エントリー

2017年07月の記事は以下のとおりです。

2017年 07月27日 対オリックス戦

  • 2017/07/31 23:31
  • カテゴリー:野球

あまり良くは覚えてはいないのですが

(8月19日更新中)

確か、背番号を圧着してもらうために

チケットを取った日のような気がします。

 

早速、無料圧着会場に行き

念願の源田壮亮選手の、背番号6を圧着してもらいました。

 

 

この日は、台湾の球団「統一ユニライオンズ」との交流イベントで

チアガールやイベントスペースなどもありました。

 

 

チョットユニフォーム欲しいなぁ。と思いましたが

販売はしていないとのこと。

残念。

 

座席は、悪い場所ではなかったのですが、

横にいるカップルがうるさくってうざかったです。

 

こう言う、周りに気を使えない

反社会的カップルは、バカだと思うので、

ムカつきました。

 

何がどう迷惑という具体性はないものの

なんだかうざったいカップルでした。

 

 

その一方で、後ろの方では、元気なちびっ子が

元気いっぱい、一生懸命応援していて

ファールボールをキャッチしたオジさんが居たのですが

その子にボールをプレゼント。

「ええ!良いんですか!ありがとうございます!」っと

立ち上がり、帽子を取って深くお辞儀をして

そのおじさんとちびっ子に周りが拍手を送りました。

 

 

試合は勝ち、気分良く帰宅することが出来ました。

 

 

この日も、これでもかと汗をかきまくり

脱水症が気になりましたが、無事帰宅。

 

思いっきり発泡酒を飲みました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 07月22日 対日ハム戦

  • 2017/07/31 23:30
  • カテゴリー:野球

この日は、来場者全員(日本ハム側外野自由席除く)に、

ライオンズフェスティバル2017の

炎獅子ユニフォームの配布日でした。

 

 

父親と行く約束をしていたのですが

炎獅子ユニフォームに、

ルーキーながらも大活躍中の、源田選手の背番号を

購入&圧着してもらうことと

父親に、期間限定発売の

ライオンズアロハをおみやげに持たせるために

 

 

早く着きました。

 

が、球場周辺は、すでに人でいっぱいで

ファンクラブ来場者カウンターで約30分ならび、

ファンクラブ特別くじ引きで30分並び、参加賞のうちわをもらい

 

 

背番号とライオンズアロハ購入のための売店は

入場制限がかかり、30分待ち。

 

なんとかそれらの用事を終えて

背番号圧着をしてもらうと思ったら

狭山屋内スキー場内で、長蛇の列で、2時間待ちでしたので

流石に心が折れて

 

 

球場内に入りました。

 

今回はチケットが日本ハム側の1塁側でした。

 

席につくとすでに父親は座っていて

早速お土産の、ライオンズアロハを渡しました。

 

「忍者か!っと言うくらい黒い服ばかり来ているから。これ着てね」っと。

 

座席は日本ハムのブルペンからすぐ近く。

先発の白村が、気合の入った投球練習をしていました。

 

 

「迫力あるね」っと父親が言ってくれて嬉しかったですが、

正直、私の方は、体力が切れまくっていたので

いきなり疲れ切っていました。

 

試合に勝つも、すぐに動ける元気もないので

父親とは球場でお別れ。

 

 

しばらく休んだ後に、「流石にもうすいているだろう」っと思った電車は

超満員で、意識が切れかけました。

 

なんとか家について

発泡酒を飲んだときの美味しさは

たまらないものがありました。

 

 

父親とも、試合は見に行こう。

そう思える日でもありました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年07月10日 対千葉ロッテ戦

  • 2017/07/23 19:43
  • カテゴリー:野球

ファンクラブ入会時にもらったご招待券を消化しに

球場まで行ってきました。

 

電車から降りると

「ふわぁ~」っと、焼鳥の良い匂いがして

お腹が空いたので

「外食を経験するチャンス!」っと思い

まず真っ先に、焼き鳥屋さんに向かいました。

 

 

球場の周りは、

すでに試合が始まっていることもあり

閑散としていて、焼鳥もすぐに頼めました。

 

 

モモ。ボンジリ。豚串。を注文。

焼き上がりを手に取ると、なんとも良い匂いがしてきて

我慢できずに食べました。

 

とろけるように美味しい焼き鳥を食べながら

「焼き鳥って、焼き立てはこんなに美味いんだ!」っと嬉しくなりながら

ぺろりと食べてしまいました。

 

そして、外食時に起こる緊張は

一切起こりませんでした。

後にも先にもこの時だけだったので

すごく不思議でしたが

美味しい焼き鳥を、嬉しさと喜び100%の心持ちで食べられたことが

とっても不思議でした。

 

 

外野自由席に陣取り

ロッテファンの方を見て思いました。

「なんだか元気が無いなぁ~」ロッテは勝っているのに。

 

今シーズンのロッテは、気の毒なくらいです。

ここ数年、ライオンズからFAで涌井を獲得しましたが、

クルーズが巨人へ。

今江が楽天へ。

デスパイネがソフトバンクへ。

そして、ベテラン井口は今季限りで引退。っと、

ロッテにとっての良い話が少ないです。

 

特に、デスパイネのソフトバンク移籍は気の毒でした。

 

 

デスパイネ自身も、千葉ロッテマリーンズに強い愛着を持つ

助っ人外国人ですし、

それを知っているファンも、デスパイネが大好きなのですが、

ソフトバンクホークスが強奪しました。

 

デスパイネは、キューバの選手なので

プロスポーツ選手ではなく、公務員です。

ですから、キューバ政府との交渉になるのですが

どうやらソフトバンクはかなりのお金を使って

キューバ政府にソフトバンクへの移動命令を出させたのだと思います。

 

西武は以前、サファテ投手をソフトバンクに強奪されましたが

サファテの場合は、代理人が一切西武との交渉に応じないという

本当にヒドイ強奪を手段選ばずやるのはどうかと思います。

 

 

一体感と声量が迫力満点なロッテの応援団。

ですが、

声量に、以前ほどの迫力は感じませんでした。

 

今季引退を表明した、レジェンド井口が代打で出て来た時は、

力強く迫力のあるいつものロッテの応援でしたが。

 

 

試合は西武が、逆転勝ちをしました。

 

 

ロッテは親会社が揉めている影響がかなりあるのかもしれないとも思いました。

今年のロッテファンは、気の毒です。

特に、ペーニャの応援を聞いた時は、じゃっかん泣けました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 07月 08日 庄田愛海さん路上ライヴ

暑さ突き刺す日々の中、

庄田愛海さんの路上ライヴを見てまいりました。

 

 

渋谷駅から歩いてチョット。

すでに準備を済ませていた庄田さんが

白いキャップに、白い服

短パンデニムで、歌う準備をしていました。

 

 

庄田さん目的のファンは

どうやら私しか居ないもようで、

チョット正面から外れたところに座り込みました。

 

しばらくすると

庄田さんの応援パネルや、応援うちわを持ったカップルが、ご到着。

女性の方は、熱心に歌を聞き

男性の方は、熱心に写真を撮っていました。

 

私は、ビックカメラでもらったうちわを仰ぎながら

庄田さんの歌に入り込もうとしおていました。

 

 

途中、庄田さんのタオルとCDを購入して、

ユラユラと楽しんでいました。

 

この日は日差しもきつく、湿度も高く、

不快指数も高い日でしたので

中々庄田さんの路上ライヴに立ち止まらない人が多かったように思います。

 

私は、有料ライヴでもないのに、

こんなに歌を聞けたり、庄田さんからの振りもあったりして

凄く楽しくて幸せだったので

「路上ライヴは対バンライヴより幸せかも」

「路上ライヴはもっと楽しめるかもしれない」

等の感想を持って、庄田さんの路上ライヴをあとにしました。

 

 

外食の訓練&実験記録、として

富士そばに入店して

冷やしたぬきそばを頼みました。

 

 

やはり緊張してしまっていて

そばを目の前にしたの時は、その場から逃げ出したくなりましたし

耳から入る一切の音と、情報をが苦痛でした。

 

 

ある程度の外食の苦痛は、予想の範囲でしたが

実際に苦痛を味わうと、やはりタダの拷問でした。

 

なんとか頑張って、逃げ出したい気持ちを寸止して

「食べましたよぉ~」的な器にした後に

食器を下げてお店をでました。

 

食事が卑猥な行為だとは思いません。

テレビなどで本上まなみさんが、バクバク飯を食っていても

なんと思いませんが

 

 

目の前で、肉眼で、その光景を見たら

「見たらいけない。苦痛を与えてしまう」っと思うとも思います。

 

そして、自分が食べようと思うと発生する

「逃げるか戦うか反応」は、どうすれば

軽減されるかも全く道筋が見えません。

 

 

さらに、私は、軽度熱中症になりやすい体質だとも思いました。

 

 

いままで、夏場にお腹を下すのは

汗がパンツのゴムにたまった結果、冷えによるお腹下しだと思っていましたが、

どうやらその可能性は低く

脱水症でもお腹を下すことを知りました。

 

 

血液中の、栄養素が汗により分泌してしまった結果、

血中濃度の栄養素が下がることで

血を濃くして、血液内の栄養濃度を維持するために

お腹を下すことがあると知りました。

 

人間の体は、本当によく出来ていると思うと同時に

知識やケアーをおこたらないようにしようとも思いました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年06月19日 和田一浩 トークイベント

元・埼玉西武ライオンズで

FA権を行使後、中日ドラゴンズに移籍して

数々の記録を打ち立てた、

 

元プロ野球選手の、和田一浩さん(以下、ベンチャン。

 

 

当時、和田勉さんが、テレビで活躍されていたため

 

 

ニックネームがベンチャン)のトークイベントに行ってまいりました。

 

 

公演場所は、霞ヶ関です。

 

霞ヶ関駅で下車して、日比谷公園を歩きながら

木々の間から、様々なお役所のビルや、警視庁などが見えて

「テロリストや不審者に思われたらどうしよう」っと言う

自意識過剰な不安を胸に、公演会場まで向かいました。

 

 

さすが霞ヶ関!

ステージと客席が、狭からず広からず、

すごくきれいで、素敵な会場でした。

 

ジャーナリストの女性と、ベンチャンの対談形式で

イベントが開始されました。

 

まず感激したのが、ベンチャンの存在感とオーラでした。

 

今流行の、ピッチリ系のスーツを着ていたのですが

その上から、はちきれそうな筋肉がうなっていました。

 

 

スラ~っと背が高く、肩幅もあり、筋肉の塊のベンチャン。

その一方で、現役時代は家族観戦のファンに人気があった人柄通りの

優しさあふれる素敵なお顔。

そして、特徴的なアタマ。

 

 

凄くカッコよくって、爽やかな好青年を大人にした

理想型のような方でした。

 

現役時代は、腰の怪我に泣かされるも

食生活の改善(和食を基本)により、怪我も減っていき

長く現役を続けたベンチャン。

 

元々キャッチャーであり、現役時代、疲労骨折した親指の付け根。

今も、息子さんとキャッチボールをすると

そこが痛むそうです。

 

愛妻家であり、人柄が素晴らしく、

西武からFA移籍で中日に行くときも

普通ならば、裏切られた気持ちになるファンが多い中、

「子供の頃からの夢を叶えたい」っと言うベンちゃんの理由に

西武ファンも納得という、人格者でもあります。

 

現に、試合中のヤジは、ベンちゃんにはほとんど飛ばされることなく

(それだけ活躍したからでもありますが)

「ハゲ!」以外のヤジを聞いたことはありませんでした。

 

 

この日は、同期入団で、埼玉西武ライオンズの1軍投手コーチだった

森慎二さんが、42歳という若さで突然亡くなってしまい、

 

 

(2~3日前まではチームと行動をともにしていた)

森慎二さんのお話も聞けました。

 

また、早実の清宮くんの将来性なども話してくれて

 

 

とっても楽しいトークショーでした。

 

ベンチャントークショーは、

ベンちゃんを眺めているだけでも

とても楽しかった素晴らしいトークショーでした。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed