疑問を持つ不思議

おかし~な。
僕がPCR検査の検査数に疑問を持つなんて。

コロナウイルスを軽くは見ていないけれども
もっと怯えていておかしくないんだけれども。
でもあんまり脅すと、PCR検査数が増えざる負えないのかな。

PCR検査数に疑問を感じるなんて。
下手したら、空いているベットの数や
受け入れられる新型コロナウイルスの患者数が明らかじゃないこととか
疑問に思ってしまう。

PCR検査を受けたいと必死に頼んで
やっと検査を受けられた芸能人が陽性だったなんて
世間から叩かれるような状況じゃないのが不思議だ。

と言うか、叩かれないのが普通だし当たり前だし
検査を受けられないのがおかしいという疑問が湧くのが
僕でさえおかしいと思う。

新聞などのマスコミを使った世論調査を駆使して
PCR検査のニュースくらい流しそうなもんだけれども。
そもそも、
「PCR検査を受けたいですか?」
を皮切りにしたような、質問が私の目に止まらないのもおかしいし。

厚労省のLINEも意味不明だし。
108兆円規模という数字で、すぐに
実際は16兆円(GDPの3%)規模とか出ちゃうし。
GDPの最低5%~15%くらいないとおかしいとか
色々なところで言われちゃうし。
内部の情報も漏れまくっているし。

一体頭のいい人の見ている未来は
どんな感じなんだろう。

与党はどこになっているんだろう。
日本の経済はどう言う風になっているんだろう。
マスコミはどう言う風になっているんだろう。

ここで経済がしぼんで、失業率が上がれば
立憲民主党の躍進があり得ると思うけれども。
やっぱり頭のいい人が見ている未来って
さっぱりわからないよ。

馬鹿な私が予想できるのは
安倍内閣の退陣・自民党の守旧派保守層の(ひょっとしたら)自民離脱。
医師会の弱体化くらいかな~。
私ごときの予測は、
蓮舫さんが選挙で落ちると思っている時点で
当たるわけ無いだろうし。

お金の価値

新型コロナウイルスの蔓延を受けて
テレビなどが横並びで恐怖を煽って
「広告代理店の人忙しいだろうな」
っと、過労死の人が出ないことを祈るばかりです。

なんで恐怖を煽るかといえば
みんなが言うことを聞くからでしょう。

コロナだからしょうがない。
自粛しよう。豊かにならなくても、コロナだから。
っと言う感じです。
自粛要請というよりも、自粛強制に感じますが。

経済が成長すれば、富がもたらせますが
デフレが長く続いてなお、デフレから抜け出せず
しかもこのコロナの蔓延ですから、
経済は、大きく縮小するでしょう。

怖いのは、デフレを望む人にとっては
デフレであったほうが良いということです。
お金の価値が大きくなれば、
お金を貸している人や、お金をたくさん持っている人などにとっては
むしろデフレであってほしいでしょう。

労働者の立場を弱めた、非正規雇用の増大や
株主有利の政策などで、
自社株を保有している経営者や、株主なども
デフレであったほうが良いようです。
景気が良くなれば、ただでさえ人手不足なのに
より人手不足が加速して、労働者の立場が
経営陣や株主を上回ります。
労働者の地位が上がり、また、借金をしている人は
お金の価値が下がるのですから、お金を返すことが
楽になってくるはずです。要はインフレなのですが。

お金持ちになったこともなければ
株を保有したこともないのでよくわかりませんが
インフレになった方が、
お金持ちはもっとお金持ちになれるような気がするんですが。
格差が縮まって治安も良くなりそうですし。
要塞みたいな家に住まなくとも、お金持ちで居られるような気がしますが。

デフレでは、経済が大きくならないので
一般人や貧乏人からも、労働力や富を奪わないと
お金持ちになれません。

そのために有用な企業が、広告代理店で
広告代理店は、国民世論をまとめて多数を構築し
望む方向に誘導します。
今回のコロナで恐怖を煽りに煽っているように。

よっぽどお金持ちはデフレが気持良いのかな。っと思いますが、
経済は小さくなっていくので、
所詮は小さくなっていく富を奪い合うことになるので
お金持ちもウカウカできないんじゃないでしょうか。

長きに渡って、労働力と富を吸収してきたと思うので
ここらで一回インフレにして、
経済を大きくして、その7年後くらいに
またデフレにして、儲けたほうが、
大きく儲けられると思うのですが。

このまま行くと、お金持ちと言うだけで
超絶的な税金をかけられたり
(戦争になったらありえるかも知れない)
お金持ちの家が狙われる可能性だってありそうだし
下手したら、お金持ちを襲うことが良いことをしている
ヒャッハーな時代が来る可能性だってあるのに。
(江戸時代の打ち壊しじゃないからありえないですが)

でも、そんな時代は絶対にこないなと思えるのが
世襲議員の存在です。
そして頑ななまでにデフレを促進させてきた民意は
多分この先も変わらないでしょう。
数字で見れば、同じ程度の貧乏人同士や
中流に居ると思いこんでいる人が
善意の義憤から、差別したり
偉そうになったり、罵りあったり。
しかも出発点は正義感や善意。

あと、間違っても財務省の頭の良い方達と
広告代理店の頭の良い方達には、
引き続き頭が良くなくては困ります。
その気にさせておいて火照った体をどうすればいいの状態
で、止められてしまっては世の中が
極端な全体主義に行くかも知れませんから。

声優のエロ音声で鬱が悪化することは避けたい。

少し前から、「メスイキ」という言葉を知りました。
その前は、「チクニー」「アナニー」
「ドライオーガズム」
要は、射精のないオーガズムで、女性のようにいってしまうらしい。
しかも何度も。しかも凄く気持ちが良いとか。
射精を伴ってもいつもの何倍も気持ち良いとか。

昔、浅草キッドの水道橋博士が書いた名著
「博士の異常な愛情」と言う本の中で、
性感エステティシャンの女性の風俗店で
前立腺をマッサージされながら、
言葉責めを受けて、
女性のような格好でイク(射精する)風俗店に
相棒の玉袋筋太郎さんと通った時の体験記を思い出しました。

だから、かなり前から、「メスイキ」自体はあったのでしょう。
大槻ケンヂ氏は、このお店でのプレー中は
女の子になっちゃうとか。
「大槻かわいいの。女の子になっちゃうの」とバラされてました。

その後は、セクシービデオ監督の代々木忠氏の本や
ビデオなどを見て、催眠の持つ効果にも注目しました。
が、私の唯一と言って良い知り合い、
メンタル師匠に話したところ、催眠なんて無い。
実際にメンヘラを治そうと催眠術師に通って惨めになった。
お金をドブに捨てて、メンヘラも治らず、惨めにもなった。
っと言う、熱いご意見をいただき、
あくまで見て楽しむにとどめていました。

ちなみに代々木忠監督の本の中でも
男性が女の子のように甘えてきたり
女性のようによがる描写が克明に書かれていました。

で、催眠術はともかくとしながらも
女性の気持ちは味わってみたいという気持ちもまた
将来の夢としてあったわけで
手っ取り早く、催眠メスイキ音声を入手するにいたりました。

「チクニー」「アナニー」「ドライオーガズム」「メスイキ」
などに共通しているのは、最初はわからない。上手くできない。
気持ちよくもなんとも無い。という事でした。
博士の場合も最初から気持ち良く風俗で遊んでいたかは不明で
しかも、医学的な知識もある模様の、
プロの風俗嬢に徐々に開発されたのかもしれません。

特に、自分ひとりで行う場合は、
修行と経験が重要だそうで、辛抱強く訓練を重ね
ようやく、メスイキ(など)にたどり着けるかもしれないとか。
で、会得したら会得したで、今度はハマリ込んで
年中感じまくっていたり、いやらしいことを想像したり
簡単にメスイキしてしまったり。
入れられたい欲求が高まりすぎて、男性を求めだしたり。
非常にリスキーなものでもあるようです。

酒も飲み終わった夜、夜中。
入手した音声を聞き、集中して指示に従いながら
リラックスしたりして、エロ音声を聞き終えました。
特に何もなく。
なのでもう一回聞きました。
聞き終わりました。

流石にエロ音声を聞いたせいか、ハイになったのでしょうか。
眠気がキレイに無くなっていました。
そして、頭を締め付けられるような疲労感と、焦燥感。
「ヤバいウツに入っている」っと思い加速する焦り。

メンヘラの私は、夜眠れないと結構症状が大きく出てしまうので
焦りまくって「お酒を飲み直して潰れようか」「イマ何時だろう」
と、ウツが怖くてどんどん具合を悪くしていきましたが、
「眠れない時はどうしていたっけ、お酒以外で」っと言う考えを
引っ掛けることができ
エローテープの催眠場面ではないですが
体を意識して、チカラが入っている箇所をチェックして
徐々にチカラをほぐしていき、
特に重要な、顔の筋肉や、首周り周辺と後頭部に
チカラが入っていたので、腹式呼吸をしながら
意識的に力を抜いていき、なんとか寝ることができました。
これは瞑想で知ったリラックス法なのですが。

ウツに入り込まないでよかったです。
もしウツに入っていたら、
次回診察時に、お医者さんになんて言えば良いのやら。
ネットで購入した、メスイキ用催眠エロテープを聞きすぎて。
催眠によって女性になって、
女性と同じようなオーガズムを経験するための音声です。
といえば、どう言う診察になるのか。
なんにしても、ウツに深入りしなくてよかったです。

志村けんを利用しないでほしい。

女性にセクハラしながらも、
セクハラされた女性が、なんだか嬉しそうにしながら
志村に対して見事なツッコミをして輝き
志村も、スケベないたずら顔で笑ってごまかそうとする展開。

売れていないながらも、いいなぁ~っと思ったグラビアアイドルとかが
志村の番組に出ている感じ。
そして、志村の番組に立て続けに出るグラビア女性。

コロナを志村の死につなげるマスコミ。
志村の輝きは、スケベなことをする
スケベに笑う志村。
いたずらな志村の笑顔を見て、
本気では怒らない女性。

共演女性に、セクハラ・パワハラをする志村。
医者の格好をした志村。
共演女性にエッチなナース服を着せて看護師をさせる。
でも志村が嫌いじゃない女性共演者は、色気を出してナースになる。
医者のコントでズラを被って髪の毛が増えた志村は
次の患者を呼ぶように、共演者の女性に指示。
なぜか、上下ビキニの見たことがないけれども
顔も可愛く、ボンキュッボンの女性が診察室に。
スリーサイズを聞いたり、好きな男性のタイプを聞いたりという問診。

ビキニ女性は終始笑顔で
ビキニ女性よりも少し売れている志村お気に入りのグラビア女性共演者の前で
笑顔を振りまいて志村の言葉に素直に答えるも
共演者の女性は、カルテで志村の頭を叩くという格差が素敵だ。

スケベが上手そう。
志村から感じる(特に後ろ髪をゴムで結っていたときの志村)床上手さ。
自分でしたうんことしゃべる志村。
うんこにも悩みがあるんだ。

今回の世界的な大流行で、未だ死者数も重傷者数も増えている
新型コロナウイルスにかかって死んだ志村。
遺体は、遺族が顔を見ることができない感染症での死なので
即焼かれる。

4人の腰元が、おっぱいを出して上を向いて寝そべる。
その上にバカ殿が寝る。
その上におっぱいを出した4人の腰元が、志村の上に乗る。
8人の女性による、おっぱいサンドイッチ。
志村は勃起しないのかな。
スケベそうに笑う志村。
芸人の仕事。


財務省の精神的健康管理

最近、雑誌や書籍、ネットやYou Tubeでよく聞く
現代貨幣論。
これを聞くと、デフレになったのも
経済が成長しないのも、デフレから抜け出せないのも
不景気なのも、納得してしまいます。

財政健全化と言い、赤字国債の発行を抑制きたし
公共事業は無駄だと決めつけてドンドンなくしていき
郵政民営化をして、規制緩和に前のめりで
小さな政府化していき、消費税を上げる一方で
法人税や所得税を減税していってきました。

これは全て、インフレの時にやる政策なのだそうです。
インフレで物価が上がってしまった時に
インフレを抑えるために取る政策。
インフレの逆はデフレなので、日本は
デフレになるような政策を打ってデフレになり
デフレになりながらも、デフレ強化策をし続けてきたことになります。
だからデフレから抜け出せないのは当たり前だとか。

そこでコロナの影響もあり、
世界的恐慌が確実視されている今、
日本が取るべき政策は、消費税廃止。
大幅な減税。規制をかけて競争を緩めて
関税を上げて国内産業の保護。
企業への資金注入。低所得者層への現金給付。
などなど、今まで日本がとってきた政策の真逆をやれば
まだ間に合うかもしれない模様です。
財源は赤字国債の増発だそうで。

こういった政策を提言する方々の多くが
財務省を批判しますし、抵抗勢力として財務省の名前を出します。

でも、そんなに財務省が悪いのだろうか。
財務省が現代貨幣論を知らないのだろうか。
そもそも、財務省にそこまでの権限があるのだろうか。
と思うと、多分有り得そうではありますが、
財務省が、「じゃぁ、やってみるよ」っとすぐ言わないのは
そう言う組織的体質を作ってしまった、政治家のゴリ押し陳情に
あるような気がいたします。

貴重な税金を、管轄する財務省は
各省庁からの予算要求に加えて、政治家からの陳情や圧力に
あまりにもさらされてき続けてきたために、
こうならざる負えなかったような気もします。

政治家からの陳情の元は、政治家の支援団体や組織でしょう。
早い話が有権者です。
財務省とはいえ、日本一偏差値が高すぎる
トップの出世街道の人達にとってしても、
政治家の意見を、無下に断ることはできないのでしょう。
だって、選挙で選ばれた政治家の命令を聞くのが公務員ですから。

毎日、毎日、「それ本気で言ってるのかな」っと思う政治家からの予算要求。
他の省庁からの予算要求も「ナンダこの金額は?」っと思って減額すれば
政治家から「その予算で良いんだ」とのお達し。
税金なのに、良い訳がないのですが、聞かざるおえない。
そして、そんなことが集中する、予算編成。

税金を管轄する財務省としては、
そう簡単に税金を使われては困るけれども
従わざる負えない。けれども、断らなければ。
「先生。財源に限りがございますのでさすがにこの予算は多すぎます」
「それをなんとかしたまえよ」
「プライマリーバランスの黒字化が急務で、
 国民もこれ以上の赤字国債発行は望んでいません」
「かまわん、赤字国債を発行したまえよ。予算を通せないというのか!」
「先生、これ以上赤字国債を発行したら、ハイパーインフレが起きます」
と言って、毎日の「これは本気か?」と言う予算要求を退けて
無事税金が守られたは良いものの
本当に、財源確保を理由に、消費税あげちゃったり
プライマリーバランス黒字化しようとしちゃったり。

もしこの妄想が、合っているとしたら
財務省の心の病気が心配になりまくりです。
毎日の政治家の予算要求を交わしながら
予算要求という、人間とお金の汚い部分を権力者、
すなわち政治家から垣間見てしまい、
その政治家を当選させるために動いたであろう
各種団体や組織の思惑も渦巻いていて。

偏差値が異常に高すぎるから、もはやAIを超える能力を持っていれば
ココロの問題も発生しないでしょうが
疲れた時に、ガタっときたら、もたないんじゃないかと。
AIだってオーバーヒートを起こすでしょうし。

そもそも、政策は政府及び政治家の責任において行われるので
財務省を叩いてもあまり意味がない気がしますが
政策、立案、も財務省がやっているのだとしたら。

「先生。これこれこう言う政策があります。」
「私が立案したということでいいのかな」
「そのように取り計らいます」
・・・・。
やっぱメンタル病みそうだなぁ~。
私なら、次の日から出社拒否します。
もしくは、意図的に多重人格になって、
天下りする頃には、内臓が5個くらいなくなった上に
髪の毛ともオサラバしまくっていくのでしょう。

民主党政権下で明らかになった学者のあまりにも使えなさ。
さらに、財務省のホームページを見れば書いてあることを
国民にわかりやすく説明する学者やマスコミ。
ハイパーインフレを恐れる学者。
トルクダウンをわかりやすくシャンパンタワーで説明する
研究者とマスコミ。

財務省の言うことを解りやすく説明してくれる学者は居ても良いけれども
本気で信じちゃうのは学者もマスコミもまずいんじゃないかな。
特にテレビや新聞は、政策などを国民に解りやすく説明する
政治家や行政との橋渡し役だからこそ
軽減税率だったり、電波法だったりがあると思うから。

でも、単純に、消費税はなくしてほしいし
赤字国債を乱発して世界恐慌を乗り越えてほしいから
やっぱり政治家を後押しするしか無いんだろうけれども。

納豆が売っていない。パスタソースもない。

政治家が、不要不急の外出以外は避けて欲しいとの要請をしましたが
それによってこうむる、経済政策は出しませんでした。
アメリカのトランプ大統領は、
今回のコロナ騒動で起こる経済的損失を
その分の額に当たる税金を景気よくバラマキ
財政出動して乗り越えようという案を
パッケージで出しました。
だからみんなおうちに居てねっと。

日本は、お肉券やお魚券などの案と
無担保・無利子の融資を出しましたが
コロナウイルスのせいで、なんで借金をしなければならないのでしょうか。
ただでさえ苦しいと思われる
特に個人商店などに、借金をさせるといういじめでしょうか。

コロナを封じ込めるために、
個人の行動に制限を求めるのはわかりますが。
その結果起きた買い占めには、
不自由しか感じません。

私が毎日食べている納豆が、買い占められていました。
ほぼ毎日食べる、パスタソースも買い占められてなかったです。
お年寄りや、持病を持っている方にしてみれば
人が多く集まるスーパーにはなるべく行きたくないでしょうし
コロナが重症化しやすいようなので、
納得の行く行動に思えますが、
お金がもったいないかなとも思います。

お金は使えばなくなりますから
適正な予測を立てた上での買い物にしておいて
「これなら、持ちこたえられるだろう」と言う風にしないと
お金が、結構な勢いでなくなるんじゃないかという心配があります。

スーパーなどの小売店によっては
買い占めを煽るような販売をしているところもありますが
買い占めを煽ることが、
お店のクビを締めているようにしか思えません。

だいたい、重症化しやすい、お年寄りや持病がある方が
お店に行ったら不安を煽られて、
物凄く、ひどいことをしているようにしか思えません。

お店にしたって、長期安定で売り上げるのではなく
「今買っておかないとわかりませんよ!」的なアナウンスや
1日の販売数量を限定して、
特売品でもなんでも無いのに、
まるで特売品を売るかのように売っていて。
お店に来るように仕向けて。

お店側も、コロナ騒動が収まった後に
揺り戻しや、商品納入の計画が狂わないのかな。
食品販売は、基本的に絶対に儲かる商売だと思うのですが
安定性を失ったお店は
お店側の発注ミスを起こしやすそうですし。
古いものを置いてたり、騒動終結後なのに、
商品が品切れしたり、しないのかな。

買い占めをしすぎると、それは、無駄遣いですし
お金は戻ってこないので
コロナ騒動中に(もう起こっているけれども)起こるであろう
大幅な景気後退。失業率の増加。自殺者の増加。犯罪発生率の増加。
などなどを考えると、
コロナ騒動収束後は、かなり、経済的にやばいことになっていそうです。
一般人の実体経済を、お財布を、直撃するくらい。

だから、結構お金の重要性がかなり高くなりそうな予感もします。
特に日本は、コロナで失うであろう富を
借金で補填しろという、狂った考えな上に
日本の経済規模自体が、かなり縮小するでしょうから
一般人が一般人で居られなくなる。
普通じゃなくなりそうで、そっちも怖いです。

追記
ここまで不安が拡大して、実体経済もダメージを受けているのならば
外食クーポン・小売業者向けクーポン
消費税の引き下げ、給付金のバラマキ(10万円前後)はしないとまずいかも。
何よりも怖いのが治安の悪化と、冷静な判断の欠如だから
教育低下にも直結しているし、自治体レベルでも国レベルでも、
一般人をまず救済しないと、弱者が困窮すると思うけれども。


自傷行為を考えて

22才位の時に、初めてメンタルオフに参加して以来、
ごくわずかな期間を除けば、
人間関係の全てが、メンタルさんでした。

その中には、自傷行為やオーバードーズなどを
ひんぱんにしてしまう方も居て
そのどちらの経験もない私は、
自己主張の一種。くらいに考えていました。

特にネットでは、自傷行為の方を目にする機会が多く
自傷行為の画像をアップされている方も居たりもしました。

その意図が測りかねていました。
苦しんでいることのを、具体化したことでの
インパクトを狙っているのか、
心配してほしいのか。

私自身がオッサンになった今、
自傷行為の意図が、簡単な理由など無く、
したいわけでもなければ、むしろしたくないんだろうと思う次第です。

徳川家康が、江戸幕府を開くときの名言
「百姓は、生かさず殺さず」
を思い出します。
家康が本当にそんなこと言ったのかは知りませんが。

自傷行為自体の多様性。
様々な自傷行為、オリジナリティー豊かな自傷行為の数々
っと、言うよりも、
似た傾向というか、その多様性のなさに
自傷行為の方々を一括に見がちで
同じ方向性を見てしまっていましたが、
多分違うのだろうなっと、思ったのは、10年くらい前でした。

そもそも、年齢も多様で、
生活環境や生い立ち。
職業や悩みなども多種多様なのですから
インパクトが大きい自傷行為ですが
自傷行為に目が行くこと自体が、そもそも私の視点がズレズレでした。

「切ると、スッとする」「切ると、落ち着く」
などの言葉をよく耳にしましたが、
その対価は、病院に行けばおそらく全額自己負担でしょうし
やめたい気持ちもかなり強くあるでしょうし。

なぜ、自分の血を見ると落ち着くのか。
という事は、物凄くきつい思いを、
我慢しまくって、しまくって、精根尽き果てて
その手段の一環としての自傷行為なのでしょうか。

ご本人は、抱えているキツさを
精根尽き果てるまで踏ん張って、
でもそれがどうしようもない上に
何なのかわからなくって
なんだかわからないけれども
耐えまくって、耐えまくって、
この段階では、もはや、思考力や集中力や精神力は
かなり低くなっているでしょうし
そもそも、そのキツさを自分というキャパシティーを超えて
それでもご自身の中にあり続けて
一番厄介なのは、他人に説明のしようがない。
呪われているかのような、非科学的な重さを抱えていて
自分のキャパシティーを超えているのに
他人に説明のしようがないから
その非科学的な重さを、足がくさろうが
全部を自分だけで抱えるしか無く
説明が通じることで得られるであろう
抱え込んでいる重荷を分散、一旦地面に置く
もしくは
上手な持ち方が、いちじるしくありえないのかもしれません。
自分で理解できない、自分拷問エキスパート級。

「カミソリで体切ったら、痛みがないのかよ。」
と思っていましたが、無いのかもしれません。
切って血が流れる事のほうが
気持ちも精神も、一時的に落ち着くのでしょうから。

おそらく、眠っている時にも
自分よりも大きくて、割りに合わないサイズ感と重さを保有した苦しみから
開放されないような気もします。
そもそも、眠れなそうでもありそうですし。

思考力も体力も精神力も、
ガンガン削り取って行き、精根尽き果てているのに
容赦なく苦しくって、しかも、息つく暇などあるわけもなく
1秒も無駄なく、24時間、毎日苦しめてくる
苦しみの重さ。

たぶん、誰にも伝わらない苦しみの24時間毎日休みなし。
しかも、自分でも、おそらくその非科学的な重みを
見ることも、感じることもできない。
っと、したら、自傷行為という行為によって
何かしらの、実体感みたいなものが産まれているような気もします。

だから、自傷行為は必然であるのかなとも思います。
そこまで否定的な行為ではないと言うか。
注目すべきはそこではないと言うか。
御自身が、自信満々でやっていたら否定的と思いますが
少なくとも、自傷行為をしたご本人は
あとで、色々めんどくさいことも含めて
後悔が起こると思うので。

それにしても、血もでるし
痛そうで怖い行為だとしか思えないですが。


アピール感のない経験談、読了

クリニックの診察日。
待ち時間の長さはいつものように長いのですが、
コロナウイルスも心配で
待合室にある新聞や雑誌に触れないでいようと思いましたが、
さすがに長かったので、
こころ元気プラス」と言う
メンタルヘルスの雑誌に目を通しました。

2020年03月号で、
ピアサポート。
ピアサポートのスタッフになる。などの特集が組まれていました。
(ピアサポートとは、一般に、「同じような立場の人によるサポート」といった意味で用いられる言葉である。なお、相談に力点を置いた「ピアカウンセリング」、傾聴に力点を置いた「ピアリスニング」なども類似の概念である。)
Wikipedia

ピアサポートを経て、職業訓練や、就職、
その体験談、失敗談や離職経験など多数出ていたようでした。
そこには興味が持てず、流してしまい
連載されている、大野祐先生の
認知行動療法のページなどを読んでいました。

何気なく読んだ、ページに
ベテルの家の試みだと思うのですが、
自分に病名をつけて、その病名を研究していく
っと言う患者本人が、スタッフや当事者間の協力を得て
自己のネガティブな部分を、文章化していくという
連載ページを読んで、強い興味がわきました。
(他の号の方のは、病気や思考が違いすぎるからか
ピンとこなかったのですが)

この方は、御自身に「ダメダメお化け憑依型」と言う
かなりグッと来る病名をつけておられて
「この人の文章力や発想は、ただ者ではない!」
っと思いながら、とっても興味深く読み進めさせていただきました。
他に印象に残ったのは「二軍感」「お化けは成仏してくれませんでした」。

この方は、子供の頃から、運動神経も勉強も人より劣ってしまうと
自分に「私はみんなよりもできないからだめだ」っと、思うようになり
その思考を、ずっと続けてきたようでした。
(高校も出てるし大学も出ていたかな?就職も果たしたような)

この方は、「ダメダメお化け憑依型」病を治療しようと
打席に入ってフルスイング。
結果がどうであれ、一生懸命やって、フルスイングはしたのだから
次の打席でも、フルスイングで行こう。
一生懸命やって、フルスイングしたのだから
毎回100%上手くいくことなんて無いから
次に向かって、前を向いていこう。
と言う感じの処方箋を書かれていました
っが、「ダメダメお化け憑依型」病の根元
ダメダメお化けの成仏までには至らず
一旦、研究を発表されたようです。

私にとっては、素晴らしい経験談を読めたと
若干興奮気味になりましたが、
作者の方の意思は、
「似たような方の研究の助けになれば」っと。
私には、この方の一連の試みは
その病名や言語化のセンスの高さも含め
大きな救いになりました。
その結果、診察時には、ほぼその話をしまくりました。

この方のようなワードセンスや、文章力はないですが
私も、自分に自分で病名をつけて、
研究してみたくなりました。

ちなみに、診察時にお医者さんに、
近場のべてるの家がどこにあるかなどを聞けましたが
コロナウイルス騒動の中、
母が、抗がん剤を服用していて、免疫力が低く
私が風邪をひくと、その日のうちに写り
熱で苦しませてしまった、苦い経験があるので
お医者さんには、その旨を伝えて
流石に今は人が集まる場所にはいけません。
っと、話はしましたが、
家から駅に出て、電車に乗って(予期不安怖い)。
しかも、時間も決まっているでしょうし
(時間の決まった予定に緊張して寝れない)。
人との関係を築くのも抵抗がありますから
本心は、一歩踏み出さないでいるだけのような気もしてきましたが。



レシピ 牛丼のあたま

・混合削り節 ひとつかみ
・水    片手鍋半分
・麺のつゆ 大さじ4
・しょうゆ 大さじ1
・酒   大さじ1.5
・玉ねぎ 1個
・しらたき 1袋
・生姜すりおろし 小さじ2
・にんにく 2かけみじん切り
・牛肉バラ肉

混合削り節で出しを取る

ダシ・麺つゆ・しょうゆ・酒・玉ねぎ
をフライパンに入れて、玉ねぎがクタッとなるまで煮る
しらたきを入れてまぜる

生姜すりおろし
ニンニクみじん切り
牛ばら肉を入れて、火を通す。

レシピ チャーハン

材料はすべて用意しておく

・米 1合半

・卵 3個 箸でよくかき混ぜる

・長ネギ 丁寧に薄切りに
・セブンイレブンの焼豚 適量

・塩コショウ 少々

・鶏ガラをおゆでといたもの

・オイスターソース 小さじ1.5
・しょうゆ 小さじ3
・すりおろししょうが 小さじ2
・さけ 小さじ2

フライパンを熱して、ラードを入れてさらに熱する。強火。
かき混ぜた卵を入れて、手早くご飯も入れる。
全体が混ざるように、ほぐれるように炒めていく。
卵に火が通って、少し落ち着いてきたら
塩コショウを投入してまぜるように炒める

混ざってきたら、鶏ガラスープを数回に分けて投入。
ご飯がベチャつくが、ベチャ付きが取れるまでかき混ぜながら炒める

ご飯のベチャ付きが取れてきたら、
ネギと焼豚を入れてまぜる。

混ざってきたら
オイスターソース・しょうゆ・さけ・生姜のすりおろしを
数回に分けて投入。
ベチャつくが、ベチャ付きがなくなるくらいまで混ぜながら炒める。