25 22:52
  • カテゴリー:ブログ

Facebookにしろ、mixiにしろ、
なんで閉鎖制なのでしょうか。

個人がmixiやfacebookにページを持っても
中でしかコミュニケーションを取れないなんて
不便なものなのに・・・。

facebookは、facebookページ(旧ファンページ)を作れば
外部とのやり取りも大幅に拡大するのですが、
企業や、芸能人や政治家などの人以外
あまりメリットがないと思われますし。
facebookにとっても、収益の少ない個人は囲い込んで、
収益を上げそうな大きい魚は、海に出すのでしょうか。

facebookから、更新とかの情報は取れないし、
でも、facebookページを作ってもらっても
どこにもメリットが無いですし・・・。

できないものはできないような気がいたします・・・。

主:「ヤイ!糞虫!だからお前はダメなんだ!」『バシ!バシ!』
私:「へへぇ~。」っと
ゴルフクラブで2回も叩かれてしまいました。

ただでさえ気温の変化が激しくって
アル中なのに、コレでは、おじさん
お腹が痛くなってしまいます。

ジャバスクリプトにしても、スタイルシートにしても、
意味がわからなくって、
新曲の発売と同時に、顎関節症になりそうで怖いです。

天龍源一郎さんは、相撲時代
筋の通っていない、かわいがり
(相撲の先輩に袋叩き)をされている時に
『骨折させても良いよ。でもオレはそこからだけどね。』
っと、思いながらボコボコにされて
実際骨折も当たり前のようにしながら
そこから、筋を通さなかった先輩を
ボコボコにして行ったりしたそうです。

そんな強さが欲しいものです。

facebookは、個人の生活を大事にする生活圏ならば良いのでしょうけども
知り合いや目上の人、噂などにされそうになったりする
日本では、見つかった途端に更新が止まったり
ページごと無くなったりするので
日本に来なければよかったと思います。

mixiも、こけてますし・・・。
今や出会い系サイトと思っている人が8割。
その内の9割以上が、女性だと偽っているオッサンですし。

「糞虫!」『バシ!バシ!』されるのかなぁ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月21日 リテラシー以前

ボーっとしていたら
アっと言う間に1週間が経ちました。

ある方に、
「ヤイ!ホームページ作れ!オレ以下の存在!」
と言われたので
「へへぇー。」と受けたのですが、
CSSだのJavaScriptだの
訳が分からなすぎて、お腹が痛くなりそうでした。

でも、一番ショックだったのが
その人は、
FaceBook、Blog、Twitter、Mixi、Googl+などで、
本名を堂々と使い、履歴も堂々と書いていたことでした。

「そんなところに本名書いたら、
 今の自分がモロバレじゃないか!」
 っと言う考えがないのかとたずねた所、

「でも本名出して履歴も出すほうがメリットあるもん」

だそうで、その日から私は、
お母さんとしか喋れなくなるくらい驚きました。

よくよく話を探ると、
中学時代は→思いで無し。
高校時代は→楽しかった、マジで卒業したくなかった。
大学時代は→充実していた。ほんとうに色々経験した。
今は→なんだかんだで楽しいよ。
だそうです。

踏み外すことなく、順調に人生を歩むと
そうなれるのでしょうか・・・。

私もこのブログを始めようと思った時に
本名でやろうかどうかは迷いました。
35歳でニックネームを自分で付けて
恥ずかしいな。っと思ったからですが、
本名にする時が来たらすれば良いかな。っと逃げました。

自意識過剰すぎたかつて、
自宅電話番号以外、
顔写真も、全裸写真も、名前も、PHSの番号も
全部公開していた時期がありましたが
その時は、酸素欠乏症だったからなのか、
(プロレスのリングで、公私ともに裏切られたデルフィンに
泣きながら言い放ったサスケの言葉)
「プロレスラーはなぁ、芸人なんだよ!
 芸人は隠し事なんてしちゃいけないんだよ!」

っと言うセリフに感銘を受けてしまい
プロレスラーでも芸人でもない、ただの引きこもりが、
公開していましたが
今の方が、さらけ出せません
(考えてみればサスケも覆面レスラーとして
 謎多きキャラクターでしたが・・・)。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月14日 人生逆転チャンスが欲しいです

子供の頃には、近所に居た同い年の女の子から
チョコレートをもらったことはありました。

しかし、その頃の女の子は
私には意味不明でした。

友達という感覚以外持ちようがなかった私は
友達として仲良くしたり
みんなで一緒に遊んだりすることで
楽しいと思っていたのですが
どうも違うようでした。

一人で、ボケェーっと遊んでいると
出てくるのに、一緒に遊ぶわけではなく
おしゃべりも噛み合わず。
ほんとうに不思議でした。

10年くらい前に、一度その子のお母さんから
年賀ハガキが来たことがありました。
その時の私は、生き物として不合格(自己判定)でしたし、
母の「もう結婚して子供産んでいるでしょうね~」っと言う
グサリと来ることを言われて、結構凹み、
連絡のきっかけを失いました。

しかし、バレンタインデーと言うのは、なんなのでしょう。
もらえないのは当然と言うか、
むしろいらないのですが
(売れ残ったチョコを買って食べたりはしますが)
ホワイトデーとか、違うと思うのです。

例えば、ローキックの日。こういう日があっても良いと思います。
あと、恩赦。刑務所から人を出しちゃう、特別制度ですが
これもあっても良いと思います。
それから、割礼の日、これはやるべきでしょう。
あと、人生サイコロチャンスとかも欲しいものです。

あぁ~。もうどうでも良いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月13日 季節

  • 2012/02/13 20:00
  • カテゴリー:ブログ

朝の日差し。
おひさまの位置が、だいぶ高くなってきたように思います。
夜の静けさの中で
じんわりと輝くお月様も
高い位置から照らしているようにも。

季節の変化が近いのでしょうか。
きっと、この寒さも、もう少しで終わり
今度は花粉の季節が来て
桜で満たされる日々がやってくるのでしょう。

毎年変わらない、何も変わらない、季節の変化。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月10日 イケてるし、ヤバい男、長島と言うHP

  • 2012/02/10 20:12
  • カテゴリー:ブログ

結構な勢いで先日来から広がりを見せていますので
すでにご存知の方も居ると思いますが

イケてるし、ヤバい男、長島からのお知らせ

と言う、
目的が見えないホームページを見ました。

見てくれる人がいる。
少しでも、見て良かったと思ってもらいたい。

そう考える上で
このホームページは、お手本になるかな。っと、思いました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月9日 生活感

快晴の空で、暖かった今日。

ベビーカーを押したり、
赤ちゃんを抱っこしたりしている
ママさんが多かったです。

家を出て、工事現場を見ると
「皆は働いているのに、私は何をやっているのだろう」
そう思うことが増えてきました。

足場の上で器用に建築材を運ぶ人や
コンクリを真平らな地面にしてしまう人
機材を担いで、寡黙に現場に入っていく人
交通整理をしている人。

皆が皆、働いているというのに。
朝から日暮れまで、ひたすら仕事をしているのに
私は何をやっているのだろうか。っと。

カナヅチや電ノコの音が聞こえてくると
悲しいような、情けない気持ちになります。

経験があって、その経験を惜しみなく発揮して
更にその経験値を高めているのに、
私は、無駄に時間を食いつぶしているだけです。

必要とされて、適材適所で動き
仕事で一日を終える、充実した日々。

マルをがぶ飲みしてしまいそうです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月8日 ヒカリ

  • 2012/02/08 20:30
  • カテゴリー:ブログ

単純な「自意識過剰」と言う言葉に括りたくない
苦しみや葛藤が、次々と襲いかかってくる
恐ろしい年代がありました。
10代後半から20代。

思い返すと、ただ辛く、苦しくって、悔しかった日々でした。

35になった今はもう
味わうことができないであろう、
暗くて、寂しくて、後悔ばかりの日々。

先を思うと、不安になるだけで
寝てばかりいて、何も出来なくって、何もしていない日々。

自由とか、将来とか
本来的には希望のような言葉が
首をグイグイと締めてきて、苦しくて悔しくて情けなくって。

子供の頃の自分が思っていた青春とは
かけ離れた、暗くて惨めなだけの時間を無為に過ごしては
苦しくてしょうがありませんでした。

みんなが、楽しんでいるなか、
自分は暗く湿った中で過ごしていて、
それで良い、それが良いとさえ思うときもあるような
言い訳がましくって
負け犬で、ひねくれている生活が続く日々。

ただ、少し落ち着き始めた頃に、考えたことがありました。
明らかにこれは人格形成に
多大な影響を及ぼしただろうなぁと思う
一つのコンプレックスを
時間の暇も出来た頃に解決してしまおうと思いました。。

成長期の不安定で異常な体の変化を迎えていく中で
性的好奇心を、異常なまでに爆発させていた日々に
大きく重石としてのしかかっていた性的コンプレックス。
おそらくこの時期に持っていた、性的コンプレックスの引力は
光を屈折させるほどに強いものだったと思います。

地球に隕石が落ちて大パニックになれば良い。
死にたい。
特別でも何でもない自分。
コンプレックスを思うと、そんな事も考えたり
激しく自分を否定したりもしました。

私は、20代後半に、自分の中に常に内在する
暗くて、悔しくって、後悔ばかりなのに、素直じゃない
ネガティブな性的コンプレックスによる核エネルギーの源である
「包茎」と、おさらばすることにしました。

と言っても、14~15歳の頃から度々見ていた
包茎専門治療院(保険外治療)の手術代は15万円。

すでにある程度冷静になっていましたし
病院について、いくつかの情報も持っていましたので
まずは、地元の泌尿器科(保険治療)で相談。

「異常無いよ。包茎じゃないよ」っと、
どう見ても、どう考えても、包茎なのに
なんでそう言えるの?と思いながらも
ぶっきらぼうな医者の言葉に驚きました。

意味がわからず、違う病院に。
そこでも、「治療の必要はないよ。皆と同じだよ」っと。
包茎のチンコを見て、包茎じゃない????
どこからどう見ても、どういじってみても見事な包茎なのに。

そこで私は、深呼吸をしてタバコを吸い、
今までの人生で得た「教養」に問いかけてみました。

どうしたらお医者さんは、僕の包茎を治してくれるだろう?
天から降りてきました。

「割礼」

私は、かつて親が狂った時にお世話になった
親切なキリスト教徒のおばさんからもらった
十字架と聖母マリアのお守りを(ホコリを取って)首から下げて
キリスト教系病院に駆け込みました。

「割礼がしたい」そう言う為に。

しかし、病院では「昔はやっていたけど今やってないんですよ」
っと言う回答でした。
絶望しかけたその時に、「ここの病院ならやってくれますよ」
っと、お医者がささっとメモに書いてくれました。

私は、その女医さんに聖母マリアを思いながらも
改造ミニ四駆のごとく、その病院に突っ込みました。

女医さんの優しさで、すでに身も心も清められていたのでしょう。
その病院で、ハッキリと力強く言い放ちました。
「包茎だから、治してください!」
「今やっちゃう?」お医者は言いました。
「お願いします!」
聖母マリアのメモと、ヒポクラテスのようなお医者のメスは、
私の、この重くて深く暗い、忌まわしき刻印を
「キセキ」に導いてくれました。

全部コミコミで30分くらいで終了。その後数回通院(2万行かず)。
これだけのことなのですが、
たった30分で解決できたことなのですが
思春期の頃に解決できなかったことは、非常に悔やまれますが
その後の人格形成にも大きく関わる性的コンプレックスだけに
こんな簡単に済むとは思ってはいませんでしたが、
この日から、私は、
改造人間にでもなったような(実際改造したわけですが)
背筋を伸ばして生きていけると確信いたしました。

結局、多感な思春期はとっくに過ぎていたので
性的コンプレックスの解消によって
自分の中で革命が起きたというようなことはありませんでしたし
暇だからやった的な側面もありましたし、
当時ホームページをやっていたのですが
結構人が集まるようになったのに、
書くことがないということもあって
良いネタだと思う気持ちもありましたし、
もちろんキリスト教徒としての目覚めもなかったのですが
衛生面において、びっくりするくらい衛生的になりました。

コンプレックスよりも
衛生面を考えて、やったほうが良いに決まっていると思えます。

精通が始まったら、衛生面だけを考えても
やったほうが良いといまだに思います。
義務にした方が良いと思うくらいに。

私に子供が出来たら、15歳で病院に連れていくでしょう。
親戚で15歳くらいの子が出来たら、
やはり病院に連れていくでしょう。

衛生面を考えて。

母親が、14~5歳の子供のチンコのことを考えることは
ありえないと思いますし、倫理的にも危ないので
男の大人の義務といえるのかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月5日 IDOL

