エントリー

2018年 04月15日 大谷翔平

  • 2018/04/15 17:30
  • カテゴリー:ブログ

メジャーリーグでの活躍が

これ以上無いくらいに上手く行った大谷翔平投手だが、

アメリカメディアは、大谷の素性に興味を持ち始めているらしい。

野球以外の、23歳の青年としての大谷は一体どう言う人間なのかと。

 

数年前に、別冊カドカワと言う雑誌が

1冊まるごと大谷翔平の本を出版した。

 

かつてアメリカでメジャー契約を獲得したことのある

野球OBや、日本野球界のスター選手などが

大谷の2刀流について、評論を主体とした本だが、

トップ記事での、大谷のインタビュアーは

アイドルや芸能人などに、様々な話題を振る

吉田豪というインタビュアーが対談形式でインタビューを試みた。

 

結論から言うと、どんな話題を振ろうが

野球がうまくなることにしか興味がなく

それ以上もそれ以下もないということ。

 

インタビュアーが未熟ではない。

編集者が下手なのでもない。

大谷は、野球がうまくなること以外には

ゼロという言葉がぴったり来るほど興味が無いのだ。

 

お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんに

音楽は何を聞きますか?

っと尋ねれば、お母さんが聞くものと答えるだろう。

好きな人は居ますか?と聞けば、お母さんと答えるだろう。

いくらなんでも、お腹の中の赤ちゃんと大谷の野球が上手くなりたい気持ちを

例えに出したのは大谷選手に大変失礼をしてしまっているが

彼は本当に野球がうまくなること以外、なにもないとしか思えないのだ。

 

 

そんな人間に、女性のタイプは?と聞けば

野球がうまくなることをまず考える大谷ならば

「一体この人は何を聞いているのだろうか?」と思うだろう。

同じように、好きな音楽は?メジャーで成功したいですか?

と言った質問は、大谷にとって答えようのない質問だと思われる。

 

良く言えばストイックだが

悪く言えば、野球が上手くなることだけにしか興味がない

変わり者。の可能性が極めて強い。

 

日本での指導者や、球団なども

彼の生活は厳しく管理した。

それはまさに大谷が望んだことでもあると思う。

野球が上手くなることが

大谷にとっての何よりの娯楽であり、生きている証でもあるからだろう。

 

私は、メジャーリーグと言う世界最高の舞台で

エンジェルスというチームに入ったことは、

大谷の将来を考えてくれている

最高の球団に入れたことを喜んでいる。

 

大谷は、まだ花を咲かせてもいない、

やっと双葉から茎を伸ばし始めたに過ぎない選手で

あると思うし、

エンジェルスのGMや監督もそう考えてくれているようだ。

何より本人が、もっと野球がうまくなれるはずだから

もっと上手くなりたいと、考えているはずだろう。

 

どうか、アメリカのマスコミやファンの皆様には

暖かく見守ってほしいと願うばかりです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:2013年 2月07日 読了
2018/06/14 from じゅうのblog

Feed