エントリー

2017年 06月05日 母にスマホを渡す

母親が、携帯(ガラケー)の料金を安くしようと

様々な広告を集めていました。

そして、私に相談して、良い物があれば

それにするつもりのようでした。

 

しかし、母が持ってきた広告を詳しく見ると、

どうも、納得の行かないものばかりで、

「スマホにした方が良いよ」っと、

私はそっけなく言うばかりでした。

 

 

母は、地道に広告を集めるものですから、

さすがに、「変な契約を結んでは、母がふびんだ!」っと思い、

私が勝手に代行することにいたしました。

 

母に、「スマホの格安simにすればお得だよ」っと言う事は、

母に、「スマホにしろ、自分の力で」

母に、「格安simにしろ。自分の力で」

っと言っていることと同様だと思い、

いったん私自身の考えを巡らせました。

 

父が「これやっとけ!」っと言うと、

父は(兄や私も)、やってもらって当たり前、っと言う母の働きを、

幾度となく目にしてきましたから、

「お前がやれ」っと言うことを母に言うことは不憫でなりません。

 

 

なので、母をスマートフォンで

しかも、今までよりも安く、しかも使いやすく便利にするために、

私が勝手に進めました。

母には何も言わずに。

 

まずは、スマートフォン。それ自体(本体)の購入を済ませました。

 

 

これは、各種メーカーの品々を物色したり

simフリーで評判の良い物を調べたりもしましたが、

結局、中古のXperiaを購入いたしました。

2万1千円くらいで、きれいな中古を買えましたから

非常に満足しました。

 

 

 

次に、iijmioとの契約が最適と思い、

一番お得であろううと思われる、BICカメラのネット通販で、

通話付きのDプランを購入いたしました。

 

 

 

これは3千5百50円位で、購入しました。

 

それぞれの商品が家に届き、

中古スマートフォンの動作確認をした段階で、母に、

「スマホを買ったから、今のガラケーはもうすぐ使えなくなるよ」っと言って

「クレジットカードと免許証、今のガラケーを貸して」っと言い、

通信会社であるiijmioと、Webでクレジットカード契約&本人確認を済ませました。

 

すぐに、本人確認のメールが来ると

数日して、iijmioのsimカードが届きました。

 

中古スマホにsimカードを刺し

各種設定や、母が使いそうなアプリなどをインストールしたり、

MPV(番号ポータビリティー)手続きも済ませ、

改めて母親にスマホを渡して

「今日からこれが携帯・・・。じゃなくってスマホだから」っと渡しました。

 

母は、若干は動揺した面持ちでしたが、

すぐにスマートフォンを受け入れてくれました。

 

この時は凄く嬉しかったです。

 

使い方。

電話の発着信・マナーモード。

メールの発着信。

LINEの使い方。など、積極的に聞いてきてくれて、

丁寧に何度でも教えました。

 

老人に限らずですが、

精神的にこたえるのは、人に嫌な顔をされることだと思います。

 

つい最近、私は、家に尋ねてきた父に嫌な顔をしてしまいました。

不覚でした。

 

 

 

この嫌な顔というのは、時に人を自殺にまで追い込む危険があるので

出さないようにしていましたが。

 

約1週間たって、母は、なんとかスマートフォンを使っているようです。

スマートフォンカバーも、購入しようとしています。

 

母が、スマートフォンを便利に思ってくれれば

とても嬉しく思います。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 05月26日 今の自分は甘えている

自分の顔写真を見て、「キモイ」と認識して、

10年前の自分の画像を見て、

太ったなぁ~。っと思うも、

10年前の自分の考えとかを調べてみたら、

良くなることを、一生懸命に考えて、

それなりに「良くなろう」としていたことを知りました。

 

 

そして、今の自分の「良くなろう」としている意識の低さを、

思い知ることになりました。

 

 

かつては、就職して、働き続けられるようになりたい。

っと、言う思いを前提に、

そのためには、あらゆる障害を乗り越えるための

体力が必要と考えていて、

体力作りをなんとなくやっていました。

 

良くなろうという思いで。

 

外食ができないのならば

体力でカバー。

 

外に出て、片道ですべての力を使い切っても

体力でカバー。

 

精神力も、体力でカバー。

 

そんな、少しでも「良くなろう」と言う

気持ちを持っていたようでした。

 

 

しかし、ここ最近は、

症状が出てしまうことは避ける!

の一点張りだったのです。

 

そのおかげで、ゆるやかな、安定した精神状態にはなりましたが、

「良くなろう」と言う気持ちは薄いものでした。

 

 

今の自分は、外食は出来ません。

ですが、なんで出来ないかを、探るべきでした。

外食をして苦しくなる。

その、心の中や思考や精神状態をこまめに記録していくことや

そこで浮かび上がる、非・合理的な思考などをふるいにかけるべきでした。

 

外出にしても同じです。

 

対人関係においても、同じです。

 

今の自分は、あらゆることに障害があるから

障害は、感じない生活をしていこう。っと言う生活が今です。

 

障害を体験して検証するという作業を、全くしていませんでした。

 

良くなるかもしれないのに、

良くなることはないと決めつけたかのような生活でした。

 

 

間違っていても、

空回りでも、

意味がなくても、

「良くなりたい」っと思う姿勢がなかった自分が、

今になって、どれだけ恵まれ、

そして、馬鹿だったのかを考えます。

 

 

日常生活においての障害を減らすためにも、

良くなる希望がありまくりなのですから、

良くなるための試行錯誤を、どうにか、やっていこうと思いました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 05月25日 見た目がキモい私

先日、野球観戦に行った時、

ピンクリボン&ハッピーマザーズデイだったことで

母親と写真を撮ると、色々もらえるなどのイベントがあり、

写真を撮ってもらいました。

 

 

家に帰って、その写真を見た時に

自分の、特に「顔」の気持ち悪さに、

血の気が引きました。

 

 

ブチョッとした顔に、歪んだ顔面。

ひきこもり丸出しな目。雰囲気。

「キモイ」と言う言葉がぴったりです。

 

 

昔からこうだっけ?っと思い、

自分の10年前の写真を見ると

明らかに、違う顔をしていました。

 

体型も気になったので、写真に撮って見ると

絵に描いたような中年太りの体型をしていて、

笑ってしまいましたが、強いショックも受けました。

 

 

当然のように

「ダイエットしよう!」っと思うも、

 

「ヤセたからと言って10年前の見た目になることはないだろう」

「昔はあんなに太りたかったのだから、夢がかなったのでは!」

「そもそも生物が、死に近づく行為。ダイエットなんて出来るのかな?」

 

などなどが頭に浮かびましたが、

それと共に、自分の「醜い顔」も頭に浮かびました。

 

そして、ダイエットなんかできっこないよ。と言う考えの本心が、

「我慢は嫌だ」っと言う、

スケスケに透けて見える、都合の良さも確認できました。

 

 

この生活である以上

あの見た目と肥満は、受け入れるべきじゃないかな。

っと、思いたくてしょうがないのですが、

やっぱり「キモイ」と言うのはマズイと言う思いも強くあります。

 

かと言ってダイエットができるとは、とても思えません。

 

 

40歳代になって、カッコよくなりたいとか

モテたいとかはさっぱり思いませんが、

キモい見た目は流石にマズイと思います。

 

キモさを減らしたいとも思います。

 

精神科の診察の際に、この思いを医者に相談してみたら

「ほっておけば太り続けるかもしれないから

痩せたり太ったりすれば、平均値は上がらないのでは?」っと言う

ナイスなアドバイスをいただきました。

 

それと同時に

「生き物が死に近づく行為であるダイエットなんて出来るんですか?」っと問うと

「痩せたからと言って、若返るわけじゃないしね」っと言うお言葉もいただきました。

要は、やせれば(逆・自意識過剰な)キモさが消えるわけでもないんじゃないかな。

っということだとも思います。

 

10年前の写真を見ていて、

「あの頃は持て余したモヤモヤを発散するために、よく運動していたなぁ」っと

思い起こしました。

 

40歳の今は、運動をしようが、やせようが、

見た目から出ちゃうものは出ちゃうでしょうし

デブはそのままでしょうが、

多少は、

キモさが減るかもしれない。

っとも思いました。

 

 

思い返してみれば、つい最近までは

ノイローゼで、自己否定しまくって苦しんで、

体は、後悔や自己否定で、カッカしているから、

引きこもっているのに、高い基礎代謝。

 

頑張って外に出れば、寒い気候でも、

自意識過剰が発動して、緊張感が強く、汗をかきまくっていました。

そのうえで、呼吸が浅く吐き気をこらえていたのですから。

太りようがなかったとも思えます。

外食どころか、家の食事にも強い苦痛があったものですし。

 

今は、精神的負担はかなり減り

悩んだり、自己否定する精神力が年と共に減ったのですが、

症状だけは残っているので、

色々あきらめて、症状と共に生活をしているのですが、

太ったことは、精神的な健康に近づいているような気もします。

 

体重は減らなくても良いし、

10年前のような体型や見た目じゃなくって当然ですが、

運動することで、「キモイ」が減ってくれれば良いのですが。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 05月20日 対ソフトバンク戦

  • 2017/05/20 22:20
  • カテゴリー:野球

14時プレイボールなので

前日にお酒を飲まないつもりでしたが、

「予定」と言うプレッシャーに負けて

アッサリお酒を飲みました。

 

金曜ロンドンハーツを見ながら

磯山さやかさんの活躍を見ながら、

なんとか「予定」を忘れたふりをしながら。

 

 

しかも、夜中にコンビニに行って

ラーメンを購入して食べました。

 

 

お酒を飲みながら、

ラーメンを食べながら、

眠る前に、

「絶対に明日の野球観戦は体調不良だろう・・・」

っと思うと共に、

「予定がつらいんだから、変なストレス抱えずに、楽しく飲んで食おう」

っと開き直おったり、忙しくしました。

 

 

目覚ましが午前11時なって、すぐに止めてまた寝ると

次に目覚めた時は、12時を超えていました。

 

慌てて起き上がり、

アルコールで乾燥したノドを水でうるおし、

準備を整えると、13時を過ぎていました。

 

が、「この際もう、下手に慌ててもしょうがない」と思い

お腹を締め付けるパンツのゴムをずらして

せめて、お腹の具合が悪くならないように。

吐き気や息苦しさなどの予期不安が出た時のためにも、

お腹周りをゆるくして、出発いたしました。

 

 

地元駅まで自転車で向かうと

駐輪場はどこも満車で、

地元の自治体と鉄道会社の無能ぶりに「イラッ!」っとしました。

 

私の地元の駅の真上は、タワーマンションです。

 

駅の5階からは、マンションなのですが、

駅という、みんなの公共物の上に

個人の所有物を企画する、自治体と鉄道会社の

無能っぷりには頭が痛くなります。

 

 

常識からして、利便性が高く、人が多く集まるみんなの公共物の上には、

公共物を建てなければおかしいはずです。

 

駐輪場を希望ですが、

図書館や役所、警察署や障害者施設。

お年寄りのための施設や、保育所、病院などです。

 

特に、障害者やお年寄りのための施設は

高い公共性を持つ利便性の高い、駅の真上という場所がら

真っ先に作るべきだと思うのですが、

私の地元の駅の真上は、マンションが立っています。

 

そして、お年寄りや障害者の施設は

駅からバスで20分位のところに、幅広く点在しています。

 

 

球場に着き、日差しの強さを強く感じたので、

まずはコンビニに行き、アイスコーヒーを買いました。

 

 

今日は、来場者全員に、

西武ライオンズが、埼玉西武ライオンズと、

埼玉を名乗り始めて10年目ということで

来場者全員に、アニバーサリータオルをくれました。

 

 

すでに球場は人でいっぱいでした。

公式記録でも、3万人を超えていたので

ほぼ満員状態だったと思います。

 

席につくと、回は3回。

試合はすでに動いていて、1点取られてからの

5点を取り返すという展開を終えていました。

 

 

そこからさらに、試合が動いていました。

 

私のおなかの、空腹アラームは、

「空腹だよん」っとお知らせして来ましたが、

私は、自分の空腹アラームが、外食という

私にとっては拷問になる、悪魔の誘いですから、

食べたい物はたくさんありましたが

我慢しました。

 

先発の佐野投手が5回を投げきって

勝ち投手の権利を得て降板。

6回、武隈投手。

7回、牧田投手。ホームラン打たれました。

8回、シュリッター投手。

9回、増田投手の、投手リレーで、試合に勝ちました。

 

 

良い気分です。

 

ファンクラブ抽選の、プレゼント(日向夏ジュース)も当たり、

ニコニコで帰宅いたしました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 05月07年 対楽天戦(楽天先発岸)

  • 2017/05/07 21:30
  • カテゴリー:野球

メットライフドーム(西武球場)で行われる

楽天戦(1位)の試合を観戦してきました。

 

13時プレイボールということと、

ここ最近の体調不良もあり、

お酒を飲まずに過ごす日々で、

夜も寝付きが良くなっていたはずでしたが、

布団に潜っても全く寝付けず、

朝6時頃にやっと眠れることが出来ました。

 

8時半に起床後、

サンデーモーニングで、張本氏の「アッパレ&喝」を見た後

 

 

コンビニに出向いてパンとコーヒーを購入。

 

ここ数年、近所のセブンイレブンは

どの時間に行っても大繁盛です。

 

爆笑問題の、サンデージャポンに

古谷経衡氏が出演しているのを見ながら

 

 

パンを食べました。

 

 

何やらジメジメしたような気候の中

球場に到着。

 

 

 

今日は、ハッピーマザーズデイ。であり、

ピンクリボンデーでもあったので

 

 

母親と観戦いたしました。

母親は、全身転移のガンなので。

 

席についてから、

 

 

母親と共にいったん球場を出て

球場周辺で行われていた、

イベントやサービスを堪能しつつ

コバトンや埼玉っちともたわむれました。

 

首位楽天の先発は、

昨年オフに、埼玉西武ライオンズからFAで

地元球団の東北楽天イーグルスに移籍した、

スーパーエース、岸投手。

 

 

西武ファンのブーイングが多く聞かれましたが

楽天ファンは、早くも岸投手のグッツを多数購入していて

東北の岸。を、一生懸命に応援していました。

 

 

 

かたや、埼玉西武ライオンズの先発は、

西武に入団以降、連続して勝ち続けている

助っ人外国人ウルフ投手。

 

 

 

1回が終わり、試合は早くも投手戦かと思われましたが、

楽天の先頭打者が、ノーアウトからの2塁打。

バントで送り、ワンアウト3塁。

そこで楽天が

スクイズ(バントして3塁ランナーはホームに突っ込んで得点する)を敢行。

先取点を取られました。

 

これにウルフが動揺したのか、

ヒットを打たれた後、

ホームランを打たれてプラス2点。

合計3点を取られてしまいます。

 

その後は、ウルフが踏ん張って失点を抑えるも

西武の攻撃は、ヒットが出るものの

つながりがなく、得点できずに回は進みました。

 

7回。

中村選手がいきなりホームランを打つと

続くメヒア選手も、ホームランと、

連続ホームランで1点差に詰め寄ります。

 

が、やはり打線がつながらず

1点差で負けてしまいました。

 

 

母親は、

岸投手や、

楽天のクローザー、松井裕樹投手が見れたこと。

 

 

中村選手とメヒア選手のホームランが見れたし、

色々と楽しかったようなので、そこは良かったですが。

 

試合が終わり、ヒーローインタビューを受ける楽天の岸投手。

「あぁ、岸は敵になったんだ・・・」っと改めて思いました。

 

