エントリー

2006年10月29日  Mr.弟

兄が喘息から解放されそうです。
一過性で済むようで実に嬉しいことです。

そして兄は今日のお昼から焼酎あおってました。

2冊の漫画を読ませてくれました。

面白かったのですが
元気になるとは言い難い本ではありましたが
面白かったです。

母親の帰宅を見計らい
夕飯をどうするかの電話をして
おすしパックを買って来るとのことでしたが
どちらでもいいと思ったし
米を食いたくはなかったので
買ってこなくて良いと伝えて
買い物に行きました。

帰宅後
炊飯器にはあまりお米がなく
昨夜作った鍋もカラカラになっていた母に言いました
「俺は今日食っていない」
生まれ付いてのMr.弟!
そう私は自分を呼べそうです。

兄は喘息になってタバコを辞めたそうで
医者にそのことを言ったら
「タバコ辞めると5キロ前後体重増えるよ」
といわれたそうですが
その時にはもう増えていたそうです。
そのことを知らない僕に母は言いました。
「食べすぎ!ストレスじゃないかしら?」

「チョットあんた食べすぎよ」
「じゃあもう食べない」
「そう言うことじゃなくって」
「だって食べすぎなんでしょ」

長年、弟と言う
美味しくって甘い地位を独占してきましたが
今日は気分が落ちすぎている上に
本人が居ない前での本人の話を聞かされたことや
洗濯ばかりしているのが救いがない。とか、
兄が見せてくれた漫画の症状が
実に僕の症状とそっくりだったのですが
大家である漫画家の先生の手によって
面白く書かれていたこともあり
笑っている兄の横でドンドン暗くなっていく自分も嫌でした。
「コレ経験したよ。このままだった」

兄との関係は
やはり気を使いあう関係なのでしょうか。
僕が使わせているのでしょうか。

兄と母の間の潤滑油。
僕は今日はそれをパスしました。
母と父の潤滑油だったこともあれば
祖母と父や兄と父の潤滑油たることもせっせとやってきましたが
今日それをすぐパスした一番の理由は
酒飲みながらドリフ大爆笑が見たかったからなのでした。

冷蔵庫に買ってきたものを収納しながら
皿に出来合いのお惣菜を取り分けながら
母に「俺はもう今日寝るから」と言いました。

兄がどうしてそういった行動をとるのかは僕は予想できます。
そして、その予想通りならば
僕が一番正気を失っていたときに
自分を犠牲にして僕をフォローし続けてくれたことがよ~く分かります。

悲しいことですが。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://kappa.parasite.jp/freo/index.php/trackback/96

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

Re:2013年 2月07日 読了
2018/06/14 from じゅうのblog

Feed