  • 2012/02/05 20:06
  • カテゴリー:ブログ

AKBの人が、脱退するとか。
なぜこの時期に?っと思ったら
彼氏がいてそれが表沙汰になったからとか・・・。

そんな理由で、AKBをクビになるのかぁ・・・。

古くは加護ちゃんの時にも思ったのですが、
10代の若い子供を、親から預かり
学校教育から引き剥がして、ステージに立たせて
タバコ吸ったら、クビ。
彼氏が居ることが表沙汰になったらクビ。
かなりきつい仕打ちのように思うのです。

それにファンの方達も、よくわかりません。
いや、分かるんですけど過剰すぎると言うか・・・。
彼氏が居たから裏切られた。とか。
そして握手会やライブで、
本人に直接罵詈雑言を浴びせるようですし。
今回クビになった人の彼氏は、慶応ボーイとか。
普通に考えれば、
来年の慶應の受験者の中に、
シレ~っと、AKBのファンが増えたとかなら分かるんですけど。
そこまで私生活に怒るならば、慶應に入ってファンをやれば、
付き合えるんじゃないかと思うのですが・・・。

エンターテイメントにそんなにリアリティー持っても
しょうがないと思うんですけどねぇ。
曖昧なやり取りと言うか、、
格闘技なんかも本気の喧嘩を見に行くと思ってもしょうがないですし。

ただ、今回発覚した経緯は
どこかのファンが、非公開の個人所有(クビになったAKB)の
ツイターやミクシーのアカウントを
偶然見つけて、そこに上がっていた画像や記事を公開したからとか。
なんかこれも嫌な話という感じがします。

エンターテイメントの世界の人の
私生活を見ても面白く無いと思うんですけねぇ。
私生活まで面白い人って
そんな逸材は中々居ないと思いますし。
しかも10代で人間が面白い人なんて、居ないと思いますし。

「青春残酷物語」ではないですけども
普通に過ごそうとするだけでも十分にきつい年齢なのに
大人の世界に浸らせて、残忍な仕打ちをするというのは
どうもよくないと思うのですけどねぇ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

2012年 2月4日 矛盾

朝トイレを終えて部屋に戻ると
おっさん臭がいたします。

子供の頃は
おっさん臭を嗅ぎ続けると戻していました。
車で、親戚の家に向かう時
親戚の家の犬にはどうしても会いたいのですが
車に充満しているおっさん臭を
長時間嗅ぎ続けなければいけないため
必ず具合が悪くなり、戻していました。

電車やバスに乗れば、やはり、嗅ぎ続けなければいけない
おっさん臭をこらえ続けていました。

そんなおっさん臭の発生源になった今、
買い物から帰ってきて、服を脱いだ時に
柔軟剤のフレグランスな香りとおっさん臭が交互にして
「矛盾」を考えることが多くなりました。

若人が、おっさん臭を嫌うのはよ~くわかります。
若い人に限らず、おっさん臭を嫌う人は多いでしょう。
香水で消しているおっさんも居るくらいですから。

私は、「ズラ」に対しては、肯定的です。
確かに頭髪が、ハゲ散らかっているよりも
ズラをかぶったほうが、清潔感という面では
はるかに清潔感がありますから。
私は、いつか禿げたら、まず、
黒いパウダーのお世話になろうと思っています。
そして、ジョギングをして、黒い汗をかく。
止まらないハゲに、男の7つ道具「カツラ」を購入する。
これが私のロードマップです。

オッサンは年を取ったら
おっさん臭を放ち、はげてきて、デブになり、不潔感が漂う。
胃が悪く、目はタレていき、手術で内臓が2~3個無い。
これが正解のはずです。

もちろん、外に出る時は
おっさん臭を抑えるべく努力いたします。
何なら香水を購入してでも抑えようかとも思います。
かつておっさん臭に苦しんだ者として
子供や若い人の具合を悪くさせたくはないですから。

しかし、最近は、
スタイリッシュなおっさんが多いように思います。
おっさんならば、おっさん全としていた方が、良いと思うのです。
ただ、サラリーマンが減って、非正規が増えたが故に
そういった傾向だとするならば
悲しい傾向だとも思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもり中年へ人気ブログランキングへ

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2012年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed