エントリー

2006年10月の記事は以下のとおりです。

2006年10月22日  流し書き。どうでも良い夢。

・稽古場での夢。
普通の戸建の家の中で
準備体操とかをしながら
知らないけど同じ系列の人から
「月曜だけ出てるんですか?」
などとか聞かれるが
初めて会う人としか思えない。
稽古が始まる。

・広い畑や遺跡の発掘場所
地面が土の学校のような場所でもある。
もうだいぶ昔に2度ほど話をしたことがある女性。
その畑のような場所を案内するように歩きながら
その女性が彼氏さんと話をして
彼氏さんが居ることが分かってすごく凹む。
学校。話しながらその女性と歩く。
その女性が彼氏さんと挨拶する。
ショックを受けて凹む。
土山の上にある岩がごろごろある場所を
ほぼ手だけで上ろうとして結構うまく進る。
学校のいろんな場所でものすごく気になってしまい苦しくなる。

翌日に運動会のようなものを控えた学校のような場所。
色々な色で校庭をチョークで彩る計画のようだ
(青いチョークを丁寧に配する女子多数)。
その端の学校の横の場所で。
穴を掘って畑を作っているよな作業。
畑ではない。
溝、山、と言う感じに土を掘って盛る。
知らない普通に温和そうな人が一生懸命石を掘り出している。
大体皆が終わりその人の場所だけで、
その人の掘った溝に入り一生懸命石を掘り出していて
掘り起こす。
達成した感じのその人だが
僕は遠慮気味にその人に石は関係ないからと
元に戻すように言う。
そこの場所の山に土が足りないので
そこに土を盛る。

受験か受験の学校に向かう。
電車が発車しそうなときにエスカレーターに乗るが
その電車をあきらめる。
その横を2人のおばあさんがダッシュで横切る。
1人はそのまま満員電車に乗り込む。
もう一人はエスカレーターで転んで支えようとしたが
支えきれずに落ちていってしまう。
しかしまた上ってきた。
その電車を友人たちと乗るのやめようと言う雰囲気で
駅にとどまる。

2006年10月20日  咳き込む人々。

僕が病気の初期症状で最初に出たものが
セキ
でした。

季節的に乾燥していますし
咳き込む人が多くなっているように思います。

のどに小さなエヘン虫が!
そんな理由なら
龍角散を食べれば良いと思うのですが
怖いのは
それがストレス性によるセキ(咳払い)だった時です。

棺桶にマークされている年齢の方のセキは
それはそれで怖いのですが
咳き込む
咳払い
セキを気にしてしまう。

それがストレスから来るものだった時は
僕は、誰であろうと
病院に行ってほしいのです。

咳き込み→手や顔がやつれる。
見て分かる順序ではそんな感じでした。

ストレス性のものであれば
(僕が)怖いので
バイトをしていた時はバイト先で風邪かストレスかを聞き
ストレスでないことをとにかく思いました。

そりゃ、健康でエネルギーがあれば良いんです。
そこに精神論。
体育会でも
生徒会でも
日常生活でも
ギャングやヤンキーでも
精神論が作用することは当たり前だと思いますし
中畑清が「絶好調!」と叫びまくればいいのです。

でも、
バレンタイン監督ではないですが
調子の良い選手を起用して
時には「チームの為に2軍に行ってもらう」こともある。
でも、「私は君を使い続ける」。
好きな人に言われたら
婚約じゃないかと思えるせりふです。

体が出すシグナルは
結構普通すぎてスルーする人が多いように思えます。
あるある大辞典を見ている時間を
自分の体からのメッセージを言葉にする時間とかにして欲しいのです。

芸を封印した芸人たちの健康番組を見ている場合ではないのです。

確かに病気になったことで得たものは沢山ありましたが
健康は望んで得られるものではないのですから
出来るだけ多くの人が健康を維持し続けて欲しい意と思います。

2006年10月19日  タバコが吸いたい…。

兄が喘息になって
病院に行った事ですっかり改善したものと思っていました。

思い返してもみれば
診察即点滴でした。
診察は1日に3~4回あったと思います。

しかも翌日には
苦しくなってまた点滴を打ってもらったとか。

病院に一緒にいった日は
知っていましたが
次の日まで苦しくって点滴を打っていたなんて…。

しかも、
精神的なショックがとても大きいようで
不安が先にあって寝れない様子も伺えて
タバコが吸えません。

困りました。

イヤ、
コレで困ったら時代と逆行しますし、
欧米で言われるところの
出世できない人になってしまうのですが
そもそも就職したことがないので
やはり困りました。

ガンガンタバコを吸いたいです。
さすが、ニコチン!
いつか、いつの日にか
このニコチンと言う名前を
突っ込んでやろうと思っていたのですが
今兄の部屋から咳き込む音が聞こえてきたので
ネガティブです。

でも、タバコは吸いたいけど
この状況で吸ってもしょうがないですし。

兄もタバコは吸うのですが
今回の喘息と言う診察を受けて
タバコを医学と保険証の力を借りて
やめると言いかけていたので
難しいいところです。

寝る前に1本吸いたいですが。

兄が咳き込んだら
ネガティブですし。

JT…。
¥をターンバックしてください。
そのお金で僕は
空気清浄機を買いますから。

2006年10月19日  そもそもタバコをすいだしたのは

中学生の頃
僕には、友人が居ませんでした。
居たのかもしれませんが
すごく下向きに生きていました。

そんな中にあって
タバコを吸う場所は
学校ではトイレ
友人の家や公園。
場所が決まっていたので
私は
友人達と同じ場所に居る理由として
タバコを吸うことを選びました。

咳き込んでばかりいましたし
明らかに体に悪いことも知っていましたし
部活の強い妨げでもありましたし
軽蔑の対象にすらなりかねませんでした。

でも、
居なければならない場所で
居るべき場所がなかったのです。

この手の感情は
経験したことのある人にしか分からないと思いますが
多感と言われるこの時期に
みじめとか屈辱とか
まったく上手く書けませんが
自分の心を殺すことなんて当然出来ないですが
そうする必要を自分で感じたと言うか
なんだか苦しい時期でした。

タバコを吸う事で
少しだけ居場所の開拓に成功しました。

少しじゃないですね。
相当救われました。

でも、部活はあからさまにやる気が消えてなくなり
必ず吸っていたわけでもなかったので
居場所の無さはきつい物がありました。

内ポケットの中にタバコとライター。

居場所に行ける宝物。

その時から吸い続けています。
後悔は無いですが
辞めれば良いだけの話なのですし
マナーに良くないようですし。

あ!
あと30分で販売開始だ。

2006年10月18日  TOKIOが頼もしく見えます。

トキオが出始めの頃は
解散するか消えていくと思っていました。
長瀬さんがとても若かったその当時に
グループの仲の良さを熱心に言っていました。

そのトキオの国分さんが
学校の先生の役をしたりする年月。

長い時間がたっていることを実感させられます。

そのうちに
平成生まれの艶女神達が解禁になって行き
昭和臭い私などは
気が付けばDVDを集めてばかりいそうです。

もうすぐ30歳。

年齢を重ねていくことは
面白いことも多いけど
不安も
寂しさも
溜息も
ず~っと変わりがないようにさえ思えてきました。

実際は
全然違うんですが。

彼女が居た時には、この季節は大好きなくらいですし
友達の居る所に行ったらそれで満足で満たされ
バイト先では金はもらえるは楽しいはですし
その金がまた使い方色々だったり。

30歳はリミットを越えちゃうし、
上手くいかないもんだ(反省ゼロ!)。

2006年10月18日  ナゼ規則正しいい生活をしくじるんだろう。

酒を飲むからに決まっていますが。

週末に兄の喘息を経て
月曜から火曜日の夜まで寝てしまいました。

何時間寝てしまったのだろう?

頭痛と間接のだるさ。
とても起き上がる気にはなれないだるさ。
病院の予約を飛ばしてしまいました。
薬が無くなっては困るので
予約しなおさなければ。

今日の午前中は洗濯ざんまい。
日が当たり、汗ばみましたが
それ以外はとにかく横になっていました。

静かに、早く落ちる陽は
『ハヤイ!』と思う気持ちとは関係なく
冬に入っていっているみたいです。

買い物にも行かなければ。
風呂を洗わなければ。
ジョギングに行ける体調にしたい。

風邪をひいて熱が出ているかのようなだるさです。

二日酔いです。

2006年10月14日  ネットをやりすぎている

家事手伝いで
暇ではないけども
暇な時間があることはあったりします。

洗濯機を回している時や
買い物前に一息ついているときとか。

ここ最近
その間中に何をやっているかを考えてみたら
ネットばかりやっていました。

さすがにコレはまずすぎるので
生活を見直さなければ。

何をしよう?

土日に考えることじゃないかも。

とりあえず
ジョギング。

2006年10月14日  [給料いくら?]10/14 (土) 12:30~13:55テレビ東京

すごいなぁ~・・・。
すごすぎるよ。

テレビ東京のセンスが。

「お隣の給料大公開SP
29歳車掌VS35歳設計士月の手取り多いのは?
仲良し奥さまがギスギス
ゲスト 松本伊代 / 西村知美 / キャイ~ン 司会 さまぁ~ず / 大橋未歩」

家持ってたり庭持ってたり
こずかいが1000円だったり
お昼ごはんを家に一度帰って残り物を食ったり。
DIY精神に溢れていたり。

でも、
子供が居て奥さんが居て
幸せがあるからあんまり我慢じゃないのかもしれないなぁ。

実にうらやましいいですが
良い旅夢気分の方が見たかったかもしれないけど。

収入とかの開きって
子供や奥さんが居る家に帰ったら
問題外なのかもしれないなぁ。

うらやましいけど
途中まで見たこの番組はいったいなんだったんだろう。

どういう企画書を書いたんだろう。

経験があったり
責任が強くって資格が難しい仕事が収入が多いのは
当たり前だと思うし。

結局目に付いたのは
子供と楽しそうにしている
父親達の笑顔だったのですが。

そういう番組だったのかな。

2006年10月14日  暇すぎてパソコン

パソコンばかりして
日が落ちたらジョギングを思考していたのですが
今日はしないことにしました。

激しく咳き込む兄が
僕の部屋に来て
ものすごく辛そうにしながら
「くそぉ~」っとつぶやきました。

おそらく
突然咳き込んだのでしょう。
相当苦しそうに
それでいて
ものすごい焦りを感じました。

体を触ってみたら
ものすごく熱くなっていました。

本人は過呼吸を心配していましたが
意識して見ると
突然の激しい咳き込みにより
テンションが上がりまくっちゃって
おそらく、呼吸が小刻みに活発化して
毛細血管の伸縮を促し
気管支などに負荷がかかって
より苦しみを増す結果になったのだと思います。

くやしさがにじみ出ていました。

正味な話
色々と変えようの無いことに
ずっとずっと苦しんでいるのだと思いますが
「申し訳ない」
としか
思うことができません。

そしてジョギングには当然行く気にはならないので
申し訳ないと思いながら
パソコンをカタカタと打っております。

2006年10月14日  う~ん

兄に軽くマッサージをして
その後ちょっとした雑談。

兄に病院を勧めました。

呼吸が苦しそうだし
寝つきも悪そうだし
ジュースの味に違和感を訴えたので。

兄の機嫌を損ねてしまいました。

難しい。

兄は走りすぎていると思うのですが
行きたいけれども行きたくないという理由で
押してまで行く人ではないですし。
押したらむしろ行かないことを頑なに選ぶ人でもありますし。

仕事によるストレス。
ストレスによるお酒の飲み過ぎでの肥満。
交友関係での忙しさ。

兄は表に出さないことは
自爆するまで出してはくれません。
自分自身を攻めすぎて塞いでしまいます。

兄はおそらく
仕事による過労と
交友関係の忙しさと
連続した旅行と
そのすべてにおいての疲れによる
「疲れが辛いよ」って言う信号無視をしすぎた
ように思います。

「早く病院に行くと治りも早いよ。」

そんなこともいえません。

喘息としか思えない症状が露骨に出ているのに。

おそらく熱は出ないでしょう。

呼吸の苦しさから
ギリギリまで病院を選択してくれないような気がしますが
それでは困ります。

兄の仕事のストレスは
普通の人が感じるものよりも多いような気もします。
兄は、記憶力や応用力、好奇心と反応といった類の才能に
恐ろしく恵まれている上に
人に好かれていくのですが
幸せな時間が
あまりないような気がします。

幸せな時間はどこかで作って欲しいとは思っていますが。

ストレスを発散するといった類の解消法は
本当は無いと思います。

幸せな時間を過ごす事で
休むことができると思うので
兄には幸せな時間を作って欲しいのですが、

兄は辛いストレスを
辛いストレスで相殺しようとしているようで
兄が苦しむことは
チョット厳しすぎます。

兄が辛そうにしたり、病気になった時は
「余裕余裕」
という心構えで接して居ますが
ここまで健康で居て欲しいと思う人は居ないので
どういう風に言ったらいいのだろう。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2006年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:2013年 2月07日 読了
2018/06/14 from じゅうのblog

Feed