エントリー

2006年10月30日  メンドイ社会

親の親の世代の人達。
もしくは
そのまた親の世代の人達は
おそらく、
今の24時間労働に匹敵するくらいのことはしていたと思います。
その意味においては
精神論や元気な人や少しうるさい人がいるのも
非常によく分かるのですが
その時代には同時に根強い差別が存在していたことも
見逃せないとも思っています。

モチベーションが、幸福の追求ではなく
生まれながらの身分と差別意識があったのだとすれば
過剰労働やアナーキーな行動自体は理解できます。

少しカリスマ性を持った者が存在した場合
アナーキーの方向に走るでしょうし
生まれながらの身分制度は
差別意識からの行動力に繋がるとも思いますが
予想に過ぎません。

現在は、幸福の追求にそのモチベーションがあるために
少ない疲労で大きい楽しみにあると思うのですが
おそらくこの影響下で
30~50年近く、過剰労働が激減したのではないかとも思われます。

でも、これは悪くもなんとも無くって
良いことのようにも思いますが
幸福を追求する権利を有することが
少ない労働で大きな楽しみにリンクしてしまい
抜け落ちてきたものも多いと思います。
でも、この権利はとても大切なものだとも思います。

幸福の追求だけが有する権利ではないように
めんどくさい事や嫌なこともまた義務だったりもします。

だからと言って
国や社会にだまされるのならばともかくとして
(そんなことに気がつけるわけがないですから)
個人や集団や企業レベルにだまされるのは
痛い人生坂道ころころになっちゃいます。

差別社会は最悪です。
その視野の狭さは
幸福追求に比べたら無いも同じくらいの視野の狭さだと思います。
(欲しい物が必需品だったりするくらい)

でも幸福の追求を求めるのならば同時に
リスクや危機感と
それに伴なう勉強もまた必要なので
めんどくさいですが
体を動かし頭も動かすことを
チョットでも良いから
しなければ行けない世の中なのかもしれません。
あぁ、めんどくさい。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://kappa.parasite.jp/freo/index.php/trackback/94

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:2013年 2月07日 読了
2018/06/14 from じゅうのblog

Feed