もともと地元志向の岸投手は、

プロ入りに際して、

地元の楽天にしようという思いも強くあったようですが

西武のスカウトが中学生の時から通ってくれていたことに恩義を感じて

西武に入団したので、なかなか敵とは思い難い投手ではありますが・・・。

 

母親と、記念撮影をしたので、

帰宅後その写真をチェックしてみたら

自分の顔面のブサイクさに凹みました。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 05月03日 冷凍食品で体調不良

  • 2017/05/03 22:50
  • カテゴリー:体調

ゆっくりと坂を下るように落ち込んできた体調が

ここ最近、ガタガタと崩れてきたので

流石に具合が悪くなりすぎて、

刺激物やアルコール等を控えていましたが、

一向に回復のきざしがなく、へきえきしていました。

 

 

コーヒーやアルコール等ではないとすると

5月に差し掛かってきたからか、

それともストレスの悪化か、

やっぱり酒を飲みすぎてしまっていたか。

 

などなど色々と考えましたが、回復しませんでした。

 

アルコールや刺激物を断っているので、

ストレスは溜まりますが、

体調の悪さに変化が見えません。

 

ストレスやアルコールではないとすると

この体調不良はなんだろうと考えた時に

「おつまみで食べていた冷凍食品」が思い浮かびました。

 

半年くらい前から、冷凍食品をおつまみにした時は、

「安い」「うまい」「簡単」であり、

「今まで損してたわぁ~」っと思っていましたが、

体調不良の原因だと思うと、自分の頭の悪さに泣けました。

 

 

アルコールを断ったと同時に、

おつまみである冷凍食品も断ってはいましたが、

冷凍食品のラーメンを食べて具合が悪くなったあたりで

さすがに気が付きました。

 

 

冷凍食品で検索をかけたら

あまり目立たないとは言え、やはり体調不良になる人もいるようです。

 

私の場合、体調が悪くなるまで

「美味いわぁ~」っと思いながら

喜んで毎日食べていましたから

体内に蓄積された、冷凍食品に含まれているであろう

体に悪い物の影響で、

体調不良が抜け切らなかったのでしょう。

 

 

しばらくして、かなり久しぶりに、グッスリたっぷり寝ました。

ここ最近は、たっぷり寝れることはあっても

グッスリ寝た記憶が無いことに気が付きました。

 

起床してみると、体がだいぶ楽になっていました。

 

冷凍食品産業は、ここ最近かなりの攻勢に出ているようですし、

検索をかけてみても、あからさまな記事は見つからないので

あまり悪くはかけませんが、

私はもう食べたいとは思えなくなりました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 05月03日 購買意欲と必要性

母のパソコンのスイッチを入れた瞬間から、

ベープ音がなるので、

ソフトではなく、機械の故障だと思い、

まずはハードディスクを交換。

スイッチを入れてみても

変わらずに、即、ベープ音。

 

ハードディスクを元の物に戻し、

メモリーを一本抜いてみたら無事起動しました。

 

しかし、軽量Linuxの WATTOS R-9 を使っているとは言え、

メモリー512メガバイトでは、

あからさまに遅くなったので、

ギガバイトのメモリーが安かったら買ってしまおうと思い調べたら

結構安い(千円代)ので、

2Gのメモリーを購入いたしました。

 

そのついでに、私自身のBTOデスクトップパソコンの

メモリーを調べてみたら、お安くなっていたので(千円代)、

こちらは、2Gを2本購入しました。

 

ついでに、母のパソコンのCPUも調べてみたら

3千円くらいで、上位のCPUが中古で売っていましたが

パソコンの使用年数や、他の中古パソコンと比較した結果

3千円は高いと思い、止めておきました。

 

それでも、512メガから、2Gにメモリーを変えたことで

とても早くなりました。

 

私のパソコンのCPUをヤフオクで調べてみたら

中古が千円代であったので、購入しました。

 

普段使いには影響は見えなかったですが

動画の圧縮などが、かなり早くなりました。

 

購買意欲が高まり、

PSVITAの実況パワフルプロ野球2016を検索したら

まだまだ現役なのか、5千円以上でしたので、あきらめました。

 

他にも、ゲームのソフトを幾つか検索すると

ブックオフが価格を主導しているようで

どのゲームも割高感が強いので、購入は断念しました。

 

PSVITAは、実況パワフルプロ野球が出来るゲーム機なので購入しましたが、

その他に持っているゲーム機は

PS1・PSP・PS2になりますので、

面白いゲームがあったら購入したいところですが

めんどくさいので、購入も控えています。

 

PS4が発売されて、さらに、VRなども発売されているので

PS3の中古が安かったら買おうかな。っと思うも

いぜん高いので買えません。

 

任天堂3DS(?)も高いですし。

 

40にして、ゲームをやっている事自体

自分では想像もしなかった40歳ですが

60歳になって、PS4の中古とかを買ったりするのかもしれません。

 

ただ、60まで生きられるのか。

60になった頃にそんな余裕があるとは思えませんが。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 04月29日 対 千葉ロッテマリーンズ

14時プレイボールの

野球観戦に行ってまいりました。

 

予定を、強いストレスにしてしまうセンスを持っているので、

数日前から、胃が荒れたり、吐き気が強くなったりしました。

 

今日の先発は、

国民的アイドルだった、石川梨華さんと、

 

 

結婚したばかりの、野上亮磨投手。

 

 

開幕から、安定した投球で、

当然勝つと思いながらの観戦でした。

 

 

今日は、パ・リーグ親子プロジェクトの一環として

コロコロ・コミックの協力を得ての試合でした。

 

ちびっ子は、特別に、コロコロ・コミックや、ベイブレードなど

たくさんのプレゼントがもらえることもあり、

沢山のちびっ子が来場していました。

 

残念ながらオッサンの私ですが、

「かっとばせ!キヨハラくん」でおなじみの

河合じゅんじ先生が描き下ろした

「かっとばせ!おかわりくん」の

イラストカード(4コマ漫画2個付き)を頂きました。

 

 

先日、精神科を受診した時に、

「球場に行くと「どうせ飲食できないし」っと、テンションが下がるんです」

「あんなに楽しかった球場が、飲食店だらけの球場だから、なんか悲しいです」

っと、先生に相談してみたところ、

「飲食、やってみたらどう」と言う言葉を受け、

山川選手プロデゥースの、沖縄まぜそばを買おうとしたら、

プレイボール前に売り切れていました。

 

 

気持ちを変えて、おかわり君こと、中村選手プロデゥースの

おかわり焼き、を購入しました。

 

 

なるべく緊張しない環境に移動し

一口目を食べてみたら、美味しかったのですが

アッという間に、苦しくなってしまいました。

 

頭の中で認知行動療法をしたりしましたが

悪化の一途を辿り、苦痛と言いますか

食べることも、

残すことを考えることも、

お好み焼きを持っていることも、

拷問に近いものがありました。

 

食べる前からすでに、不安と緊張を高めてもいましたし

購入する前から、

「食べたら苦しくなるだろう」

「思い浮かぶ最悪の事態が次々に頭に浮かんでくる」

「まともに人間として家に帰れるだろうか」

などなど、買う前から不安でいっぱいでした。

 ですが、なんとか食べきりました。

 

席に着き

 

 

お好み焼きを食べる前に抱え込んだ不安や緊張と、

食べた後に抱いた、不安と緊張を抱えながら

落ち着きなく

なんだか悲しい気分でした。

 

試合は、ロッテの先発が非常に良く

対象的に、西武の打撃陣は得点できずの

ストレスが溜まる展開。

 

終盤、打線がつながり得点するも

最終回にホームランを打たれて、終戦。

 

 

終盤の得点時にはとても盛り上がりましたが

ホームランを打たれたことでテンションが激落ちして

試合終了前に帰りました。

 

試合終了後の、こんでいる電車に乗るのも不安でしたし。

 

帰りの電車の乗り換え時に、階段の昇り降りの時に

「倒れたらどうしよう」

「頭がクラクラしてきた」

などの不安が膨らみ

地元駅では、階段を使わず

障害者用のエレベーターを使いました。

 

障害者手帳を持っていないので

エレベーターを使っていることを、怒られたらと心配してしまいました。

 

帰宅前に雨が少し降り出しました。

ひたすら疲れました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 04月20日 吐き気、胃酸過多、荒れ、胸焼け

わりと頻繁に起こることなのですが

胃が荒れて、胃酸過多になり、胸焼けを起こし、吐き気を併発しました。

 

お酒の飲み過ぎか、ツマミに食べている

冷凍食品のせいなのか。

 

それとも、自分ができないことに対するストレスなのか。

外食ができない不満から来る

夜中のドカ食いのせいなのか。

 

わりと起こることですから、

どれが原因かは分かりませんが

昨夜は明らかに吐きそうになりましたから

(胃のモノは吐かなかった。その後ドカ食いした)

何が原因にしても、サラサラお酒を飲む気はありませんでした。

 

お酒や、おつまみの冷凍食品が

内蔵に過剰に負担を与えていると思ったからです。

 

飲んではいけないと思いながら飲むお酒ほど

自分を責める材料にしてしまいますから

飲まずに居ました。

 

ただ、どうも、内臓の不調の原因は

部屋においておいたペットボトルのお茶が腐っているか

そのお茶を飲むカップの汚れが原因のような気がしました。

 

お酒を飲まず、内臓を測っていましたが

寝床で内蔵の様子をうかがっても

肩や首顔面がリキむばかりなので

何度かお酒を飲もうかとも思いましたが

「お酒を飲んではいけない」と思いながら飲んでもしょうがないので

布団でゴロゴロしていました。

 

明け方になり、朝になり、ゴロゴロしながら内蔵をうかがいました。

 

午前中に少し睡眠が取れて

午後に少しだけ用事を済ませました。

 

気おつけたのは

「疲れている時ほど、色々やろうとする!」ということです。

 

どう言う訳だか、

体も精神も、疲れている時ほど、頭の中で予定を乱発して

こなそうとしてしまいます。

 

ですが、ここは自重して

わずかな予定にとどめておき

それで良しといたしました。

 

もし、ストレスせいで胃が荒れたのならば

私はストレスに弱すぎる気がします。

 

お酒やおつまみのせいならば

ある程度納得は行きます。

 

腐ったお茶のせいならば、同じことの繰り返しでした。

 

精神も弱ければ、内臓も弱い。

体力もないただのヘタレでしかりません。

 

こんな私がこの先、生きていけるかを考える必要があるのでしょうか。

 

普通の人が出来ることが出来ないのですから、

先を思っても不安しか浮かばないに決まっています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

2017年 04月19日 車も運転できないポンコツ

最近、母(69)に

「あんた車の免許とってよ」っと言われます。

父親(78歳)が母を運転手としても使いたいようです。

 

本来ならば、私が、免許を取得して

父や母の要望に応えられる

ドライバーになっていなければいけないのだと思います。

 

私は、20歳の時に教習所に通いました。

そして、精神的な不安定さから来る、身体的症状で

引きこもってしまいました。

 

マニュアルで、仮免まで行きましたが

つらくって、行けなくなりました。

気合だけで通ってはいましたが

一回休んだら、気持ちの糸が切れてしまい

その後通うことはありませんでした。

 

今、自動車免許がほしいとも思いません。

 

自分の集中力のなさは致命的で

技術的には免許が取れても

自分で自分を信用できません。

 

緊張状態で、どれくらい集中力が持つのか。

1回運転したら、かなり休まないとウツから抜けられないとも思います。

 

テスラモーターなどが販売している、

高高度の、運転補助機能は、かなり期待していますが、

普通の人が普通にできることが

私にとっては、過酷な修行のようなものですから

とても運転免許を取得して

車の運転などは、出来る自信もございません。

 

でも、親の要望にも答えたくもあります。

その一方で、出来ないことはやはり怖いです。

 

自分が情けなくなります。

 

みんなが当たり前にできることが

出来ない自分の、情けなさ。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

ユーティリティ

2017年08月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed