人間の言葉と体力

母のガンは、肝臓で増えているので
体力がガタッと落ちてしまっています。

母親自身は、体力の低下と、年齢によるものだと考えたいようですが
私が、母の肝臓にガンが増えたことを知ってしまった以上、
「若い格闘技の選手も、ガタッと体力やパフォーマンスが落ちる時があるんだよ。
先輩格闘家に相談すると、肝臓などの検査をしてもらえって言われて、
肝臓や膵臓や腎臓などの数値が悪化していて、
日常生活の改善で、内臓の数値を戻すと、体力やパフォーマンスが戻るらしいんだ。
肝臓に新たにガンが増えたのだから、体力低下は、
この暑さでも、運動不足でもなく、ガンによるものかもしれないね」
っと母に告げました。

言うかどうかは迷いましたが、
母の余命を母自身が考えて知る結果になればと思いましたので、言ってみました。
あまり母は、実感が無いようで、やはり、暑さや体力低下だと思っているようですが、
私が思うに、肝臓などの内臓転移やガンの増殖によるものだと思います。

近所のスーパーまで行き、買い物をして、帰ってくることも
とってもきつい様子です。
幸いなことは、食欲それなりにあることと
日常生活はこなせていることです。

スーパーまでの行き帰りなら、私が、二人乗り自転車を漕げば良いのかとも思ったので
いろいろ調べてみましたが、母を乗せて、荷物も載せて、漕げる自転車が見当たりません。
こうなったら自分で作るしか無いのでしょうか。
ただ、作業場所がないので、工場などに発注か、自転車屋さんに相談するかです。
子供を2人載せて漕げる自転車があるから、出来ないこともないと思ってしまいます。
ただ、おまわりさんに迷惑をかけたくないので、
よくわかりませんが、私は車の免許は持っていません。
私の集中力のなさで、車を運転することが怖いのです。
経済的な面においても無理です。

家系的な血筋において、明らかに車大好き家系なのですが
申し訳なくも私の軟弱な精神では、自動車免許は多分取れるでしょうが、
やはり精神的な障害による、集中力の欠如を気にしてしまいます。

本当は、母も、父も、私に「車出して」っと言いたい日常生活が、
毎日のようにあると思います。
そうすれば、スーパーの買物も、
量を気にしなくて変えますし、箱買いなんかも当たり前で、
少し離れた楽しいスーパーや量販店やホームセンターに行けるのでしょう。

今日も私はバカ丸出しで、スーパーに買物に行きました。
おナスが安かったのと、お刺身が安かったので。
もちろん自転車で。

入り口に差し掛かると、
ペットボトルのフタを捨てるボックスで、
アクセクしているお年寄りを見ました。
その方は、私が3個のペットボトルの蓋を捨ているのを待っていると
ご自身は袋に何十個もフタをすているようで、
順番を私に譲ってくれました。

おそらくスーパーのルール的にはいけないのでしょうが、
ペットボトルを捨てるゴミ箱は、1個ずつしか入れられないので
私はガバっと蓋を取り、「どうぞ」っと言いました。
そのおばあさんは、とっても感謝してくれて、
私も嬉しくなりました。

このスーパーでの買物は少量でしたので、
お野菜などの値段をチャックはしたものの、さっさと店を出ていこうとしたら、
今度は、大量のペットボトルの蓋を、一個一個、とても一生懸命に捨てている
おじいさんがいました。後ろに並んでいる方も居ますので、焦っていたのでしょう。
フタを落としたりしながら、慌てている様子でした。

私は、本体の蓋をガバっと取り、おじいさんは一気にすてられました。
「あぁ~。そうやるんですね。助かりました。ありがとうございます」。っと。
次に並んでいたおばさんも、ザラーっとキャップを捨てて、
「ありがとうございます」と言ってくれました。

スーパーに迷惑をかけてはいけないので、
キャップ以外の物が捨てられてはい無いかを確認した後に
ガバッと蓋を締めました。外は暑いですから。

なんだかスッカリ良いことをした気持ちになってしまいました。
お礼を言われたり、協力をしたことに自惚れていたのかもしれませんが、
暑い外で、あの方達の手間が省けてよかった。っといい気分になりました。
フタをガバッと取っただけですが。

ペットボトルも、ペットボトルの蓋も、
何十個か貯まると、ワクチン一回分寄付と言うことになるそうです。
スーパーに書いてありました。
そう言う、「何かの役に立つなら」っという気持ちも、
ペットボトルの蓋を捨てていた方の気持ちにはあるでしょう。
それに、この暑さの中、ペットボトルや、そのフタなどは、
早く処分したいと思います。

「どうもありがとう」っと言われて、なんだか嬉しくなりました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりシニア・中年へ
にほんブログ村
  
よくないねいいね (まだ評価されていません)
読み込み中...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA